忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
映画 エヴェレスト 神々の山嶺 阿部寛 岡田准一


▼今週発売の新作ダイジェスト


03月10日発売■Wii U:「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD SPECIAL EDITION」
03月10日発売■Wii U:「ゼルダの伝説 トワプリHD SE Amazon限定ポストカード20枚付き」
03月10日発売■Wii U:「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD」
03月10日発売■Wii U:「ゼルダの伝説 トワプリHD 通常版 Amazon限定ポストカード20枚付き」
03月10日発売■PS4:「ディビジョン 初回特典付き」
03月10日発売■PS4:「ディビジョン 初回特典 & Amazon限定特典付き」
03月10日発売■PSV:「サモンナイト 6 失われた境界たち」
03月10日発売■PS4:「サモンナイト 6 失われた境界たち」



▼「DIME」次号にスマホ用クリップ式レンズ

03月16日発売■BOOK:「DIME(ダイム) 2016年 05 月号」(楽天ブックス)
03月16日発売■BOOK:「DIME(ダイム) 2016年 05 月号」(Amazon)

来週発売される「DIME」最新号に
スマホのカメラ部分に取り付けて使用する
クリップ式のレンズが付録としてついてくるらしい。
カメラはアウトドアブランド「CHUMS」のコラボモデルで
広角と接写のどちらにも対応。
雑誌の価格(750円)を思えばデザイン的にも破格。
Amazonは既に入荷待ち、楽天ブックスは注文可能。



▼山の神々の裁きを受けよ。映画「エヴェレスト 神々の山嶺」


03月12日公開・「エヴェレスト 神々の山嶺」

「キマイラ」「陰陽師」などで知られる
人気作家・夢枕獏の山岳小説「神々の山嶺」が映画化。
主演は「永遠の0」の岡田准一と「テルマエ・ロマエ」の阿部寛。
エヴェレストに挑んだ偉大なる登山家マロリーが使用していたカメラを
偶然骨董品屋で発見したカメラマン(岡田)が
天才と呼ばれるクライマー(阿部)と共に登頂を目指す。
共演は尾野真千子、ピエール瀧、佐々木蔵之介など。
監督は「しゃべれども しゃべれども」「太平洋の奇跡」の平山秀幸。


発売中■COMIC:「神々の山嶺 全5巻セット / 谷口ジロー」
配信中■Kindle:「神々の山嶺【3月24日まで無料】 1 / 谷口ジロー」
配信中■Kindle:「神々の山嶺 1-5巻 まとめ買いセット / 谷口ジロー」
発売中■BOOK:「エヴェレスト 神々の山嶺 / 夢枕獏」
配信中■Kindle:「エヴェレスト 神々の山嶺 / 夢枕獏」



<原作「神々の山嶺」とは>

ヒマラヤに挑んだことのある夢枕獏の原作小説は
本職の登山家も唸らせる圧倒的なリアリティと
そこで繰り広げられる濃密な人間ドラマで絶賛された作品。
圧倒的な画力で描かれた谷口ジローのコミック版も
2001年度の「第5回文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門で優秀賞を獲得するなど
「神々の山嶺」にまつわる作品はいずれも高い評価を受けてきた。
それだけに、実写映画と聞いて期待していた方も多かろう。
しかし本作の完成度は、製作に携わった人間全員に
山の神々による天罰が下りますように、と思わずお祈りしてしまうほどに酷い。



<脚本家の犯した大罪>

本作の戦犯は、ズバリ脚本家の加藤正人である。
「孤高のメス」「クライマーズ・ハイ」など
社会派サスペンスの良作を手掛ける一方で、
「日本沈没」「だいじょうぶ3組」「ふしぎな岬の物語」 と
ここ3年ほどは三球三振ならぬ三作三地雷を達成していたりもする。
この加藤なる人物、原作は読んだのだろうか。
長編小説を2時間にまとめることが非常に困難であると理解した上で
そのことを差し引いてもこの本は無い。

目を閉じて原作本を手に持ち、「んー、ここ!」と開いたページだけを
脚本にしたような超ウルトラスーパー端折り術のせいで
登場人物の行動と、そこに至る感情の流れが一切伝わらない。
「そうだ 京都、行こう。」をエヴェレストでやっちゃいかんだろう。
説明不足どころか説明を放棄したような本で
岡田准一も阿部寛も良く芝居が出来たな。
阿部寛は予め原作を読んで脳内補完した上で芝居をしているように見受けられたが
岡田はその場その場で作っているのか、ほとんど多重人格になってしまった。



<何がそんなに酷いのか>


発売中■Blu-ray:「わたしのハワイの歩きかた」

登山中のアクシデント(事故死)にすら平然とカメラを向ける
冷酷な人間である一方で、取材先への渡航費は一切自腹を切らず
編集部の友人(ピエール瀧)にせびるのみ。
映画「わたしのハワイの歩きかた」も榮倉奈々が会社の金で
ハワイ生活を満喫するだけの腹立たしい作品だったが
本作はいわばそのスケールアップ版である。

そこまでカメラ(写真)にこだわるからには
さぞかし良い写真を撮るのかと思いきや、
阿部寛が登山への想いを熱く語っているのにぼーっと聞き流し、
荷物を軽くするため鉛筆を削り始めるとパシャパシャと撮り始める。
そんな場面をフィルムに収めるためにお前はここまで来たのか。

阿部寛と尾野真千子の関係も謎。
阿部に憧れて山岳部に入った後輩の姉である尾野と恋仲になるのはいいとして、
その尾野をあっさり捨てて海外で子供まで作って暮らす意味が
映画だけではまるで分からない。
尾野は尾野で、弟の先輩に過ぎない阿部の直筆をすぐに見分けたり、
「山のどこにそんな魅力があるのか知りたい」とはるばる日本から
追って来たかと思えばいきなり現地語がペラペーラだったり、
さては山岳部の後輩とは出来君だったのではと思うほどに有能過ぎる。

阿部と岡田の関係がお互いの過去も含めほとんど言及されないまま
後半のエヴェレストへとなだれ込むため、
一度哀しい経験をしている阿部が、登山を辞めカメラマンとして
自堕落な生活を送っている岡田の帯同を許す理由がさっぱり分からない。
7年も現地に居残ってチャンスを待っていたのなら
このシチュエーションで連れて行っても確実に死ぬし、
荷物にしかならないことは分かったろう。
岡田も岡田で、仮にも登山経験者なら
現役を離れて時間の経った身で挑戦可能かどうかの判断ぐらい出来んのか。



<そもそも何故岡田はそこまでカメラにこだわったのか>


発売中■Blu-ray:「ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂」

本作の背景には、1953年にエドモンド・ヒラリーが達成した
エベレストの初登頂成功に隠されたあるエピソードがある。
識者の話によると、エドモンドの初登頂より30年も前に
イギリスの登山家ジョージ・マロリーとアンドリュー・アーヴィンが
成功していたのではないかと言われているのだ。
エヴェレストはアクシデントが起きても救出が困難なため
志半ばで挫折した冒険家達の遺体が数多く放置されたままになっている。
1999年、マロリーの遺体が頂上近くで発見されちょっとした騒ぎになった。
遺体の側にはカメラがあり、そのフィルムを現像することが出来れば
世界の登山史が塗り替えられると関係者は色めき立ったが
不思議なことにカメラにはフィルムが入っていなかった。
誰かが証拠隠滅したのか、それとも。。。
夢枕獏はこの謎に対し、独自の解釈と想像で「神々の山嶺」を書き
物語を(フィクションの中で)完結させたのである。
そして谷口ジローは、その物語を最良の形でコミックにした。
それなのに、嗚呼それなのに、何故実写映画はこんなになってしまったのか。



<遊び半分で行くところじゃない>


04月22日発売■Blu-ray+DVD:「エベレスト」

本来この作品(小説&コミック)は
命を賭けた男達による命の尊さを描いた作品だったはず。
今年公開された洋画「エベレスト 3D」もそう主張していた。
しかし本作は、スカートとハイヒールで「山に登りたいんですぅー」と言い始めた
自分探し大好きOLのような軽さが蔓延し
挙げ句には物語の原点まで否定する唖然なオチで幕を下ろす。
多くのクライマーが凍死してしまうほどの状況で
あろうことか岡田准一は帽子もメガネも外し、
素顔を晒したまま延々と台詞を吐くのだが待て、大丈夫か毛髪、大丈夫か顔。
私が夢枕獏なら即公開中止を申し込むほどの原作レイプが
堂々と展開することに戦慄すら覚えた。


発売中■DVD:「運命を分けたザイル」
発売中■DVD:「アイガー北壁」

山の厳しさを知るには最適の2本。
「エベレスト」と合わせて観ておきたい。



<「模倣犯」以来の原作こっぱみじん作、爆誕>

傑作と名高い原作小説をここまで破壊し尽くしたのは
宮部みゆきの「模倣犯」(森田芳光監督)以来だろうか。
私的には「ドラゴンボール EVOLUTION」に並ぶレベルの大型地雷で、
後半はもうずーっと笑いっぱなしだった。
涙が出たのは感動したからじゃない。

面白過ぎて、だ。

昨年末にアップした「忍的えらい目に遭った映画大賞2015」
エントリー作品を全て入れてもこちらが上(下)かも知れない。
原作およびコミックスのファンは素直に避けるが吉。
大画面に岡田准一の顔が映し出されるだけで満足なファンにだけお薦め。

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」は3月12日より公開。



▼Amazon Blu-ray セールが開催


70%OFF(5,829円)■Blu-ray:「マッドマックス 怒りのデス・ロード セプター付きBOX」
55%OFF(2,936円)■Blu-ray:「マッドマックス 怒りのデス・ロード 3D & 2D」
50%OFF(2,137円)■Blu-ray:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
55%OFF(1,954円)■Blu-ray:「ワイルド・スピード SKY MISSION」

★Amazon Blu-ray 最大70%OFFセール(~5月31日まで)

年明けまで開催されていたBlu-rayの大規模セールが年度末に合わせて復活。
目玉は今年のオスカーで最多6部門を受賞した
Blu-ray「マッドマックス 怒りのデス・ロード」各種。
Amazon限定BOX、DVD付き、3D版の全てが大幅値引き中。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。