2014-12-06

医テロ 医療者が患者を殺す20以上の方法

テーマ:インターネット

 悪化勢力の脅迫を要約して紹介します。

・中村やその他の医Terroristは『医テロ』の真の著者。中村の家族は、毎日、橋本の家の前で大声で怒鳴り、脅迫してる。

橋本が脅迫者と親しく話すことなどありえない。診察を受けるわけがない。

・中村と家族や医Terroristに騙された奴は、大馬鹿だ。偽造したカルテや診断書を持ち歩き騙しまわる。
・『医テロ』は、医学を悪用して完全犯罪で殺すための20以上の方法を解説した医テロリストが学ぶ教科書だ。悪化勢力側の医療関係者全員が持つ。すでに庶民に流出。

・医テロで、すぐに殺す場合と、すぐに殺さず不治の病にする場合がある。殺した者達、不治の病にした者達を宣伝している。地位のある善人のほとんどを不治の病にしてある。
・ライバルや遺産目当ての親族から金銭を受け取り、病院で暗殺する例が増えている。
・最新号の表紙には、共著として、医師の国会議員達の名が印刷されている。それらの議員達が書くわけがない。それで国民新党他の人気を落とした。国民新党を解党に追い込んだ。
・本の真の著者は、『橋本から聞いた』と嘘を言って各界を騙しまわる医師達だ。カルテや診断書まで偽造している。橋本を診察してると嘘も言っている。医者と妻・子がマスコミ他を騙し回ってる。実は交際皆無。だから報道関係者は、誰だか知ってる。
・政治家達の事務所にもSpyがいて、駒沢に住む詐欺士と一緒に騙したり、怒らせたりして、寿命を縮めている、毎日Spyと詐欺士とで騙しMind controlしてる、だから事務所や自宅からビル支配システムを回収できない。
・入会を拒むなどで狙われている人が医院に行くと、医テロをされる。

・医テロが嫌なら、傘下のどこかに入会して習うしかない。魔王への服従を示すサインをしろ。配下の医師・看護士は、サインを見たら、テロをしない。

・配下でない医師・看護士も脅して殺人をさせる。安全な医院は半分以下。やがて全部の医院を支配する。

・家族皆殺しと脅して医テロをさせ、それをネタに脅し、入会させる。一生縛る。

・注射器と針の秘密を知らない医師は、悪意なく感染を広げている。
・病気になったら、必ず入会して、推薦病院に行き、魔王への服従を示すサインをしないと、日本では、感染や毒で死ぬと脅迫する。
・悪化勢力は、入会を断る者に本を見せ、怖がらせ入会させるために使うことがある。多くが本を見ている。

・悪化勢力は、入会を断る者を殺す。財産を持つ者を殺し、財産を奪うことが多い。医テロの報酬は1千万円以上だというが、実際には支払われない。脅され、組織化され、一生抜けられなくなる。
本の要約: 
 テキストに20以上の医学を悪用したテロや完全犯罪の殺し方が書いてあり、読者の皆様が殺されないために、次に要約して紹介しよう。
(1)輸血
 輸血用血液は、厳重な品質管理のもとに、冷凍庫や冷蔵庫などで保管される。病院で輸血用血液を輸血に使うには、直前に体温に近い温度に暖める。電子レンジで暖め輸血すると、患者は必ず死ぬ。解剖しても死因がわからない完全犯罪になる。電子レンジで暖めないよう通達が出ている。しかし病院内に監視カメラでも付けない限り、電子レンジで暖める機会は、いくらでもある。それで殺してきた。
(2)感染

 医Terroristは、多くの病気を医院で感染させている。たとえばAIDSは、他の生物では、死なない病気であった。悪化勢力傘下の731研究所は、遺伝子工学を悪用して人類を減らす生物兵器として自然界になかったウィルスを開発した。世界中に蔓延した。性行為でHIV感染をすると、10年前後で発病する。重篤な患者の血液を輸血したら、早く発病して死ぬ。配下のみが本当に効く特効薬を買うことができる。
 医テロでは、輸血や点滴や注射などでAIDS患者の血液を混ぜると、免疫力が急減し、癌やその他の病状が悪化し、AIDSが発病する前に死ぬ。癌の化学療法をする患者が、短期間で全身に転移するようなことが起こる。
 歯科の治療では、麻酔剤注射、抜歯、針を使う歯周病検査、その他で、感染させる機会がいくらもある。歯科医は、20%がワーキング・プアだ。報酬目当てに感染を引き受ける歯科医は、いくらでもいる。歯科で標的が予約をしたら、自動車で1時間前に患者の血液を届けている。歯科で感染させても直ぐに死なないが、相応の報酬を出している。
 AIDSの病院感染は、性行為感染の10倍以上あり、放置されている。
(3)経絡医学を悪用
 奈良時代に寺は病院でもあった。僧は、中国の医の本を読み、貴人に指圧や鍼灸などをしていた。治療できる僧の人気が高まった。押されるとしたくてたまらなくなるつぼがある。道鏡は、そこを押して女帝をおとし、意のままに操り、ついに天皇になろうとした。現代でも、そのつぼを悪用している。暗殺のつぼがあり、僧が針か指圧で、標的を病死させる場合があった。現代でも、病院やその他で、針か指圧かで、即死させたり、時間をおいて内臓に障害を起こさせ、殺している。医師や鍼灸師が行っている。解剖してもわからない。
(4)薬のすりかえ
 救急車で病院に運ばれた人が脳梗塞かくも膜下出血かで使う薬は正反対の作用をするものを使う。逆にしたら急死する。あらゆる病で、わざと薬をすりかえれば、急死する。
(5)悪化毒を使う
 悪化毒の種類は、多い。癌にしたら、死ぬまでに時間がかかるが犯罪がばれない。急いで殺したい場合は、心不全を起さす毒を使う。病院でも、悪化毒を混ぜて注射したり、薬に混ぜたり、食事に混ぜるなどをしている。
(6)診断装置の悪用
 診断装置を悪意を持って操作すれば、兵器になり、完全犯罪で殺したり、寿命を縮めることができる。不必要な診断を何回もして、免疫力や基礎体力を落としたり、損傷を与えることは多い。
(7)注射で感染や毒
 病院では、一人づつ、注射器や針をかえている。それらは滅菌消毒されていて、感染を防止していると多くが信じている。本当は、傘下のメーカは、細菌やウィルスや毒で汚染して密封してある。だから注射をすれば、感染させたり、毒を注入できる。
(8)外科手術をわざと失敗
 悪化勢力が支配する病院では、外科手術で殺す。支配してない病院でもスパイの医師や看護士がいれば、わざとミスをして殺す。他の医師は怒るが、病院は、ミスを隠蔽する。外科手術を録画する病院では、外科手術テロをやりにくい。
(9)飲食物に毒を混ぜる
 病院で入院患者に提供する飲食物に毒を混ぜて、殺しても、病状悪化でごまかせる。入院しなくても、毒を混ぜた飲食物や健康食品やサプリを推薦する。
(10)有害物質を使う
 2010年3月13日TBSの報道特集で、歯科材料で有害金属ベリリウムなどが密かに使われてる問題を報道。
続報!中国製義歯の安全性 | 報道特集NEXT
http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20100213_2_1.html
 前から情報省が支配する歯科材料メーカや技工士は、金やパラジウム合金と偽り、有害金属で加工したものを歯科医に納入してきた。有害金属を使い寿命を縮めている人は多い。今は、医療で使うあらゆる物質を、有害なものにすりかえ、寿命の短縮化を狙っている。
(11)Japanese Mafiaに搬送
 病院は退院手続きをして、Japanese Mafiaに搬送させる。自宅に運ばれず、Japanese Mafia
の焼却炉に運ばれ焼却。生きてることにして、年金詐欺をする例が増えている。
(12)臓器密売
 臓器を取り出せば死ぬ。悪化勢力の臓器密売ネットに密売する。遺体を遺族に渡す。
(13)絶望させる
 嘘の検査結果を知らせて、患者を絶望させる。絶望すると免疫力が落ち、急速に悪化する。
(14)偽装自殺
 病院内で偽装自殺で殺害。真夜中に屋上や窓から突き落とし、自殺で処理。医師や看護士は、前途を悲観してたやその他の偽証をする。
(15)サブリミナル効果
 サブリミナル効果は潜在意識、意識と潜在意識の境界領域に刺激を与える事で表れるとされる効果。暗示で潜在意識を悪化に誘導。睡眠中に、「あなたは重病、死ぬ」のような録音をしたものを患者に何度も聞かせる。それで病状を悪化させてる。
(16)脳支配兵器 
 人体に脳支配兵器のチップを病院で埋めこみ、退院後の行動を支配する。
脳支配兵器 人体埋めこみチップ
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10529908948.html
(17)耐性菌
 NSDAP(ナチ)傘下の製薬会社は、耐性菌を開発した。耐性菌は、既知の抗生物質では効かないが、その製薬会社が密かに開発し密造した抗生物質では効く。
 悪化勢力は、耐性菌を蔓延させているから、皆様の回りにある。病院で感染させて殺し、死因を肺炎として届けることがある。標的が退院する直前に感染させて、自宅で発病させて標的を病死させ、家族や葬儀に集まった人々に感染を広げることをさせている。
(18)違法薬物悪用
 治療に乗じて、注射、点滴、薬などに違法薬物をまぜ、中毒者にして、支配する。死んでも、常用者で中毒死に見せる。
(19)患者につける装置をOFFにする。
 生命維持装置や生命維持管理装置やその他の患者につける装置をOFFにして、死んでからONにして、蘇生などの芝居をする。
(20)脳死と偽り臓器提供や売買
 遺族に脳死と偽り、臓器を取り出して密売し、遺体を遺族に返すことが行われている。家族がいない人が悪化勢力の病院に入院したら、必ず殺され、臓器密売される。
(21)Energy Weaponで殺す。

 病院は、密室が沢山あり、そこでEnergy Weaponで殺すことが多い。殺さなくても、脳を悪化させたり、廃人にすることがある。詳しくは次を参照。
超火薬兵器 Energy weapon blogs
http://sinkasyak.iza.ne.jp/blog/entry/2671238

 この種の本には、類書が多い。内外で類書が出版されている。医師で政治家の名を著者にした本が出され、政治家と政党が選挙で不利になってる。
 ナチは、『ユダヤ医師が患者を殺す21の方法』という本を欧米で出版していて、ユダヤ人が経営する病院を潰そうとしている。(続く、投稿)

医テロ Medical terrorism blogs
http://sinkasyak.iza.ne.jp/blog/entry/2707507

提言:
 脅迫された患者は、いつでも証言します。殺せと脅された医師が、マスコミに、脅迫のすべてを語ることを希望してます。連絡を下さい。紹介します。脅す時に、諜報機関の名を出したそうです。
 医テロや毒テロの実態は深刻。悪化勢力が推進。諸政党が黙認。無党派層は医テロや毒テロなどを国会で証人喚問を望んでいる。
 『医テロ』を紹介し、対策を述べるほうが多くの人が身を守るため役立つ本になる、発売すれば世界中でベストセラーになると言われ、一部のみ要約して紹介することにしました。全部を紹介すると、悪用の危険があるので、一部のみ要約して紹介します。報道関係のかたに全部を見せます。
 病院経営者に警告します。悪化勢力の医師、看護士、その他を雇うのをやめましょう! 特にMafiaは、医テロをして、宣伝してます。それで患者は敬遠し、病院経営が悪化します。潰れた病院が増えてます。
 Mail Newsには、安全な病院や危険な病院のリストが報道されてます。読み、安全な病院を選びましょう! 報道しましょう!病院に監視カメラを増やしましょう!
 盗聴盗撮の放送を解決し、試験問題の漏洩を防ぎ、医テロリストを増やさないようにしましょう! 医テロリストの名簿は知らされているので、資格を取り上げましょう!
 メディアを騙しに訪ねる医師・看護士・家族達もテロリストです。マスコミは、安全な病院と危険な病院を報道しましょう!
2000近くのBlogにAccessを!
http://sinkasyak.iza.ne.jp/blog/entry/2670619
Contact Us: enzaitaisaku5@excite.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。