私のこれからの人生は、【仏教的な事】と【哲学】を両立させて考えていこうと思います。
  っといっても!本当としては、【仏教】も【哲学】も同じ事なんですけど、

それと!少し気持ちが、変わった事があります。
【仏教】とは、元々を考えると【神さまの信仰】から分裂なので、
と、いうより、【神さま】とか【仏教】とかと言うように(訳した)した
事が、おかしくなったのですが!

だから私としては、そのようにわけないで、どちらも【宗教】の1つと考え
本当としては、【仏教】を【宗教】の1つと考えるのは、良くない事なんですが、
今の普通一般世間では、【宗教】の1つと考えられてるのが多いし、
だって、手を合わせて念ずる事は、一般世間では、【宗教】の儀式みたいな
ものと思っているようだから、【神社】でも【お寺】でも、手を合わせて
念ずる事が多いので他にも沢山の宗教団体でもです。
私も以前としては、そうだったし、皆が、そのように思うのも、
わからない事は、ありません。

だから、私としても、【仏教】を【宗教】の1つだと考えていき
【宗教】を【哲学的】に、考えていく事にしました。

っといっても、私は、こんなような事でやっていくと、いっていますが!
【仏教】の本拠地の(インド)じたいも、大昔から、こんな考えは、していました。
つまり、【宗教】だけの考えは、良くないとも、わかっている事だったのです。
だから、【仏教】の創始者の【お釈迦さま】が亡くなってから
しばらくたってから、【大乗仏教】というのができました。
つまり、【大乗仏教】こそ【哲学】です。

でも、我が国の日本では、さらに考え、やはり【宗教】と
考えていく方が【人間の発展】に一番良いと考えたので
今の日本の皆の考えになってるのです。

まず、はじめに、いいたいのは、日本の一般世間では、【宗教】と【哲学】は、
別物のされている事なんです。

日本の一般世間では、普通【宗教】の【仏教】と聞けば
【お寺,お坊さん,お葬式・・・】ナドのイメージ持ってる方が多いようです。

それに、【仏教】とは、本当は、『人間の正しい生き方の教え』で【哲学】な
ようなものと思ってる方は、少人数だと思います。

それは、はじめ(インド)で、【仏教】が出来たのは、【インド】では、【インド哲学】が成り立っていましたので
【お釈迦さま】がソノ神に念ずれば、幸福な生活できるようになるという【インド哲学】に反発し
【仏教】という新たな【哲学】のような教えを作ったのです。
けっして、【インド哲学】が悪いと言ってるわけじゃなくて
目に見えないようなものに祈らなくても
自分の力で、何とかなると言っていたのです。

それが、【お釈迦さま】がいなくなってからの弟子たちの教えでは、
【神さまの信仰】と同じように、念ずれば、良くなれるカモという考え方になったのです。
神さまに生かせていただいている天に向かって念ずる事が
駄目なはずがないと思って、念ずる事が大事な事としたのです。

それと、
私のように、このように少しは、勉強している方なら、そのような皆の誤解がわかっている方もいるでしょうが!
でも、世間では、一般的に、わかっていない方が多くて【神仏】に
【祈れば】幸福に生きれるカモ知れないと思ってる方ばかりになりました。

っというのは、例えば、【神社】でも【お寺】でも、ある時期が来れば、
沢山の人で、にぎわってますし、他の【宗教団体】でもです。

そのよに思うのも、仕方ない事なので、私としては、今さら皆の考えを
変えるのも無理かと思いますしで、このままの考え方で、
何とか活かせていけるよう考えていこうと思っています。

っというのは、私としても、【念じ方】によって人間は、
幸福に生きれるものだと思っているからなんです。
っというか、人間というのは、元々は、幸福に生きるのが当然なんだと
思っているからで、だから、皆が【念じて】幸福に生きようと思うのは、
当たり前の事だと思ってもらおうと思うのです。

その私が、(皆に伝えていく)っていうのは、自分だけが良くなろうと
思うのは、絶対に良くないという事なんです。
この世の人間は、皆で助け合って生きていく事こそが、人間の本当の生き方で
あると思っているので、皆が、幸福に生きていけるのは、助け合って
生きていけば良いだけなんだと、わかってもらいたいのです。

それと、
私は、この間までは、このような、考え方は、していなくて、
何を考えて生きていこうか悩んでいたぐらいだったのですが、

それと、ある方から、
「 他人にドウ思われようが、自分が、少しでも良いと思っていることが
あれば、とにかく、やって深く考えて、行動してみたら・・・・・・・ 」
と言われた事があったので、私が、少しでも良いと思っている事といえば、
【念ずる事】なので、私は、元々は、仏教や宗教系な事に興味がありましたので、
【念ずる事】について、もっと深く考えてみようと思って、
それから【念ずる事】について調べはじめ今にいたってます。

それと【哲学】については、
私は、元々は、【仏教】には、興味は、あったので、【お釈迦さま】が
今のような【宗教】じみた事やろうとは、思ってなかった事は、知っていたので
私は、今後は、深く考えるのなら【哲学的】に考えるべきと思ったからです。

それに、私は、なぜだか元々【宗教系】の事を考えるのが好きみたいで、
今後も、ずっと考えていこうと思ったからも、あるのです。
普段でも家で自分一人の時とかで要る時なんかでは、【宗教系】に関する
書籍を読んだり勉強みたいな事をしたりしています。
しかし、普段の生活では、なるべく、そのような事をしているのは、
他人には、言わないようにしているんのです。
っというのは、
世間では、【宗教】と聞けば、少し変わった方とか心の陰気な方が
するものとか(お年寄り)がしてる方が多いとか思われているので、
私は、そんな事をやってると知られたら皆から変人と思われるのが嫌
なので他人には、あまり、言わないようにしています。
だから、この前までは、このような事は、しない方が 良いだろうカナとも
悩んでいたのです。

でも、今している事は、一番好きな事とわかった事で他人に、どう思われようが
関係ないと思ったので、それと、このような事をやっていれば、
いつの日か満足できる日が必ず来ると勝手に思ったからもあるのです。
ベツニ!来なくても自分は、好きでやってるから来なくても良いと思ったのです。

それと!書籍ナド読んでいて少しでも知ったら満足でウキウキと
気持ちが嬉しくなってくる事があるから、今後もやっていこうと思ったのです。
これこそが!人間にとっての一番好きな事をやる事で
【人間として正しい生き方】を考える事で私は、【哲学】みたいな事と思っているのです。
つまり、【仏教】といのは、【お釈迦さま】が【人間の正しい生き方】を
皆に教えていった事なので【哲学】と同じと考えるのも私は、間違いないと思ってます。

元々!【インドの仏教】とは、【哲学】なのに、【日本の仏教】には、
【哲学】が無くなって【宗教】じみたけど、それならそれで、私だけでも
【宗教】を【哲学的】に考えてみたくなって今があるのです。

外国から日本に、はじめて来た時に、【念ずる】と良い事があると勝手に
決められたので、それは、その頃の日本には、【念ずる】習慣があったから
もあったので、外国から流れてきた時に【仏教】も同じように【念ずる】
事で、良くなるんだと思われたのです。

それというのも、【哲学】のような難しそうな事を考えるより【念じる】
事の方が簡単で良いと思ったので、【念ずる】事が、大いにモリあがってきて
【哲学】の方は、忘れ去られていったと思います。

そのように!日本の大昔の考えは、他から取り入れていくものは、
何でも全く同じものにしないようになっていたので、この【仏教】も
少し変えて取り入れようと思い、難しそうな事は、取り入れない方が
皆から受け入れやすいと思って【仏教】は、【宗教】の1つみたいに
思われるようになったのです。

その【念ずる】に関してですが、まだ!日本では、大事な事というのがあります。
それは、【ご先祖さま】の【お墓参り】です。それも、外国の中国から流れて来たものです。
つまり!【日本仏教】には、亡くなった方、死人の供養をするのは、もっとも大事な事になりました。

その亡くなった方を供養する【お葬式】の役目を担当 しているのがダイタイが【仏教】を主にしている【お坊さん】です。
日本には、沢山の宗派の違いによっては、【お葬式】の違いがあります。
【お葬式】じたい、していけないやしない家族もあります。
それと【お墓】じたいも、必要無い家族もあります。
私は、それに関しては、供養を大事にする家族で育ってきたので、
その事の反対の意見になります。
っという事で世間では、日本のだいたいの方が、【仏教】と聞けば【お葬式】や【お坊さん】と思い浮かべると思います。

それは、【葬式仏教】と言われがあるように、
つまり【日本仏教】を一番に担当している方と思われているのは、【お坊さん】ですが

けど゙!【日本仏教】じゃなくて【本当のインドの仏教】では、死人の供養する【お葬式】などは、無駄な事になります。
インドでは、亡くなればタダ!のゴミと同じで、どこかに捨てたり川に流してしまったりします。
【お釈迦さま】ジタイが言っていた事は、
「 そんな死人の供養ナドしてる間があれば、正しく生きる修行してなさい! 」  と厳しく言っていました。

しかし!私としては、【仏教】は、たいへん好きなんですが、それは、
【日本仏教】であって(インド)の本当の【仏教】では、ありません。
だから、供養など、しなくて良い本当の(インド)の【仏教】に
関しては、悲しいですが嫌いなんです。
でも!私は、日本で育ってきたので、【ご先祖さま】を供養している
【日本仏教】は、すごく好きなんだから、【仏教】(嫌い)と言わず
【仏教】は、(好き)と言ってます。

っというのは、【日本】は、何でも約して言います。【日本仏教】と
あまり言いません。【仏教】と言ってます。

それと、今でもですが、私は、世間一般の方と比べてですが、
【お墓参り】とかには、よく行ったりしてます。
それは、関係ないカモ知りませんが!私は、前に死んでも、おかしくない
事故を何度か、おこしてますので、今生きているのは、【ご先祖さま】の
見守りだと勝手に思っているからなんです。
っというか!人間として【ご先祖さま】を供養するのは、絶対当たり前の
事だと私は、思ってます。
だって!【ご先祖さま】がいなければ、私は、この世に産まれてこなっかたので、
お礼するのは、当たり前の義務のように思っているからです。

それと!
こういった 【仏教】みたいな事を好きになる前は、私は、音楽が好きだったのです。
ソレモ!(ロック)です。その(ロック)の中でも、一般世間では、良く思われない
不良なゴミあつかいされてる(パンクロック)というジャンルをしていました。

その頃の私は、ライブをやったり自由きままに楽しい日々を過ごしていました。
元々!私がこのような音楽が好きになったのは、はじめっから(ロック)
なようなのでなくテレビでよく見るアイドルや歌謡曲からでした。
その頃からの夢で将来は、歌手になって音楽で一生やっていくつもりだったのです。

そして、そんな夢を持ちつつ中学になり、兄の影響もあるのですが外国の
カッコイイ!ロックバンドを聞いたりエレキギターでコピーをしたり するようになりました。
一番影響を受けたのが兄は、その頃、ロックバンドを組みはじめていたのです。
だから!それを見ていた私も、ロックバンドを組み皆からカッコヨク見られたいと
思っていたのです。でも!私は、ロックバンドを組むどころか遊ぶ事に
熱中してましたので、家で、いつも聞いてるぐらいでした。(遊びながらです。)

そして、私も高校になって念願だった。ロックバンドを組む事ができました。
でも!そのバンドでは、タダ!のアマチュアバンドのコピーバンドにすぎなかったのですが、
本当としては、プロ系の、もっと本格的にするバンドがしたかったのですが!
私としても遊ぶ事の方が好きなので適当に遊びながらやっていました。

しばらくして、高校生活最後の文化祭の日がきまして、新たのメンバーと
バンドを組みました。そのメンバーでは、楽しくてシンケンにバンド活動ができました。
学校以外でも外では、ライブやるようなワリと楽しかったです。
でも、それも高校生活の楽しい思い出で終わり。メンバーは、生活していくための、
それぞれの道に進んでいきました。私としても夢は、夢なのかなぁ!と
少し思ってきたので、生活していくためにも私も一般的な仕事を仕方なく
付く事に決めました。それでも!聞くのだけは、以前ほどじゃないですが
聞くのだけは、続いていました。
何度も聞くのも、やめよとしましたが、身体がロックが好きだった事がシミツイテいかるかで
今だにスグ受け入れてロックのライブとかには、行ったりしてしまったりしています。 本当は、良くないカナァ?とは思ったりしています。

そして!しばらくしたら私は、車での事故でなくバイクでの事故をおこしてしまいました。
当然ですが、その頃にしていた仕事は、やめてしまい、フリター生活になり、ワリと自由な生活になりました。
だから!当然前のように夢であったロックな生活に戻りました。
当然ですが、学生でないので、自由に出来ました。

そして!しばらくして私は、考えました。
『 このままでいても、ただ!のハジケタ小僧で終わるダケだなぁ~。
それで終わりでなくて、芸能界にでも入ってみて
一発あててみて皆を驚かせてやろう!』

と思って、コレで皆とは、遊ぶのは、最後だろうと、ある日に皆と酒を飲む
タメにも友達を夜集めました。

ソレが私の人生の転換期です。

つまり!これでロック生活の終わりです。
トリアエズ!一店目は、終わりましたが、マダ!遊びたりなかったのか?
次の店に車で移動したようです?
そこで私ダケが大事故をおこしてしまったのです。私は、ソノ時の事は、
全く記憶ありません。運転は、私は、してなかったようです。
目が覚めたら病院のベットの上でした。

そこで!運が悪いのか悪くないのか疑問なんですが、
それは、死んでも、おかしくないように医者から言われてたし
何度か心臓も止まったようなんです。
でも、私としては、そんな奇跡的な事があろうが、以前までの楽しい日々が
無くなったので死んでいても良かったカナァ!と思ったりもしていました。

それから!入院生活が1年半ほど続きました。初めの頃は、何度も死にたいと
思っていました。 が! 自分から自殺とかするなんて怖くて出来ません。
だから!はやく元通りになって復活してやると入院中のリハビリは、
すごく頑張っていました。
それだけが、今の私の楽しみだと思っていたからも、あったかもありますが!
でも!
その頑張りも少し衰えてきたのです。っというのは、障害者の認定を
受けたからもあるのです。
私の家の近所には、障害者がよくいる養護学校があるので、
障害者は、酷いものだと思っているので、私も、そうなると思っていて
かなりショックで、おちこみましたが!
でも!それは、肩書きが、ただの障害者だけの事で、何も、変わりないと
思って、退院したら楽しく過ごせると思い。また前のような、リハビリは、
頑張る入院生活に戻りました。

でも!いくら普通な入院生活に戻りリハビリ頑張っていても普通になれない事があるのです。
それは、私にとって、今でも一番ショック!な事と思ってる事なんですが、
それは、【言語障害】になったしまった事なんです。
つまり!今でも後悔は、しているように私の夢だった歌ったりしていく事が
出来なく無くなってしまった事なんです。
それは、少しは、はじめの頃と比べれば、良くは、なってますが、
完全に治る事は、ありません。

でも!こんな事で、オチブレテ!終わって死んでしまうのも、情けないし、
だから!退院したら、普通に歩けるぐらいは、なろうと考えまして、
ソレからの入院生活では、時間の暇が出来る時は、病院内をウロウロと一人で
歩く練習をしていました。

それと!
その頃は、まだパソコンなどは、私は、ゼンゼンでしたが( 今パソコンが
つかえるようになったのは、この頃が、あったからです。 )それは、
リハビリとして、ワープロを、やりはじめましたので、(この病院は、リハビリに
ワープロ作業を取り入れてます。)だから!私は、ウロウロ歩き回ってるので、
ここの病院患者は、ワープロ出来る方が多いので、先生に教えてもらうのは、
あまり好きじゃないので、病院の患者さんがしているのを見て覚えていってました。

私は、ウロウロしてるような気楽な入院生活をしていますが!
患者さんの中には、生命のかかった必死で生きてる方もいますし、
中には、私なんかより、ぜんぜん元気そうな、どこが病人なんだと思う方もいます。

で、そこで思ったのですが、出会うほとんどの方は、自分の身体が
良くなるように【お守り】とかに念じている方が多いのです。
私としては、ソウ思うのもわからない事もありませんが、そんな甘い考え方では、
駄目だ!そんな間があるのなら私のように、歩く練習したり
強く生きていかないと駄目だ!と思っていました。

そこで、ある日、フト考えて思ったのですが。
( 私のように、歩く練習しようと思っても、ゼンゼン動く元気もない方や
ベットから離れない方もいるのに私は、自分を強い人間と、イキガッテ!
他の方を弱い人間と思っているし本当に弱くてバカな人間は、
私なんじゃなカナ?) と思いました。

で、 ソレからの日々は、いつでもコノ事が脳に浮かぶようになってしまったのです。

そして!私の退院が近づいてきました。が、ある日、母が来た時に誰に
聞いたのか、わかりませんが!
母までが、何かの宗教の【神さまに念じている】事をしていたのです。
私としては、『 アホか!そんな 甘えた事しやがって!・・・・・』 と思っていました。

けど!よく考えてみたら、ソレって私の哀れな姿を思ってした事もあるようなのです。
アホなのは、私だなぁと反省しました。

で! 退院しても、時間は、ある事だし、私は、母のしていた宗教の
練成とやらを10日間受けてみる事に決めてしまったのです。
っというのは、良くは、ならないだろうけど、少しでも良くなれば、ラッキーだし、
こんなの駄目だと母に、わからせるのも良いだろうと思ったからなんです。

でも!その後の事を考えてみると、今の私があるのは、その宗教に嫌々でも
行って関わりを持ったからと思います。
しかし!その宗教団体とは、今は、縁は、切れたのですが、デモ!今では、
私の母よりも、イロイロな資料とかを読みあさったりするようになったので
【神さま】に関する【宗教】みたいな事の知識は、私の方があるのは、
確かになりました。

でも!問題があります。私自身は、問題に思っていませんが一部の一般世間では、
問題にしています。それは、私の家は、【仏教徒】なので、本当は、
【神さま】に関する事を勉強していくベキじゃありません。

っといのは、私の家には【仏壇】があって、タマにお坊さんも来てもらってます。
それに!私の子供の頃は、【仏教系】の幼稚園にも通ってましたので、
【神さま】の勉強とかは、するのは、おかしい事なんです。
っといっても!子供の頃は、アマリ!深く考えてなかったし、【仏教】も
【神道】も同じみたいに考えてました。
私の家の近くには、【神さま】を祀る神社もあったし、よく遊びに行っては、
手を合わせて念じていたりもしていました。

それと!後になって思ったのですが、私の行った10日間の練成は、
【神さま】の【宗教団体】の集まりの場だし、
行くべきじゃなかったかな?とも思っています。
けど私としては、行ったから、今の私があるので、
行って良かったと思っています。

その後の私は、問題かなぁと思った事もあったので【神さまの信仰】に
関することは、控えて主に【仏教】に関する資料とかを読みあさっていくようになりましたが!
でも!私も日本人だし日本は、【神の信仰】の成り立ってる国なんだし、
【仏教】だけを勉強し【神さまの信仰】を無視する事は、私には、できませんので、
今では、【仏教】も【神道】も同じぐらい学んでいってます。

っというより!私は、そのような【宗教 】みたいなものは、何でも好きで勉強していってます。
一番に好きなのは、ヤッパリ!【仏教】になりますが、それは、一番多く勉強してきてるし一番知識があると思ってるからです。
で、次が【神道】です。後は、イロイロで【占いも風水も儒教も道教もスピリチュアル系も・・・・・・・・・・・】も何でも
【宗教】に関する事なら何でも好きなんです。

っていうより、そんなのすべてを【宗教】といい、それを【哲学的】に
考えていく事にしたのです。

それと!言い忘れましたが、【密教】も好きです。
っていのは、私のしている事は、【神道】も【仏教】も信仰しているので、
【密教】そのものと思われるようですが、私は、違うと思ってます。

私の家の宗派が違うのでアマリ!よくは、言えませんが【密教】は、
【お釈迦さま】の教えの【仏教】では、ありません。
【仏教】と【密教】は、日本では、同じような、あつかいにされてますが
本当としては、違うのですが、これも【仏教】と同じように
日本独自の【日本密教】があります。
だから!【お釈迦さん】が亡くなった後イロイロと【仏教】の教えが変わった
ように、【密教】も、【仏教】の中の1つと思われているので
ソノ変化してきている中のものの1つと私は、思ってます。

つまり!私は、【お釈迦さま】が生きていた頃にしていた
『人間らしく生きていくには、どのようにしていったら良いのだろうか?』と
【哲学】と言えるような事を考えて勉強していってます。

そこには、【お釈迦さま】が【神さまの信仰】や【ご先祖様を供養する事】を反発していて
造ったインドの本当の【仏教】でなく私としては、
日本でマネしてつくられた【日本仏教】を主体として考えていってます。

っというのは、それぞれの【宗教】の基本でもあるように
生きていくのに困難な方を見捨てない事と
少しでも世話になった方に(お礼の気持ち)を込め(恩返し)は絶対
という事と何にしろ【念ずる】という事で願いは、必ず叶うというのを
心していこうと思います。

それは、科学的な研究でも考えられたように、自分の幸せになるタメに
念ずるのでなく他人の事を念ずる事と、【念じ方】によっては、その念じ
た事が叶う事もあるという事を心にしていこうと思います。

つまり、【念じ方】しだいで誰でも簡単に良くなれるのです。
それは、【神道】も【仏教】もありませんって事なんです。
けっして!【神道】が駄目だと、いってるのでなく【お釈迦さま】もですが、

つまり!今でいう【仏教】とは、【宗教】の1つですが!
本当の【お釈迦さん】つくった【仏教】は、【宗教】では、ありません。
【哲学】といった方が良いです。
それを説いていくのが、今の私の仕事であって、宿命と思ってます。

それと!私のする事というより、私の出来る事というのですが!
今いつも思っている事なんですが、研究してて思うのですが!
昔、日本が外国から何でも取り入れて発展してきてるように、
それは、民衆が、わかりやすく簡単にしてきたように
私も元々難しい事が嫌いなので、トニカク!誰でもが、わかりやすく簡単に、
考えていこうと思っています。

【 以上 】
AD