忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
ネットでの口コミ+発売直前の大量スポットCMの相乗効果で
SCEの「ワンダと巨像」が10万本に迫る猛ダッシュを見せ、
各地で品切れが続出しているようだ。
SCEが目玉に位置づけていた「GENJI」「サルゲッチュ3」の
発売2日の売り上げが5万本前後だったことを考えれば、
まさに大金星と言えよう。
また、「ICO(Best版)」の売り上げも急激に伸びており、
今週末は「ワンダ」関連作が市場を席巻しそうだ。

初回特典の「カオスロイドU」の人気に引っ張られた
「ウルトラマン FightingEvolution Rebirth」や、
CM効果で発売直前になって認知度が急上昇した
「突撃! ファミコンウォーズ」など、
販売数こそ多くないものの、消化率の高いタイトルが多い中、
低年齢層を中心に固定ファンを持つ「ゾイド」シリーズの新作
「ZOIDS フルメタルクラッシュ」はやや鈍い出足となっている。
悪評の多かった「ZOIDSバーサス」シリーズの翔泳社に見切りをつけ、
同社の「NARUTO 激闘忍者大戦」シリーズを手掛ける
エイティングに開発を移し、完成度は大幅に上がっているのだが、
積もり積もった「バーサス」のツケを今作で払わされた格好だ。
AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード