自分らしい海外ビジネスを現実化する英会話&ビジネスコンサル

世界中の好きな場所に滞在しながら仕事をして、お金の不安を感じることなく、好きなことを思いっきり楽しめる人生を自分で創造してみませんか?

NEW !
テーマ:

 

こんばんは。

 

英語と海外ビジネスのスペシャリストの洋美です。

 

 

 

英語を勉強していて
つまづいていしまう所、
どうしても分からない所・・・ってありますよね。


生徒さんによって得意不得意がありますが、

大体つまづいてしまう場所って
日本語にはない観点の所が多いです。



例えば、
現在完了形とか
関係代名詞とか
冠詞とか…



うーん、もうこの漢字を見ただけで
難しそう!って感じがしますよね(苦笑)



ちなみに私もレッスンで共通言語としてこんな文法用語を
使うことはありますが、


基本的には
「こんな言葉覚えなくて良いです!」
 

と断言しています(笑)




関係代名詞とか一生懸命
文法書を読んで勉強しなくても



英語に対する接し方を変えて
「英語の感覚」を身につけちゃえば勝手に使えるようになるのですから。



そして、上に書いたもの以外で
生徒さんが苦労されるものの1つが


前置詞


あなたはいかがですか?



日本語の「てにをは」みたいなものと
思おうとしたとしても


どこでどの前置詞を使えば良いのか
分からない〜!!

と叫びたくなったこと、あるのではないでしょうか?



さらに!

動詞に前置詞がくっつくと
これまたイディオムになって全然意味が変わってきます。


例えば、give という単語を使った
イディオムちゃんたちを挙げると


⑴ Don't give up!
⑵ I had to give in.
⑶ She was giving away her clothes.
⑷ The announcer gave out the latest news on elections.


これ、全部違う意味になります!
(答えはこのブログの最後に書いています♪)



その数、無限大…



この意味の違いを1つずつ覚えようと思ったら
もうそれだけで気が遠くなりそうですよね。


どれだけ暗記力がいるの!と思ってしまいます。


そしてその暗記力に頼って勉強したきたのが今までのやり方。



でも!実はそんなに暗記しなくても良いんです。



「英語の感覚」さえ身につけてしまえば…


どういうことか?というと
英単語を見たときに

give = 与える

という風に日本語訳で覚えようとするのではなく


give のイメージを覚えていくのです。




日本語訳じゃなくてイメージなので、そのgive が

give up と使われても
give in と使われても

give awayとか give out とか言われても


意味が分かるという訳です。



ちなみに前置詞にもイメージを当てはめていきます。

up にも in にも
away にも out にも…


そうすることで、この前置詞を
使うときに、一体どこで使えばいいのか?が分かり


他の動詞とくっついて
熟語になってしまっても

どんな意味なのか分かるのです。



今までの習得法からは
想像がつかないかもしれませんが、

これって視点を変えて
英語に対する接し方を変えていくだけ
できてしまうことなんです!



もう前置詞に悩まされることなく
熟語をいちいち覚えなくていいのだとしたら、

 

あなたの暗記力は別の新しい単語を覚えることに
使っていけそうですよね♪


そんな
「英語の感覚」が身につくトレーニング法をこちらでお伝えしています。

 

 

<例文の日本語訳>

⑴ 諦めないで!
⑵ 降参するしかなかったのよ。
⑶ 彼女は服を処分していたわ。
⑷ アナウンサーが選挙の最新ニュースを報道した。

 

 

 

英語ができたら自信になるのではなく
英語をするから自信になる

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

 

英語と海外ビジネスのスペシャリストの洋美です。

 

 

 

一般的に「音読」をすると英語力がつく

 

と言われています。

 

 

音読とは、声に出して英語を読んでみること。

 

 

 

そうすれば、英語をただ見て読むよりも

自分で話すのでスピーキングの練習にもなるし

自分が読んだ英語が聞こえるのでリスニングの練習にもなる

 

 

正に一石三鳥!なのだとか。

 

 

 

確かにそう聞くと「なるほど〜!じゃあ音読やってみよう♪」

 

と思いますよね?

 

 

 

実際、私も大事な英文レターなどを送る時には

書いた後、必ず音読をしてチェックしています。

 

 

 

でも、「音読」をすると英語力がつくのは

実は英語中級者以上の方だけなんです!

 

 

英語に自信のない初心者の方にはオススメしません。

 

 

 

 

オススメしない理由は2つ。

 

 

1つ目の理由は…

 

 

 英語を読み上げているだけだから

 

 

英語を静かに読んでいる時は、「これってどんな意味なんだろう?」と

考えながら読むことができますよね。

 

でも、音読をしようとすると、英語を見て発音するだけで

いっぱいいっぱいになってしまって、英文自体を理解する余裕がなくなってしまいます。

 

 

これでは、英会話スクールなどで

 

Repeat after me. 

後に続いて

 

と発音の練習をしているのと全く同じ。

 

 

「音読」ってただ声に出して英語を読むワケではありません。

 

 

英文を声に出して読みながら、その意味を同時に理解していくのが

本当の音読。

 

 

なので、それがまだできない英語初心者の方は、音読をするよりも

しっかり英語を黙読した方が、英語の意味が分かるようになるのです。

 

 

 

 

2つ目の理由は…

 

 

 間違った英語の発音を覚えてしまうから

 

 

発音の土台がきちんとできていない状態で、声に出して

読んでいると、間違った発音をどんどん脳に記憶させてしまいます。

 

 

これでは間違った漢字をそのまま書き続けているようなもの。

 

 

 

そうすると、その英語をネイティブが話した時には聞き取れないし

自分では合っていると思って話しても、相手には通じません。

 

 

折角、音読しても、意味がないどころか逆効果になってしまうのです!

 

 

 

これでは、意味がないですよね?

 

 

 

じゃあ、初心者が英語力を早く上げるにはどうしたらいいの?と言うことを

こちらで詳しくご説明しています。

 

 

 

英語ができたら自信になるのではなく
英語をするから自信になる

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

 

英語と海外ビジネスのスペシャリストの洋美です。

 

 

 

ここ数日は「英語の感覚」が必要なお話をしてきました。


じゃあ、あなたが英語の感覚を身につけたらどうなれるのか?
ということについて、今日はお話ししますね♪



例えば、こんなシーンを想像してみてください。


あなたに外国人のお友達ができたとします。


その人が自分のパートナー
(彼氏か旦那さん)を紹介してくれました。



優しそうでステキな人だなあ♪と思ったあなた。



彼良い人ね

と言いたかったら英語で何と言うでしょう?



「彼良い人ね」を英語に訳すと…

He is nice.

だから

He is nice!

と思われたかもしれませんね。



何を聞いてくれるの?
いくら私でも「彼良い人ね」くらい訳せるわよ!って思いますよね?


日本語からもきちんと訳せたし
文法も合ってるしカンペキ!と
自信を持って答えられるのではないでしょうか。


でも実は、このシーンで
He is nice. を使うと変な誤解を招いてしまうんです!



えっ?どうして?

He is nice って
「彼良い人ね」っていう意味じゃないの?


と思うかもしれません。



確かに日本語に「訳そう」とすると「彼良い人ね」になりますね。



でもだからと言って、
「彼良い人ね」と言える時にいつでも

He is nice が使えるとは限らないんです。



これって、文法を勉強しているだけでは
絶対に身につかないこと。


だって文法的には全然間違っていないのですから。


でも確実にこの状況で He is nice. を使うと、

こんな返事がネイティブからは返ってきます。


Do you know him?
彼と知り合い?

って。




ドラマにありがちな関係を
怪しまれるシーンになる可能性も…(苦笑)


そのあと、一生懸命弁解すればするほど
さらに怪しまれることにもなりかねません。


じゃあ、こんな状況で
何と言えば良いのか?というと…


He looks nice. 

と言った方が良いんですよね。


どちらも日本語で訳すと
「彼良い人ね」と訳されがち。


でも英語では

He is nice. と
He looks nice. は

確実にニュアンスも使う場面も違うんです。



それをいつどういう状況でどっちを使えば良いのか?が
分かるようになるのが「英語の感覚」
なんですよね。



なので「英語の感覚」が分かれば
英語のニュアンスまで分かった上で

その状況にピッタリな表現で話せるようになるのです!

 

 

 

この英語の感覚が身につく方法をこちらで詳しくご説明しています。

 

 

自分らしく英語を話したい方は・・・

           ⇩  ⇩  ⇩

 

自分らしく英語を話したい方は・・・

⇩  ⇩  ⇩

 

気づいたら英語を喋ってた! 自然な英語が話せる英語感覚トレーニング

 

 

 

英語ができたら自信になるのではなく
英語をするから自信になる

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)