日立「真空チルドFS」R-G6700Dの特徴や電気代は?

日立「真空チルドFS」R-G6700Dは670リットル大容量なので、たくさん買い込んでも余裕をもって保存可能です。
肉や魚、水分が出やすい豆腐など食材によって2つの温度が設定でき、凍らせることなく鮮度を保てる冷蔵庫です。


テーマ:




今は共働きの家庭が多いので、下ごしらえをしておいて仕事にいく方も多いと思います。


日立「真空チルドFS」R-G6700Dは、
真空の力で食材に調味液が浸透するのが早いんですね。



だから調味液に浸しておく時間が短縮できるので、
から揚げなど下ごしらえに時間がかかっていた料理もしやすくなりますよ。
なので調理の時間も短縮させられますし、手間も省くことが出来ます。





ハムとかチーズって全部使い切らない時にはラップして保存しないと水分が逃げ、
乾燥してパサパサしたり色が変わったりするんですよね。




でも日立「真空チルドFS」R-G6700Dは密封構造の真空チルドルームで,
食材の水分が逃げて乾燥してしまうのを抑えてくれます。


だから一回開けてしまった食材やお惣菜にラップをせず、一時保存することが出来るんです。
ラップする手間も省けるし助かりますね。
他にもマーガリンや一度袋を開けたコーヒー豆や茶葉もシンクチルドに入れるだけで、
風味や色が変わってしまうのを抑えて保存しておけます。

 

 


冷凍しておいたお肉を解凍すると、肉汁がどろっと出て来るんですよね。
旨みや栄養も逃げてしまうので勿体ないんですよね。




日立「真空チルドFS」R-G6700Dはラップをしたままでも、
フリージングバッグにいれたままでも、
アルミトレイに接するように置くと肉汁が出てしまうのを抑えて美味しく解凍出来るんですよ。

 



日立「真空チルドFS」R-G6700Dはドアが開閉される状況から、
それぞれの家庭の生活パターンを学びます。
深夜や留守だとドアを開閉することが少ないですから冷蔵庫内の温度は安定しますよね。
そういう時にヒーターによる霜とりをすることで冷蔵庫内の温度が上がるのを抑えてくれます。


☆日立 真空チルドFS R-G6700Dの楽天市場での価格はこちらから確認出来ます  

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。