シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!

晴れた日はバイク 雨の日は読書 夕暮れにギター 日曜日は子供と


テーマ:



登山する人には有名なカシミール。

無料のソフトウェアなのにとても多機能。

これを使って地図を作る。

市販の地図を使っても良いけど、例えば登山用で一般的な「山と高原地図」シリーズだと、縮尺がかなり小さいから、地図から地形や登山道の細部を読み取るのが難しい。

逆に、広範囲を一度に見れるのと、ルートの所要時間が書かれているので、山歩きの計画を立てるには便利。

でも、絶対迷いようが無い様な有名な山のメジャーなルートなら良いんだけど、そうじゃない場合はもっと詳細が分かる地図を持っていたい。

そんな訳で、カシミールを使って必要な地図を作る。

自分の覚書的な意味もあって、手順を書いておきます。



カシミール

http://www.kashmir3d.com/


フリーのソフトウェアだけど、正直慣れないと何をどうすれば良いのかサッパリ分からない。

解説本も売ってるけど、せっかくフリーのソフトなので買うのもちょっと・・・

でも使い方が良く分からないから、登山用の地図を作る事も出来ない。

そんな時に、とあるサイトでカシミールを使って地図をプリントする手順が書いてあった。

それを参考にして、何とか僕も作ることが出来た。

参考サイト

単独行 http://green2.net/yama/index.html

(山の知識 の項目の中の、「カシミール3Dで地形図を作ろう」を参考にしました )


ただ、いくつかつまづいた点があるので追記。




まず、ダウンロードのページから 「カシミール3D スターターキット」 をダウンロードする。

ダウンロードのページ

http://www.kashmir3d.com/kash/kashget.html



次に、同じくダウンロードのページから 「地図画像プラグイン」 をダウンロードする。

地図画像プラグインを使う事で国土地理院の地図データを使う事が出来て、地形図が作りやすくなる。

参考サイトの解説に有る、色分け作業を省略出来る。



手順

カシミール3D スターターキットをダウンロードする。

地図画像プラグインをダウンロードする。

カシミール3Dをインストールする。

地図画像プラグインをインストールする。

カシミール3Dを起動し、右横に表示される「ウォッちず 電子国土」をクリックする。

これで国土地理院のウォッちずをカシミールで表示させられる。

次に、登山地図に必要な補助線を入れる。

磁北線、緯度経度の表示の仕方は、参考サイトに画像付きで詳しく書かれてるので、そちらを参照してください。

個人のサイトでも記事の丸写しはパクリになるので、ここでは書きません。


http://green2.net/yama/kn/map/index.html



印刷方法も、おおむね参考サイトの手順で大丈夫ですが、僕はちょっと悩みました。

気をつけたいのは、印刷する時に画面に表示される縮尺を「4500」にしておく事。

4500にすると、画面上では収まりきらないのですが、印刷の設定で「1頁に入るように範囲を拡大・縮小する」にしていればA4用紙に収まるはず。

もし画面の表示を4500にせずに印刷をすると、地図はきちんと印刷されるのですが、等高線がつぶれて読み取れなくなる(詳細を鮮明に印刷しない)。

ルート全体を1:25000の縮尺で印刷して全体を把握し、ルートが不明瞭そうな所は1:10000で詳細な地形を読み取れるようにしておくと便利。



僕の場合、参考先のサイトの手順とは若干異なるけど、印刷の手順は

「編集」のメニューの中の「選択範囲を決める」をクリック。

地図上で右クリックしたままマウスをズラし、適当に選択範囲を決める(赤色の四角い枠/後で変更されるので範囲も地図縮尺も本当に適当で良い)。

「ファイル」のメニュー内から、「印刷」→「選択範囲を印刷」をクリック。

開いた印刷メニュー内の緯線経線のタブで「印刷する」をチェック。

印刷全般のタブをクリックし、「縮尺を指定して印刷」にチェック。

縮尺1:10000または1:25000にチェック。

「1頁に入るように範囲を拡大・縮小する」にチェック。

「OK」をクリック。

印刷プレビュー画面が出たら、印刷をキャンセルする。

地図表示画面の戻ったら、選択範囲全体が見えるまで縮尺を変更。

選択範囲の赤い枠の中をクリックして、印刷する範囲を決める(赤枠のサイズはA4に印刷するサイズなので変更してはいけない)。

地図表示の縮尺を4500にする。

印刷の手順を繰り返し、プレビューで問題なければ印刷する。


コツは、プリンターの設定でプレビューを有効にしておくこと、A4で印刷できる選択範囲を変えない(プレビュー後の赤枠サイズ)、画面に表示される地図の縮尺を4500にする事。

1度印刷をキャンセルする事で、A4で印刷できる範囲が自動的に作られるので、それを利用して印刷する範囲を決めるって事です。


分からなかったり、つまづいたりする点も有るかと思いますが、なんせタダなので何とかして下さい。


僕も印刷したA4用紙を100円ショップで買ったジップ付きのビニールに入れて携帯してます。

便利です。

国土地理院の地図には、メジャーな登山道以外は書かれていないので注意(例えば、雨乞岳から北へ向かうイブネ、クラシのルートは表示されない)。

山と高原地図と併用すると便利です。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ことけけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。