忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
映画 バイオハザード:ザ・ファイナル


▼2017年1月1週公開の新作映画

<1月公開の主な作品>

01月20日公開■Ticket:「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」
01月21日公開■Ticket:「新宿スワン II」
01月21日公開■Ticket:「沈黙-サイレンス-」
01月21日公開■Ticket:「ザ・コンサルタント」
01月27日公開■Ticket:「マグニフィセント・セブン」

★Amazon 映画前売券ストア
★Amazon ムビチケストア

*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。
 現物のチケットが郵送されるのではなく
 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。



2017年最初の新作公開は例年通りに地味。
年末公開の大作がまだまだ幅を利かせているため新作の入り込む余地がなく
話題作の波が押し寄せてくるのは
オスカーの発表がある2月からが本番となりそう。

2016年の映画業界は世界的に好調だったようで、
北米では2015年の111億4,000万ドルを上回る
114億ドル(1兆3,408億円)で2年連続で最高記録を更新した。
興収ベスト10は以下の通り。



01位:『ファインディング・ドリー』
02位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
03位:『ペット』
04位:『ジャングル・ブック』
05位:『デッドプール』
06位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
07位:『ズートピア』
08位:『バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生』
09位:『スーサイド・スクワッド』
10位:『ドクター・ストレンジ』

「ローグ・ワン」「ドクター・ストレンジ」の2本は現在も上映中なので
公開時期が違っていればもっと上位になった可能性は高い。
良く日本のランキングはアニメとドラマの映画化ばかりだと言われるが
海外は海外でアニメが3本、5本がアメコミ、
アニメの実写化が1本と「スター・ウォーズ」関連であり
上位の顔ぶれが偏っているという点では大差ない。


03月22日発売■Blu-ray:「シン・ゴジラ 4K Ultra HD 4枚組 Amazon限定スチールブック付き」
03月22日発売■Blu-ray:「シン・ゴジラ 4K Ultra HD 4枚組」
03月22日発売■Blu-ray:「シン・ゴジラ 特別版3枚組 Amazon限定スチールブック付き」
03月22日発売■Blu-ray:「シン・ゴジラ 特別版3枚組」
03月22日発売■Blu-ray:「シン・ゴジラ 通常2枚組 早期購入特典付き」
03月22日発売■Blu-ray:「シン・ゴジラ 通常2枚組」

邦画も「君の名は。」の200億円突破や「シン・ゴジラ」の80億円など
期待を大きく上回るサプライズヒットが複数生まれたおかげで
昨対比106%の2,300億円前後と、6年振りに過去最高を更新。
日本でも「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が100億突破で貢献しており
「スター・ウォーズ」の人気の高さを証明した。



<1月6日公開>

1月6日公開・「ダーティ・グランパ」
1月6日公開・「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」
1月6日公開・「傷物語〈III 冷血篇〉」

<1月7日公開>

1月7日公開・「人魚姫」
1月7日公開・「中島みゆきConcert 「一会(いちえ)」2015~2016 劇場版」
1月7日公開・「僕らのごはんは明日で待ってる」

1月7日公開・「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」
1月7日公開・「ザ・スクワッド」
1月7日公開・「パシフィック・ウォー」
1月7日公開・「ブラック・ファイル 野心の代償」
1月7日公開・「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」
1月7日公開・「The NET 網に囚われた男」
1月7日公開・「疾風スプリンター」
1月7日公開・「愛を歌う花」
1月7日公開・「ホワイト・バレット」
1月7日公開・「ミューズ・アカデミー」
1月7日公開・「ロスト・レジェンド 失われた棺の謎」
1月7日公開・「ドラゴン×マッハ!」
1月7日公開・「壊れた心」
1月7日公開・「Bros.マックスマン」
1月7日公開・「シネマ歌舞伎 阿古屋」
1月7日公開・「甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命」




1月6日公開・「ダーティ・グランパ」

「マイ・インターン」でアン・ハサウェイをも虜にした
名優ロバート・デ・ニーロが、「ハイスクール・ミュージカル」の
ザック・エフロンとタッグを組んでスケベ爺さんを演じるコメディ。
「サイドウェイ」と「最高の人生の見つけ方」のミックスのようなノリだろうか。
監督は「ボラット」「ブルーノ」で脚本を務めたダン・メイザー。
東宝シネマズでも上映されるようなのでフリーパスで鑑賞予定。




1月7日公開・「人魚姫」

「西遊記 ~はじまりのはじまり~」で健在ぶりをアピールした
チャウ・シンチー監督の新作アクション・コメディ。
金に汚い人間達をこらしめるため、
人魚族が刺客として人魚姫を送り込むというこれまたトンデモな設定。




1月7日公開・「中島みゆきConcert 「一会(いちえ)」2015~2016 劇場版」

すっかりお馴染みになった中島みゆきライブの劇場公開版。
シングルヒットも含まれているが
いつにも増してコンセプトがきっちりした選曲でみゆきフリーク向け。
クオリティについては今さら言うまでもなく
Blu-rayを持っていても大スクリーンで観たくなる。


発売中■Blu-ray:「中島みゆきConcert「一会」(いちえ)2015~2016」




1月7日公開・「僕らのごはんは明日で待ってる」

瀬尾まいこの同名小説を「ピンクとグレー」の中島裕翔の主演で映画化。
高校生の頃に付き合っていたカップルのその後を綴る。
共演は新木優子、美山加恋、岡山天音、片桐はいり。
監督は、私の大好きな「箱入り息子の恋」の市井昌秀。
主演の中島裕翔は「半沢直樹」を見ていて若手の俳優だろうと思っていたら
後からHey! Say! JUMPのメンバーだと知った。
「デート ~恋とはどんなものかしら~」
「HOPE ~期待ゼロの新入社員~」などドラマでもそこそこ器用なので
いっそ生田斗真のように俳優班に回して真面目に修行させたほうが
ジャニーズ的にも良いような気がしないでもない。
「箱入り」は傑作だったし、東宝でやるようなのでフリーパスで観るか。



▼完結したけど続投の色気アリ。「バイオハザード:ザ・ファイナル」

映画 バイオハザード:ザ・ファイナル

カプコンの同名ゲームを原作にした
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の大ヒット・シリーズがいよいよ完結。
長らく続いてきたアリスとアンブレラ社との闘いも
6作目にして遂にファイナルを迎える。
共演はアリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、イアン・グレン、ローラ。
監督はポール・W・S・アンダーソン。

ポール・W・S・アンダーソンが監督復帰した「IV」からは
「3Dが流行ってるならバイオでやってみよう」
「『サイレント・ヒル』面白かったよね、あんなのをバイオに取り入れよう」と
続編を作るまでに監督が観て面白かったんだろうなという作品が
何となく予想出来てしまう、ハリウッドきってのオタク夫婦らしいノリで
シリーズを重ねてきたわけだが、本作でも「シャーロック・ホームズ」や
「イコライザー」にそっくりなシーンが登場して笑った。
前半はほぼ「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のゾンビ版といった感じ。
コボルトことローラが一言だけ台詞を残してあっさり退場したのは予想の範囲内。

ストーリー的には本拠地に辿り着いてラスボスを叩く
ゲーム的シナリオになり、原点回帰して「1」に近づいた印象。
ただ、「96時間」ならぬ48時間縛りが緊迫感を高める効果になっておらず
最初に「はいスタート」と言われてから10分もしないうちに
もう残り時間が20時間まで減っていたり、良く分からない。
残り1時間を切ってからリアルタイム進行かと思うほど時間を割くぐらいなら
最初から縛りを無くすか、せいぜい12時間ぐらいで良かったのではないか。

一応の区切りはついているので完結編と言われれば完結編でも良いし、
興行成績次第で「あの後に実は・・・」と続けたくなったら
どうにでもなるように作っているあたりが憎らしい。
ずば抜けて面白いシリーズではないし、
ホラー映画と呼ぶには怖く無さ過ぎるが、
気軽に楽しめるこの「軽さ」はゲームとはまた違う独自の楽しさで
私はそこそこ好きだった。
なので、続編をやりたくなったらいつでもやってくれ。

映画「バイオハザード ザ・ファイナル」は現在公開中。

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスク Zicon
<Amazon>
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.」
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. Amazon特典付き」
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7 関連商品一覧」
<イーカプコン>
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7(Z指定)イーカプコン特設ページ」icon
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7 COMPLETE EDITION」icon
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7 LIMITED EDITION」icon
01月26日発売■PS4:「バイオハザード7 EXTENDED EDITION」icon

映画の大ヒットでゲーム版の予約が急増中。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。