忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
▼Wii「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」初週10万本突破


■Wii:「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」
■DS:「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」
■DS:「プロ野球 ファミスタDS」
■DS:「マリオパーティDS」

発売日から品切れが続出していた
Wii「バイオハザード アンブレラクロニクルズ」は
チャンスロスで伸びきれなかったものの
ガンシューティングとしては異例の初週10万本突破となった。
PS2でリリースされている「ガンサバイバー」シリーズの実績は

「ガンサバイバー2 バイオハザード コード:ベロニカ」約12万本
「ガンサバイバー3 ディノクライシス」約7万本
「ガンサバイバー4 バイオハザード ヒーローズ ネバーダイ」約5万本

となっており、「アンブレラクロニクルズ」は
PS2版の最高記録である「コード:ベロニカ」の記録に
初週のみでほぼ並んだことになる。

ザッパー対応タイトルとして先行発売中の「ゴーストスカッド」も再浮上し、
約7000本ほど販売、累計はまだ4万本弱だが
「バイオ」との相乗効果でまだまだ伸びそうな気配。

購入予定は特に無かったのだが、勢いで先日購入。
「ゴーストスカッド」のザッパー付きを持っているため単品。
巷で指摘されている難易度の高さについては、繰り返しプレイで
パターンを覚えれば私でも進められる程度のバランス取り。
1ステージも短めなのでついついもう1回となる楽しさがある。
2人同時プレイならばさらに楽になるので、
ひとりでは歯が立たないという方は助っ人を募集すべし。

番組視聴者層とジジィ世代を鷲掴みにした「ゲームセンターCX」と
ライト層に上手く訴求した「ファミスタDS」が新作の2番手。
販売本数はどちらも4.5万本前後で、かなりの接戦となっている。
「ファミスタDS」はAmazonのレビューこそ荒れ放題になっているが
読者BLOGの「本当のゲームレビュー」の管理人である
バグウェル殿は絶賛されている。
Wi-Fi対戦をするか・しないかで評価が大きく分かれるようだ。

【紹介記事】手軽さ抜群のファミスタDS(本当のゲームレビュー)

「ゲームセンターCX」も購入したのだが
「バイオ」に予想外にハマってしまい未だ未開封。


■PSP:「勇者のくせになまいきだ。」
■PSP:「PATAPON パタポン」

その他の新作では、PS3「ヘブンリーソード」が約1.5万本、
PS2「装甲騎兵ボトムズ」が約1万本、PS2「流行り神2」は約8000本、
PSP「アナタヲユルサナイ」「ダンジョンエクスプローラー」が約7500本ほど。
新型投入で本体は好調のPSPだが、ソフト面の弱さはなかなか改善されない。
「勇者のくせになまいきだ。」や「PATAPON」といった
PS時代を思わせる良作・佳作も出ては来ているのだが、
いかんせん、SCE自体からかつてのような「売る気」を感じられないのが痛い。

準新作・定番タイトルでは、
先週トップのDS「マリオパーティDS」が今週も約11万本を販売し
累計では早くも35万本を突破した。
Wii版「マリオパーティ8」は発売2週目で約42万本を販売しており
2割程度低めの水準ではあるが、
クリスマス特需で充分取り戻せる範囲の遅れであろう。
PS3「真・三國無双5」が約7万本を販売し、累計は25万本に。
2週目で約4.7万本まで急落した「ガンダム無双」よりは
下降線は緩やかで、累計30万本は楽に突破して来そうだ。
360版も約1万本を販売し、累計は3.6万本。
PS3「ラチェット&クランク FUTURE」は口コミ効果があったのか
先週とほぼ横ばい状態をキープし、累計で約2万本に到達した。

▼PS3が2週連続で据え置き機の1位を獲得


■PS3:「PLAYSTATION 3 40GB セラミック・ホワイト」
■PS3:「PLAYSTATION 3 40GB クリアブラック」
■PS3:「ワイヤレスコントローラ DUALSHOCK3 セラミック・ホワイト」
■PS3:「ワイヤレスコントローラ DUALSHOCK3 ブラック」

ハード売り上げでは、先週に引き続きPS3がWiiを上回り
2週連続で据え置き機の1位を獲得。
販売台数は約5.2万台で、先週から微減で踏ん張っている。
Wiiは約3.6万台、少量ずつ出荷のXbox360は5000台強。
携帯用機ではDSが約8万台、PSPは約6.6万台。

Amazonでは、クリアブラックの40GB版は既に単品に切り替わっているが
セラミックホワイトにはまだBD版「スパイダーマン3」が付いて来る。

▼「アヒルと鴨のコインロッカー」他、新作DVD情報


■DVD:「アヒルと鴨のコインロッカー」
■DVD:「リトル・チルドレン」
■DVD:「明日、君がいない」

今回はいつにも増して個人的なツボ作品ばかり。
濱田岳と瑛太の主演による「アヒルと鴨のコインロッカー」は
「アヒル」と「鴨」に込められた意味も含めて
かなりインパクトの大きかった作品。
今年公開された単館系作品の中では、気に入った方も多いのではないか。

「リトルチルドレン」は釈放された犯罪者と
その周辺に住む人々を描いた問題作。
ケイト・ウィンスレッドが相変わらず素晴らしい。

「明日、君がいない」は、自身も友人を自殺で亡くした経験を持つ
若干21歳の若き監督、ムラーリ・K・タルリが
渾身の力を込めて送り出した傑作。
現在進行形で悩み多き青春時代を送っている方は
同世代の監督から放たれたメッセージを是非受け取って欲しい。
作りが「エレファント」とそっくりだという指摘は
100%正しいのだが、それだけで切り捨てるには惜しい作品だ。

スペードAmazon DVDは26%+1%、GAMEは20%、新作大幅値下げコーナー
ハートAmazon ゲームコーナー トップ
ダイヤAmazon ゲーム バーゲンセール
クラブAmazonモバイルはこちらから
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。