最近再燃してますからね、日記多いですよ。
というか、それしかネタがないんです。
あとは会社と家の往復しかしておりません。


申し遅れました、永遠の初心者ハンター・シヨウです。
ここからは「モンスターハンターポータブル 3rd」の話題と専門用語満載です。
興味ない方は読み飛ばすが吉。


というわけで、わたくしHRが3になったわけなんですが。
苦手モンスターが多くて困ります。
特にボルボロスとクルペッコ。


先日、ドリンククエスト(「泥沼での狩猟!」)に行ったのですが。
何度ダウンさせても一向に倒せず、やたらめったら双剣乱舞。
そしたら尻尾でドーンor泥まみれ。
噛みつかれたこともございましたね。
そんで、まあ手こずるんです。手数に見合わないというか。
武器は王双刃ハタカカミ(ジンオウガ武器)なのに!
双剣やってる人少ないので、コツが知りたい。


ちなみに先日、初の大連続クエスト(ドリンククエスト「鳥竜種の檻の中で」)に出たのですが

その時剥ぎ取れるのは回復薬グレートのみだということを知らずに行ったので、ものすごく

大変でした。(10個持っていったので、最初のジャギィから剥ぎ取ったものが取れなかった)

おまけにドスフロギィとドスバギィなのに、解毒薬と元気ドリンコ忘れるし…


…準備不足ですよね。ええ。ええ。わかってますよ。

今クルペッコ狩りに行ってるんですけど(一時停止中)こやし玉忘れたんですよ!

ロアルドロス呼ばれたんですよ!!

どうしろと!!(逆ギレ)



…とりあえず、苦手克服に努めていきたいと思います…

AD
モンスターロックハンターを見て、モンハンのやり方が少しわかってきました。
格闘ゲームは速くて追いつかないけど、モンハンは人のプレイを見て参考になります。
むしろ、参考になる意味がわかった感じです。
(今まではなんだったのかと言われるとちょっと困るけど)

早く補習動画のリオレイア討伐が見たい!見たすぎる!
AD
モンハンでプレイヤーについてきてくれる「アイルー」という猫がいます。
(獣人属とかいう区切りがあったと思うけど見た目は猫っす。声も猫っす。)
プレイヤーについてきてくれるのは「オトモアイルー」と呼ばれます。
通称「オトモ」。
これもプレイヤー同じく色々カスタマイズ可能です。

そしてカプコンがモンハンをやってる有名人が育てたオトモを配信しておりまして。
いろんな方のオトモが配信されています。

そして!昨日からなんとピエール瀧氏のオトモが配信されております!
まあダウンロードするよね。


オトモの名前は「ピエルー」。
レベルとなつき度(高ければ高いほど使える…と、思う)はMAXで、
しかも使えるスキルを覚えているのでかなり使えるオトモでした。
私のオトモもこれくらい育てないと…。


ピエルー!リオレイア狩りにいこうぜ!(今一番の難関)
AD

と、いうわけで。

私が飽きるまでモンハンネタは続きます。

わけわかんない人にもなんとなーくわかるようにしていきますが

正直つまんねーって方はこの「ハンター日記」というタイトルは読み飛ばすが吉。

このタイトルつけたら9割以上モンハンネタで行く気です。


とまあ、ガチな感じで書いてますが、私の本心はタイトル通り。

モンハンってカテゴリーを作るのも微妙なので、「あそぶ」カテゴリに放り込むことにしました。



まず「モンハンって何?」って人は公式HP見たほうが早いす。

http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/P3rd/enter.html



去年の12月にこの最新作「モンスターハンターポータブル 3rd」が発売されたわけでして。

ワタクシは遅れること1ヶ月(まあ3rdから始める時点で遅れてる気がしますが…)、今年に入ってから

モンハンを始めました。


魅力のひとつが、カスタマイズが可能なこと。

武器や防具はもちろん、プレイヤーの顔つき、髪の毛の色、体つき、声まで選べます。

なので、自分好みのスタイルが作れます。


あとは、実際3rdから入った人でもついてこられるシステムが多いこと。

武器の練習場などもあり、教官もいます(笑)弱いけど、最初から武器一式が揃っているし

練習場ではちょっと強い武器を貸してもらえるので、レベルアップさせようという気持ちも出ます。

そんなこんなで2ヶ月がたち、私もやっとこハンターの方向性が見えてきた感じなんですが(笑)

面白いゲームだと思います。


最大4人まで一緒に狩りにいけるのですが、まだまだ弱いのでその気はわきません(笑)

でも、ひとりでも全然楽しめます。


そんないちハンターの日記を綴っていこうかなーと思う所存です。

よろしくお願い致しますー。



ちなみにさっき「モンスターロックハンター」(スペースシャワーTVの「モンスターロック」という番組で

やっている、モンハンとのコラボ企画。モンスターロックVJ・マキシマム ザ ホルモンのダイスケはん

(見習いハンター)とストレイテナーのナカヤマさん(上級ハンター)が色んなミュージシャンをゲストに

迎えてモンハンをしています。)見たんですが、Dragon Ashの桜井さんはガチだなと思いました。

ナカヤマさんに「可哀想な人」といわれてました。(モンハン1を「無印」という人は可哀想な人らしい)

きのうのきょう

テーマ:
昨日はバイキング、
今日は焼肉。
遊んでますね。


でも、2週間がんばったし。
今日は飲んでもいいかなと思って。
いろいろ飲み散らかしました(笑)
多分家帰ったらまたビールあけるだろうけど。


また明後日からがんばります!
(明日休みだから)

高校時代は生物選択。

テーマ:

でも大学で物理をやっていたワタクシですこんにちわ。

ちなみに一般教養で物理と生物をやってました。

専門じゃございやせん。だから話ふらないで。



本日はワタクシ、友達と連れ立って友達のお宅におじゃましやして

いつのまにか(マジでいつのまにか)生まれていたお子様に会いました。


今まで数々の赤子に会ったことあれど、まぁ、すごく、おとなしい。群を抜くおとなしさ。

ずーっとスヤスヤ眠っており、滅多にグズることもなく。ミルクもすばらしい飲みっぷり。

これは将来が楽しみです。


と、缶チューハイを飲み、友達の旦那さんの手料理をいただきながら思ったわけで。

でも本人には伝えてなかったりする。

なかなかどうして、口下手なので。


それなのにまあ、顔にポスターカラーぬったくった話とかしたけどさ…




前日まで生物だの物理だの化学だの入り混じった小難しい話を職場でしていたせいか

似非理系アタマになっていたワタクシ。


発生の仕組みというのは既に解明されていて、受精卵から成体が形成されるまでの過程は

明らかになってはいるけれども、母子の間にはやはりそこでは説明しきれない別の何かが

存在しているような気がしてならないのです。


なんて。PS3の画面はきれいだなーと思いながら、思った。



出産祝いにと、友達と持参したのは靴模様の靴下。(靴ヒモつき)

それが履けるようになったら、また遊びに行かせてね。



そしてお土産を買いに行ったところでワタクシのアルバイト時代の先輩とバッタリ。

エクレアとマカロン、非常においしゅうございました。また買いに行きます。

これをご覧になってましたら、久々に飲みにでもいきましょうー。




明日はKAKUBARHYTHM meets Niw! Records 5th anniversary!

久々の野音でございます。

あそこはたこ焼きより焼きそばだなー。

名古屋にて

テーマ:

とにかくどこかに行きたかったんです。



そういう気持ちもあって、COME HOME TOURの名古屋に行きました。

AXワンマン以来のCOMEBACK MY DAUGHTERSは、とてもよかった。

スキャフルトリビュートに収録されている、スキャフルの名曲「IRISH FARM」も聴く事ができたし

CDで聴く「EXPerience」の曲は、本当にライブで生かされている気がして

あんまパッとしねぇなー(失礼!)と思ってた曲も、ライブではすごく良く聴こえて

ああ、粒揃いじゃんこのアルバム!とか今更思ってしまったりするのでした。

特に「Bored rigid」のサビの広がり具合と「Eternal Cheep」の盛り上がり具合は一度ライブで

味わった方がいいと思います。どっちもCHUN2がいい味出してますよ。いろんな意味で。

そして他のメンバーも負けじといい味だしてます。


名古屋が終わったあと、高本さんがCBMDのブログを更新していて

「今の5人でバンドが出来ていて本当に良かった。

 そういう所もみんなに伝わるツアーになったらいいなと思います。」と書いていたのですが

そういうところが伝わってきたライブでした。


さてさて今週は渋谷です。勿論行きますぜ。



名古屋では手羽先食べて、ひつまぶしも食べました。

あと友達のリクエストでstiffslackという名古屋のレーベルがやっているお店(レコード屋)にも

行って来ました。

エレクトロニカとお香の香りがうっすら流れていて、かっこいい雰囲気のお店でした。

バンドTシャツも置いてあるし、アナログもあるんですがそのラインナップからこだわりが感じられて

(売れてるものより好きなものを置いている、的な)名古屋じゃなかったらちょくちょく足を運びそうな

お店です。ちょっとわかりにくいところにあるけど、エレクトロニカとポストロック好きは一度足を

運んでみた方が良いかと思われます。


もちろん他にも行きました。とはいってもタワレコだけど。

今回は新幹線までだいぶ時間があったので、近鉄パッセまで足をのばしてみました。

個人的には「整然としたタワレコ」と「雑然としたタワレコ」があると勝手に思っているのですが

近鉄パッセは「雑然」のほうで、個人的にはこっちのほうが好み。パルコはどっちかっていうと

「整然」のほうだと思います(新しめのタワレコは「整然」だと勝手に思ってます)

試聴機多くてよかったです。結構沢山試聴しました。

ここでは「スマパンの後継」とか言われてるsilversun pickupsの新譜を聴く事ができたのですが

1曲目がもろスマパンでした。別物と割り切らないとやばいくらい。


そんな感じで過ごした遅いゴールデンウイーク。

明日会社とか思いたくないですね。まじで。



またどこか行ってこようかと思います。

とりあえず7月末まで予定はないんだけど。

今日はダラダラ寝て(ていうか気がついたら10時半)

その後会社の人とケーキバイキングに行って「もうケーキエエわ」って思うくらい食べて

その後都庁の展望室行って(二人とも都庁に初めて行った)ビル街とその向こうの景色を眺め

その後「ベンジャミン・バトン」を見に映画館へ

そして今帰宅。


今日つらつら思ったこと。

ケーキバイキングは、某都内ホテルのだけあってスタッフのホスピタリティはかなり高い。

バイトしてたとき「見習わないと」と思った事を思い出した。見習わないと。

都庁展望室は、晴れていると大菩薩峠まで見えるらしい。すげぇ。晴れてる時にまた来たい。

そして案外人が居る。殆ど外国人だけど。

「ベンジャミン・バトン」は下のエントリーの通り。2時間45分と長い映画だけど、人の一生を映画に

しているのだから、このくらいの長さは当然かという話になる。

乱暴な言い方だが、飽きたらとりあえずブラピ見とけ!的な映画。私は飽きなかったけど。


以下の空白部分は個人的映画の感想。反転すると読めます。

映画見るつもりの人は見ない方がいいです。(極力押さえて書いてますが)

いやー映画っていいね!



「ベンジャミン・バトン」感想。

ブラピ演じるベンジャミンは、年を取るごとに若返るという設定なのだけど。年を取って老いても

若返っても、人生のピークというのは同じなんだろうなと思った。外見と頭の中が釣り合うときも。

そして、どちらにおいても人生というものはその人自身のものであり、その人生は小さな偶然の

重なりあいによって繋がっていくものであるということも描いているような気がした。

そして、人間は必ず愛する人々との別れを迎えてしまう。それを受け入れなければいけないのだと。

あと、ある意味「アルジャーノンに花束を」(これ本しか読んでないけど)みたいな映画ですね。

まーそんな感じです。(これから映画見る人はここ忘れてね。先入観なしで見た方がいいですよ。)

インストア、その2

テーマ:

comeback my daughtersのインストアライブにいってきました。

新宿タワレコへ。

高本さん+CHUN2のアコースティックセット。

これはめずらしー、と思ってじーっと見ていたのですが

とにかくおふたりとも緊張していたそうで、高本さんは

「なんかさっきからチュンチュンが"明るすぎる 明るすぎる"って言ってるんだけどー…」と

言って、ふたりとも苦笑い。

高本さんも、この形態では何度かやったことはあるけど、こういう明るいところでは…みたいな

ことを言ってました。音が良すぎて(自分達にも聴こえちゃって)緊張するとか。

ああ、それはわかる。ソロとかで音数が少ないときは、聴こえちゃうとビビるんだよねー。


高本さんは緊張して1曲目(VICE&VICEだったかな?)が終わったあと

「俺、さっきから"CLUBコーナーはこちらです"って札(はるか向こうの壁に貼ってある札)

 ばっかり見ちゃって…」とポツリ。

チュン氏は間違えるし、かなり必死な感じで弾いてたし、最後バンド名噛むし。

まあ、客としてはええもん見せてもらいましたーって感じでした(笑)


そんな感じで見ていたんだけど、ライブが終わった後で特典のステッカーの配布がなんと

本人達から!ということで、逆に私が緊張するはめになる…

でも、高本さんもチュン氏もすごくいい人でしたー。

何喋ったかは、もう、覚えてないや(笑)


さあ、この後は長い長い"EXPerience tour"!

ワタクシは11/3のUNIT行きます!

楽しみですー