忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
★今回の記事の携帯向けはこちら。



▼Wii「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii」テレビCMに嵐・二宮和也が出演


12月03日発売■Wii:「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii」

【紹介記事】テレビで遊べる2Dマリオ最新作。Wii「ニュー・スーパーマリオブラザーズ Wii」

既に第1弾CMが開始されているWii「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii」。
かつてないほどの大プロモーションを展開するらしい
Wii「ニューマリオ」のテレビCMは何パターンも用意されているようで、
有名人を起用したバージョンでは、今やSMAPを上回る国民的人気グループに成長した
嵐の二宮和也や、オセロの松嶋尚美らが登場し、プレイ中のリアルな表情を捉えている。
いっそ嵐のメンバーがバトンリレーのように登場するとさらに楽しいのだが。



▼DS「ドラゴンクエストVI 幻の大地」「無限のフロンティアEXCEED」予約開始


01月28日発売■DS:「ドラゴンクエストVI 幻の大地」

作日発売日が発表されたDS「ドラゴンクエストVI」がAmazonで予約受付開始。
SFC版「ドラクエ6」は、当時としては大容量の32Mロムを採用し
累計出荷320万本の大ヒットを記録した作品。
多数のファンを持ちながら、何故か今までリメイクされたことがなく
今回のDS版が満を持しての初リメイクとなる。
DS版「IV」「V」に搭載された仲間会話システムは本作でも健在。


■DS:「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」
■DS:「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」

DSで発売されている天空シリーズの出荷実績は
第1弾の「ドラゴンクエストIV」が115万本、第2弾「ドラゴンクエストV」は120万本。
古くからのファンにとっては待望の初リメイクという話題性があり、
最新作「ドラゴンクエストIX」からシリーズをプレイし始めた新規層にとっても
「IX」発売から半年というベストのタイミング。
「IV」「V」を上回るセールスを期待したい。


02月25日発売■DS:「無限のフロンティアEXCEED 限定版」
02月25日発売■DS:「無限のフロンティアEXCEED 通常版」

昨日お伝えした「無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ」も予約開始。
限定版には、前作と本作の2作分のBGM全80曲以上を収録した
「無限のフロンティア コンプリートサウンドトラック」と設定資料集などを同梱。

DS ゼルダの伝説 大地の汽笛
12月23日発売■DS:「ゼルダの伝説 大地の汽笛 羽根ペン型オリジナル透明タッチペン付き」

12月23日発売予定のDS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」の商品ページが
ようやく「羽根ペン型オリジナル透明タッチペン付き」になった。
タッチペンはシリーズファンにはお馴染みのルピー型をした特製ケースに入っている。
資料には数量限定との表記があったので、初回ベタ付けではないのかも知れない。
購入予定の方はご注意を。



▼DVD「ザ・ゲームメーカー サンソフト編/ジャレコ編」発売決定


12月18日発売■DVD:「ゲームセンターCX DVD-BOX 6」
01月29日発売■DVD:「ザ・ゲームメーカー サンソフト編」
01月29日発売■DVD:「ザ・ゲームメーカー ジャレコ編」

今や有野の芸能生活において最も重要な仕事となったような気もする
「ゲームセンターCX」シリーズのスタッフが再び有野と組んで送る新企画。
特定のメーカーにスポットを当て、メーカーの歴史を始めとする情報満載の雑誌と
代表作の映像を収録したDVDをセットにしたDVDブック形式。
第1弾はサンソフトとジャレコの2社をピックアップ。1月29日に2作同時発売。
なお、本家本元である「ゲームセンターCX」の最新作は12月18日発売。



▼Wii「斬撃のREGINLEIV」、DS「ラストウィンドウ 真夜中の約束」発表

斬撃のREGINLEIV Wii ラストウィンドウ DS
02月11日発売■Wii:「斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)」
01月14日発売■DS:「ラストウィンドウ 真夜中の約束」

21日発売の「DSi LL」と12月23日発売の「ゼルダの伝説 大地の汽笛」を
メインにした内容だったので新規出展タイトルは少なく
気になったのはこの2タイトルのみ。

Wii「斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)」は、
「ダイナミック斬」という仮タイトルで発表されていたアクションの正式名称。
開発はPS2「THE 地球防衛軍 2」を大ヒットさせたサンドロット
任天堂からサンドロット作品が発売されるのは
2006年9月発売のDS「超操縦メカMG」以来3年半振り。
「地球防衛軍」を彷彿させる戦闘画面と、何よりも派手さを優先させたような演出、
「超操縦メカMG」にも通じる、300種類を超える武器の使い分けやカスタマイズ、
任天堂のバックアップがあればこそ実現した無料のオンライン協力プレイ(最大4人まで)など
非常に盛り沢山な仕掛けを用意している。時間があれば単独記事で紹介してみたい。

DS「ラストウィンドウ 真夜中の約束」は累計21万本を販売した
任天堂×CINGDS「ウィッシュルーム 天使の記憶」の正統な続編。
「ウィッシュルーム」で描かれたホテル・ダスクでの出来事から
ちょうど1年後にあたる1980年のロサンゼルスが舞台。
ゲームの進行に合わせて、ゲーム中では描き切れない細かな心理描写や
サブストーリーを盛り込んだ、小説版「ラストウィンドウ」が
徐々に完成されていくという仕掛けが面白い。CING好きなら迷わず買い。


12月10日発売■DS:「AGAIN FBI超心理捜査官」

ちなみに、テクモ×CINGの組み合わせで
12月10日にDS「AGAIN FBI心理捜査官」というアドベンチャーも発売される。
流行の洋物ドラマを意識したジャケットだが、中身はまさにCING製アドベンチャー。
DS「ラストウィンドウ」の発売まで待ち切れない方はまずこちらで。



DVD「あらびき団アンコール あの素晴らしい芸をもう一度」12月23日発売


12月23日発売■DVD:「初回限定BOX あらびき団アンコール あの素晴らしい芸をもう一度」

バキュームやキュートンなど、ゴールデンでは決して見られない
あらびき芸を堪能出来るバラエティ番組「あらびき団」の第2弾DVDが発売決定。
前作はDVD用の新規撮り下ろし作品集であったが、今回はタイトル通り
放送済みの作品の中から人気のあったものを収録したベスト盤的な内容。
「Vol.1」「Vol.2」でそれぞれ単独発売もされるが、
ここは当然、2作パック+特典ディスク付きの「初回限定BOX」しかあるまい。

●Vol.1:はるな愛/アイヒマンスタンダード/ベルセルク三好/夙川アトム/風船太郎/他
●Vol.2:ふとっちょ☆カウボーイ/天竺鼠川原/渡辺ラオウ/モンスターエンジン/キュートン/他

風船太郎とキュートンは全作品を収録して欲しいところ。
私的なここ最近で一番のツボは、ポルノスター友近のお好み焼き作り
AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード