忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:



▼年に一度のAmazonプライムデー、今年は7月10日から

Amazon プライムデー
★7月12日開催:Amazon プライムデー 2017 事前告知ページ
★7月12日開催:Amazon プライムデー 2017

一昨年より日本でも始まったプライム会員向けの1日限定大セール
「Amazon Prime Day」が今年も7月10日に開催決定。
プライムデーをさらに盛り上げるため、
通常3,900円のプライム会員年会費を、日本(Amazonジャパン)に限り、
6月30日から7月2日までの3日間限定で1,000円引きの2,900円に引き下げる。

同期間に新規でプライム会員に登録したユーザーが対象。
値下げキャンペーン中なら無料体験期間を使ってプライムデーにも参加できるし、
有料契約に踏み切ったとしても通常より1,000円安く済んで言うことなし。
まだプライム会員でない方はこの機会にご検討を。



▼今週発売のコミック/書籍


★Amazon Kindle【50%OFF】竹書房フェア
★Amazon Kindle【50%OFF以上】小説・文芸 フェア(〜7月2日)
★Amazon Kindle【50%OFF】フラッパー感謝祭2017(〜7月13日)

対象商品7,000点以上にも及ぶ竹書房の大セール。
1巻10円セールから半額まで、多岐に渡り人気作品が多数ラインナップされている。
対象商品は500点以下ではあるが、フラッパーのコミックスも半額セール中。

★今週発売のコミック 一覧
★今週発売のKindle本 一覧
★今週発売のゲーム攻略、ゲームブック 一覧



▼今週末公開の新作映画ムビチケ


07月07日公開■Ticket:「ジョン・ウィック:チャプター2」
07月08日公開■Ticket:「ライフ」
発売中■Book/Kindle:「新訳 メアリと魔女の花」
07月05日発売■Blu-ray:「魔女の宅急便 「メアリと魔女の花」レジャーシート付き」
07月27日発売■Book:「The Art of メアリと魔女の花」

今週末からは、スタジオポノックの第1弾「メアリと魔女の花」が公開。
宮崎駿は「観ない」と言ったそうだが、
その発言の真意はどこにあるのか気になる。

★Amazon 映画前売券ストア
★Amazon ムビチケストア

*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。
 現物のチケットが郵送されるのではなく
 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。



▼今週発売の新譜


07月05日発売■CD:「CYCLE HIT 1991-2017 30th Anniversary BOX / スピッツ」

結成30周年を迎えたスピッツのオールタイムベストが発売。
デビュー曲「ヒバリのこころ」から最新シングル「みなと」まで、
現れては消えてゆく流行り廃りに目もくれず
マイペースに紡いで来た良質なポップソングを3枚組のCDに詰め込んだ集大成。
新曲3曲を加えた全45曲入り。
これで3,900円とはかなりのサービスプライス。
最新アルバム「醒めない」はリリース当初私もiPhoneでリピートしていた。
吹き抜ける潮風を耳越しに感じる「みなと」のような曲を
デビュー25年を過ぎてまだ送り出せるのは
草野正宗の透明感の成せる業なのだろうが、それにしても凄い。
同期のバンドの多くが悪い意味で大御所化し
ライブパフォーマンスも雑になっていくのに対し、
スピッツはずっと真摯で奇跡的。これは家宝。




07月05日発売■CD+DVD:「音楽と私 / 原田知世」

今年でデビュー35周年を迎える原田知世のセルフカバー。
「恋愛小説2」がオリコン初登場4位にランクインし、
ここに来て再注目の原田知世だが、伊藤ゴローとタッグを組んだ
「music&me」あたりからこの流れが始まっていて
言ってみれば「伊藤ゴローとの相性が良いので
昔の曲も全部伊藤さんに化粧直ししてもらいました」ということだろうか。

ただ、デビュー以来ずっと離れることなく
1枚も漏らさずに聴いて来た私からすると、
後藤次利、鈴木慶一、GONTITI、トーレ・ヨハンソン、羽毛田丈史といった
豪華な面々のプロデュースで違う顔を見せていた彼女を知っているだけに
安住の地を見つけすっかり腰を落ち着けてしまったような
近年の仕事ぶりを見るにつけ、どこかで寂しく感じたりもする。

1. 時をかける少女
2. ロマンス
3. 地下鉄のザジ (Zazie dans le metro)
4. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
5. 天国にいちばん近い島
6. ときめきのアクシデント
7. 愛のロケット
8. 空と糸 -talking on air-
9. うたかたの恋
10. くちなしの丘
11. 雨のプラネタリウム (Bonus Track)

うーん、選曲はまずまずか。
「雨のプラネタリウム」をどう伊藤ゴローがアレンジしたのかは気になる。
先行配信されている「くちなし」「時かけ」は予想通りだったので
それほど冒険はしていなさそうだが。




07月05日発売■CD:「家族行進曲 限定盤 / ハンバート・ハンバート」
07月05日発売■CD+DVD:「RAIN / SEKAI NO OWARI」

名盤揃いのハンバート・ハンバートの新譜と、
セカオワの歌う「メアリと魔女の花」の主題歌も今週発売。
セカオワは久しぶりに「おっ」と思ったら小林武史のプロデュースで納得。
やはり小林武史はポップスの旨味とは何かを知り尽くしている。



▼今週発売のBlu-ray


07月05日発売■Blu-ray:「モアナと伝説の海 MovieNEX」
07月05日発売■Blu-ray:「モアナと伝説の海 MovieNEXプラス3D」
07月05日発売■Blu-ray:「モアナと伝説の海 MovieNEXプレミアム・ファンBOX」

「リトル・マーメイド」や「アラジン」など、
クラシック路線から離れたディズニーアニメの黄金期を創った
ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ監督の新作がBlu-rayで発売。
海に選ばれた少女モアナを主人公にしたミュージカル仕立ての冒険ファンタジー。
モアナ役はハワイ出身の新星アウリイ・クラヴァーリョ、
伝説の英雄マウイ役にはドウェイン・ジョンソン。
日本語版のキャストは屋比久知奈、尾上松也、夏木マリ、ROLLYなど。


発売中■Blu-ray+DVD:「リトル・マーメイド MovieNEX」
発売中■Blu-ray+DVD:「ファインディング・ドリー MovieNEX」
発売中■Blu-ray+DVD:「リロ & スティッチ」

先日初めて地上波で放送された「アナと雪の女王」から
ディズニーは第三の黄金期に突入している。
「ズートピア」「ファインディング・ドリー」
文句無しの名作が続き、「リロ&スティッチ」に続くハワイ舞台で
海に愛された少女の物語と来れば期待は相当に膨らんで観たのだが
「リロ」と同じく家族や友人との絆が軸になった成長物語で大満足。
大筋において昔懐かしいディズニーの王道を守りつつも、
島を仕切る後継者でもあり、冒険に旅立つのが少女であるという点は
近年の流れを汲んでいて、ディズニーイズムの新旧競演になっているのがミソ。

「美女と野獣」の大ヒットの影響で若干存在感が薄くなってしまったものの
これからの季節に観るにはぴったり。
水の表現がとにかく素晴らしく、ご家庭に1本あれば何度でも楽しめる良作。




07月05日発売■Blu-ray:「お嬢さん エクステンデッド版 & 劇場公開版」
07月05日発売■Blu-ray:「お嬢さん 通常版」

【紹介記事】奇妙で残酷、そして可笑しい。映画「お嬢さん」より抜粋。

サラ・ウォーターズが発表したミステリー「荊の城」を
「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が映画化した「お嬢さん」がBlu-ray化。
物語の舞台をヴィクトリア時代のロンドンから
日本統治下の朝鮮半島へと大胆に改変。
孤独な富豪令嬢をたぶらかし、莫大な財産を我がものにせんとする詐欺師と
詐欺師に手を貸すひとりの少女の三角関係を官能的な描写と共に描くサスペンス。
詐欺師には「チェイサー 」「哀しき獣」ハ・ジョンウ、
令嬢は「泣く男」のキム・ミニ、チョ・ジヌン、新人のキム・テリ。

当BLOGの開設年である2004年に
1本の韓国映画が公開され、私の度肝を抜いた。
パク・チャヌク監督の「オールド・ボーイ」である。
日本発のコミックを実写映画化したもので、扱うテーマの際どさもあり
「日本では映画化不可能だろう」と書いた。
あれから13年、パク・チャヌクはハリウッド進出を経てますます進化し、
規制・自粛の大好きな邦画界を突き放しにかかる。
本作では日本文化への愛情をストレートな形では表現せず
敢えて「間違った日本観」として見せる手法を採っている。
伯爵や秀子の話す日本語が異様なまでにたどたどしいのもおそらくは意図的であろう。
絡繰りが仕掛けられた屋敷も、豊胸手術かと思うほど膨らんだ日本髪も、
パク・チャヌクからの歪な愛情表現の発露と言え、
全編に渡る濃過ぎる味付けは「キル・ビル」の青葉屋パートを思い出す。

本作の重要な点は、やたらと笑えること。
躾は厳格なのに春画集めが趣味のスケベ叔父とそのお友達の間抜けさ、
「キャロル」を超える官能的なシーンのはずが
なぜかエロティックなムードは薄く笑えてくる間抜けっぷり、
策略を張り巡らせる伯爵は存在自体が間抜けであり
美しい映像とは裏腹に、物語の核には「笑い」がある。
「オールド・ボーイ」から培われてきたパク・チャヌクの笑いへの探究心は
ついに本作で丸尾末広の境地に辿り着いたと言ってしまおう。

「シャッター・アイランド」や「サイド・エフェクト」あたりの
サスペンス・ミステリーがお好きで、変態性を求める方なら最高峰にお薦め。




07月05日発売■Blu-ray:「ヒトラーの忘れもの」
07月05日発売■Blu-ray:「幸せなひとりぼっち」
07月05日発売■Blu-ray+DVD:「アサシン クリード」
07月05日発売■Blu-ray:「スノーデン」

残りはこのあたり。
「アサシンクリード」はハズレ率の高いゲームの映画化の中では
まだ良い出来だとは思うのだが、今年は「ドクター・ストレンジ」もあったので
どうしても見劣りする。タイミングが悪かったな。
私もお薦めは「幸せなひとりぼっち」。




07月05日発売■Blu-ray:「カルテット Blu-ray BOX」

TBS系列で放送されていた連続ドラマ。
4人編成のカルテットに隠された秘密が少しずつ明らかになる
ミステリアスな友情劇。
脚本は「Woman」「最高の離婚」「問題のあるレストラン」
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」と
話題作を立て続けに発表している坂元裕二。
演出は「重版出来!」「逃げ恥」の土井裕泰、
「99.9-刑事専門弁護士-」「ごめんね青春」の金子文紀と
TBSドラマ班を代表するヒットメーカーが顔を揃えている。
出演は松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平。

近年の連続ドラマで高視聴率を獲得しているのが
刑事モノや医療モノばかりになってしまうのは
毎週付き合うのが面倒という
現代人の視聴環境が大きく関係していると聞いたことがある。
1話完結ならば見逃しても平気というわけだ。
しかし坂元裕二はその流れには迎合せず、ひたすら長編に挑み続けている。
この「カルテット」も、全体の半分が終わったあたりで
ようやく松たか子の素性が明らかになり、
さらに後半で大きくストーリーが変化する。
他愛も無い日常会話が延々と続く序盤は
全話を「1本の作品」と見据えた上でのバランス配分であり
最終回を観終えた後の満足感はやはり1話完結のドラマでは味わえないものだった。
椎名林檎の書き下ろした主題歌を
松・満島のツインボーカルで歌わせたのも素晴らしかった。
視聴率はふるわなかったようだが、こういったドラマは無くさないで欲しい。



▼今週発売のゲーム


07月03日配信■PS4:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて [オンラインコード]」
07月03日配信■3DS:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて [オンラインコード]」

いよいよ今月末の29日に発売される
PS4/3DS「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の
DL番号の発行が7月3日より開始。
とは言っても遊べるのはパッケージ版と同じなのでご注意を。
さらにPS4版、3DS版のそれぞれの内容に併せた公式ガイドが8月29日に発売決定。
こちらも予約が開始されている。


08月29日発売■Book:「[PS4版] ドラゴンクエストXI 公式ガイドブック」
08月29日発売■Book:「[3DS版] ドラゴンクエストXI 公式ガイドブック」



みんなのGOLF iOS

事前登録を受付中のiOS/Android「みんなのGOLF」が
今週中に配信されるとアナウンスあり。
軽いノリで遊べれば良いので、装備やキャラによってバランスが崩壊する
ガチャ依存度の高い内容なら即座に消去する予定。
本編以上に期待していた「白猫テニス」が私的には相当アレだったので
へっぽこ装備でも楽しく遊ばせていただけることを期待している。




07月06日発売■PS4:「GUNDAM VERSUS プレミアムGサウンドエディション」
07月06日発売■PS4:「GUNDAM VERSUS」



▼新作amiibo、30日より予約開始


今冬発売■NSw:「amiibo ミファー」
今冬発売■NSw:「amiibo ダルケル」
今冬発売■NSw:「amiibo ウルボザ」
今冬発売■NSw:「amiibo リーバル」

予想通りに「ミファー」が頭みっつほど引き離して圧倒的なトップ。
残り3種はどんぐりだが、もう1体買うなら「リーバル」だろうか。
この値段で4種大人買いはちょっと辛い。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。