春のお茶席

テーマ:

今日は友人二人を誘って、薄茶と濃茶をいただいてきました。

 

引っ越し以来、遊びに出かけるのは初めてです。3人が揃うのも1年ぶりなので、お茶席に伺う前にランチをし、積もる話をゆっくりいたしました。

 

娘のお友達がお茶の先生をされていて、以前にも2回伺ってお茶をいただいています。

 

この先生の点てられたお茶は、苦いものが苦手(コーヒーやゴーヤもダメ)な娘も「美味しい」と言うくらいまろやかで飲みやすいのです。

同じお茶を使っていても、点てる人が違うと味も香りも人それぞれに違うそうです。

 

友人の一人は、毎年お正月には炭をおこし、鉄瓶でお湯を沸かし、お茶を点ててふるまっているそうですが、こんなに美味しくは点てられないと言っていました。

 

濃茶は無言で、ひたすら亭主のお点前を拝見し、主菓子とお茶をいただきます。

 

主菓子は鶴屋吉信さんの、桜の花びらを散らせた「陽春譜」という銘の美しいお菓子です。

甘すぎず上品な口当たりです。

 

濃茶は回し飲みをするので、美味しくても一人で飲み切ってはいけません(笑)。

大体、三口くらいいただいて、隣の席に回します。

 

皆がひととおり飲み終わりましたら、その器を拝見させていただきます。

 

今日の器は、元首相の細川護熙氏作の黒楽茶碗です。

 

テカリも少なく、手に持つと土のぬくもりが感じられ、手び練りで作られた優しい形なので、すっと掌になじみます。

 

 器もお茶の味を応援しているのかもしれません。

 

濃茶は点てるのではなく「練る」というくらい、たくさんの抹茶が入れられます。

 

 「あんなに濃いものが飲めるのかしら」と思うくらいですが、お茶が初体験のもう一人の友人も「美味しかった」と帰り道で感想を聞かせてくれましたので、誘った私はほっといたしました。

 

 

濃茶のあと、引き続き薄茶を点てていただきました。 薄茶は一人づつの器で、それぞれ可愛い絵柄が楽しめます。 薄茶の前にいただくお菓子は干菓子で、今日のは、注文されてから造られるという沖縄の美味しい「ちんすこう」と「桜形すりこはく」でした。

 

 

 

 

薄茶の時は濃茶の時のような厳粛な雰囲気ではなく、ご亭主がお茶の世界の事やご自分がどうしてこの世界に入ったのかなど、オープンマインドで面白いエピソードをまじえながらいろいろ話してくださり、客の友人たちからの質問にも丁寧に説明していただき、楽しい時間があっという間に過ぎました。

 

ランチの和食も美味しかったですし、お茶の席も楽しかったし、道すがらの桜もきれいでしたし、今日は日本の良さを堪能出来た一日になりました。 亭主をしてくださった先生に感謝です。

 

AD

引っ越し その3

テーマ:

絵の資料や本、ウン十年分のノートで、娘の部屋はまだまだ整理が進んでいないようですが

(仕事優先ですからしかたありませんけれど)、私の部屋はあらかた片付いてきました。


陶芸作品は、全て目に触れる形で陳列出来れば言う事が無いのですが、

 

限られたスペースなので、一部だけ飾ることにいたしました。(一番下の段は、私のお気に入りのCDです)

 

あとは分類して段ボールに入れ、しっかりしたクローゼットの棚にきっちり納めています。


このクローゼットは、この住まいで唯一洋服かけではなく、適度な間隔で3センチの厚味の頑丈な棚が有り、

ユカから天井までの収容力抜群のものなので、本や陶芸のような重い物でも安心して置くことが出来ます。


陶芸作品はこれからどんどん日常に使って行ったり、さし上げたりしたら、壊れ物でもあるのですから、減っていくことはあっても、

増えることはもうありません。(作ることは10年くらい前にやめました)


本は出来る限り図書館を利用し、ひんぱんに手に取ったりするもの以外は置かないようにします。

布類なども、綺麗だからとか一目ぼれで買うのではなく、必用に応じて必用な分だけを、その都度買うことにし、ストックしないことにしました。


だいぶ以前、どなたかの作陶展に行ったとき、そのスペースをレイアウトされた男性が、「余計な物をいろいろ置くのではなく、出来るだけスッキリとさせる。要は何にも無い部屋が一番美しいです」と言ってらしたのを思い出します。

 

そのとき、お茶席の部屋や禅の静まり返った部屋が頭をよぎりましたが、「無理ムリ、それでは日常生活が出来ないじゃない・・・」と心の中で自己弁護していました。

 

やはり何かしら飾りたくなってしまいます。(私が木に描いた”月天”と小さな陶芸の仏様たち)


以前の住まいでは、押し入れや物入れから知らぬ間にはみ出した物が、生活空間をどんどん狭めていました。


娘からは、「趣味が多すぎなんだから~、特に、かさ張る箏や三弦なんか、弾かないんだったらサッサと処分したら?」

と、今は二胡に夢中の私に呆れ顔で言われていました。(確かに、箏2面、三弦3丁、それに付随するものがいろいろあっては、かさ張ってしょうが有りません。でもナカナカ断舎利出来ずにいました。


物との訣別は、それとの濃厚な関わりが有ればあるほど心に深く食い込んでいて、そう簡単にはいきません。

まして、嫌いになったわけでもなく、単に興味が別のモノに移ってしまっただけなのですから・・・。


でも、これって過去に引きずられて、今に生きていることにはならないのですね。


今回の引っ越しを機に中学校に寄付し、箏たちも再び活き返ることが出来るということで、ようやく心をオサメルことが出来ました。

 

写真や手紙などもそうですが、関心を寄せていない時は全く無いも同然なのに、今回の引っ越しのように整理していて目に触れると、懐かしさと愛おしさが蘇ってきたりするので、厄介です。

 

以前の事を懐かしんでいる間があるのだったら、この世界での人生をより充実させていくことに時間を当てていくことが大切だと最近よく思います。若い人に比べると、そんなにタップリと時間が有るわけでは無いのですから。

 

 

 

 

 

AD

引っ越し その2

テーマ:

1月の20日に娘がネットで物件を見つけ、次の日に見学に行き、気に入ったので、その日のうちに「預り金」という内金を納める超スピードの流れで始まった引っ越し騒ぎ。

 

不動産仲介業者のテーブルで、説明を受けたり必要書類にこまごまと沢山書き込み、1時間以上かかって手続きを済ませ、審査合格の知らせを受けたのが5日後の26日でした。

 

それから目まぐるしく引っ越し体制に入り、いくつかの引っ越し業者さんや産廃業者さんにも

見積もりを立てて頂き、本格的に動き始めました。

 

とはいえ、娘は仕事をしながらの引っ越し準備ですし、、私と言えば、この時期にまさか引っ越しするとは思いもよらず、確定申告のための領収書を整理しながら2か月かけてゆっくり帳簿に記入していけばいいと高をくくっていたものですから、大慌てです。

 

3月になると引っ越しシーズンになり、どの引っ越し業者さんも忙しく、2月中旬くらいにはすませて欲しいというところを、24日まで伸ばしてもらい、引っ越し日が決まりました。

 

新しい住まいに持っていくものと処分するものを判断していき、これまで大事に持っていたものも含めて、思い切っていろんなものを処分することにいたしました。

 

長年住み続け、あちこちにガタが来ていて、畳や襖も継ぎはぎのボロボロ状態なのに、お家賃はバブルの時にドンドン値上がりしたまま、生活を圧迫し続けていたのです。でも私たち母娘の引っ越しに対する消極的な思いは長年続いていました。

 

30年余り住み続けていたのは、地の利と言いますか、地下鉄の駅から5分のところにあり、図書館は2分、区役所や警察署、消防署もそれぞれ5分で、夜遅く帰ってきても治安は良く、それにもまして私の一番お気に入りなのが、商店街やスーパーマーケットが近くに充実しているということでした。

 

こんな便利なところから離れての生活がどうなるのか、高齢になった私には不安が先立ちます。

 

もう一つは、増えに増えてしまったモノたちです。

 

前回も書きましたが、みんなそれぞれ愛着あるものですから捨てるのに忍びなく思っていたところ、娘のお友達がスマホで写真を撮ったりしてお知り合いに連絡するなど、たくさん引き取り先を見つけてくださいました。

 

ただゴミとして捨てるのではなく、どなたかのお役に立てることが出来るのはモノたちへの罪の意識が軽くなり、ほっといたします。

 

なかなか処分が難しのが私たち母娘の作品群です。

 

だいぶ思い切りましたが、すぐに思いきれないものもたくさんあって、引っ越しの日までに荷造りを間に合わせるために、取り敢えず持ってきてしまったモノもいっぱいあります。

 

また、娘のお友達お二人が、何回も手伝いに来てくださり、そのご主人まで巻き込んで、いっぱいお世話になり、本当に助かりました。私たち母娘だけではこの引っ越しは成しえなかったでしょう。

 

こういう大変な状態を想像出来ていましたので、ずっと二の足を踏み、引っ越したいと思いながらも、ずるずる今に至っていたのですが、ネットでこの物件を見つけた時、二人ともとても興味をそそられ、実際に内覧をしてみて、ここに住みたいと思ってしまうくらい気に入ってしまったのです。

 

今回不安に思っていた地の利は、引っ越し先が同じ区内なので、ほとんど条件は変わることなく、今までどおり暮らしていけますし、いつもの公園の散歩にも行くことが出来ます。

 

必死に荷造りを間に合わせ、無事、今の住居に引っ越しをして、確定申告もギリギリ間に合わせることが出来、現在少しづつ日常生活が出来るようになってきました。

 

どうしても必要なこと以外は全て目をつぶって、ひたすらモノを収めていく毎日です。

まだまだ息を切らす日々が続いていますが、優先順位を心がけ、少しづつ整えていこうと思っています。

 

 

1か月お休みさせていただいていた絵の教室を3月から始めるので、取り敢えず教室にあてるリビングだけでもスッキリさせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD