昨日はお母さんの誕生日でした。

なので、ささやかながら小さなケーキを2つ買って1つだけ食べた。

お母さんの誕生日前日がライブだったので、リハーサルに向かいながら、お母さんとの誕生日の想い出を浮かべていたら、そういえばこんな事があったなぁ…って想い出が浮かんで、涙が出てきて、ボロボロ泣きながらリハーサルに向かった。

本番でそんな想い出話をしてから、今日はお母さんの為に歌わせて下さいと前置きをして「櫻の花」とタイトルコールをしたら、みんなが拍手してくれた。

まだ歌う前で、タイトルコールしただけなのに、全員が鳴らしてくれた拍手の音がお母さんをお祝いしてくれているような気がして、愛おしくて胸がいっぱいになった。

一緒にお祝いしてくれてありがとね。

おかげでとても穏やかな気持ちで歌えましたキラキラ

このライブの2日前に年内最後のバンドライブを渋谷QUATTOROで終えて、私を1から成長させてくれたバンドのサポートメンバーと笑ったり、歌ったり、幸せな時間を過ごしました。

残念ながらギターのQ太君とは会えなかったけど、この人達がいなかったら今の私はいないと断言できる。

それくらい愛おしくて、家族のような大切な存在だから、もっと深く通じ合えるような歌が歌えるように成長して、そしてもっと大きなステージに立つ事で恩返ししたい。

{11416017-106C-465E-AB57-BA3D7A2B69E3}

今年も私を支え、成長させてくれてありがとう!

バンマスのHIROTOMOさん、あなたは私を見つけてくれた恩人で、そして大好きなお兄ちゃんのような存在です。

どんな事も、HIROTOMOさんに相談すれば大丈夫。HIROTOMOさんがいたら大丈夫。と思わせてくれる頼りになるバンマスがいるからいつも頑張れています。

あの日あの時声をかけてくれてありがとう!
必ずあの一瞬は運命だったんだと言える未来に辿り着いてみせますので、これからもずっと私の頼れるバンマスでいて下さい!
よろしくお願いします!

笑顔の源、憲治さん。
憲治さんのくだらない冗談も、笑い声も、ほんわかした空気も、会う度に「あぁ、これこれ」と嬉しい気持ちになります 笑

心の底まで優しい憲治さんを信頼して信用してるからこそ、色んな人の演奏で歌う事が増えてきた今、憲治さんの音で歌っている時の自分がいかにリラックスしているか実感します。

みんなに愛されている憲治さん。
きっと忙しいと思うけど、でも私もたくさん憲治さんの音で歌いたいので、来年もどうぞ宜しくお願いします!

2017年、急ピッチでお世話になりまくった福田さん。
これまた憲治さん以上にふざけているように見えるけど(笑)でもとっても真面目で、そして的確に欲しい言葉をくれる福田さんをとっても頼りにしています。

私がどんな風に歌いたいのか理解しようと弾いてくれているのが演奏から伝わってくる。
もしかしたら当たり前の事なのかもしれないけど、でもその気持ちや裏側にあるプロのサポート精神が演奏からちゃんと伝わってくる事に嬉しさを感じています。

もっともっとご一緒して、歌とギターで会話をしていきたいです!
来年もよろしくお願いします!!

そして、1年を通してきっと1番長い時間を過ごしたであろうJITTAさん。

ドラムユニットとして遠征にも何度もご一緒したし、リズムレッスンやバンド、アコースティックにも、私の楽曲にリズムが入る時は必ずJITTAさんが傍にいてくれました。

私はJITTAさんの一緒に歌ってくれているドラムが好きで、絵の具が弾けたり滲んだり、まるで絵を描いているようなアートな音が好きです。
誰よりも歌に寄り添って、その上で自分がチョイスした音に自信と誇りを持って演奏する姿勢も尊敬しています。

私があなたの音を見失わないように、寄り添ったり引っ張ったりしながら演奏してくれる事に、いつも幸せを感じています。本当にありがとう!

来年もまた、自慢のサポートドラマーとして、私と一緒にステージで歌って下さい!
宜しくお願いします!

そしてバンドのライブ、ソロのライブと、立て続けに尊敬する大好きな仲間と一緒にステージに立てたおかげで、反省点がたくさん見えたし、私の原動力「悔しい」が目一杯山盛りてんこ盛りだった 笑

{862AC66B-9A40-49F0-ABB6-AAF0C5C96F07}

MUSIQUAの沙弥香さんと、GLASS TOPの佳さん。

この2人が好き。人間も好きだけど、歌が人柄を表していて真っ直ぐでとにかく大好き。

沙弥香さんの歌は、透き通った夜に月を見上げているような気持ちになる。

満月だったり、時には三日月だったり、美しくて儚くて…
そんな歌を聴いていると、自分の心も穏やかで、少しだけ切なくて、とっても優しい気持ちになれるから、沙弥香さんの歌が好き。

佳さんの歌は、一番星みたい。
立ち振る舞いも「スターだな」と心から思うし、人を惹きつけるカリスマ性ってこういう事なのかと思わされる世界がある。

でも最近分かった事は、佳さんがソロで歌ってる時は、一つだけ強烈に光って目が離せなくて、どこにいても見つけられる、そんな一番星な歌だけど、GLASS TOPで歌ってる時は憲治さんのサウンドと2人の音楽が混じって弾けて降り注ぐような、なんか流星群みたいだなって思った。

そんな素敵な2人とも今年はいっぱいご一緒した。

だから、悔しいなと思うことがいっぱいあった。

私はなんだろう。私の歌はどういう歌だろうって自分と向き合う機会もたくさんあった。

私も一緒に並んでステージに立った時に、私らしくパワーを届けられる歌い手でいたいなぁと改めて思いましたキラキラ

いつか太陽のようになれたらいいなぁ照れラブラブ

ライブでステージに立つと、みんなが愛おしくて、もっと届けたくて、近くで重なりたくて、いつもギリギリまで前に出てしまう。

{683B37A8-F17E-460A-98F4-06D5B9B0E164}

それでも足りなくてもどかしいこの離れている距離は、きっと歌が埋めてくれるはずだから、もっとたくさんの想いを、もっとたくさんの歌に込めて、もっともっとたくさん、みんなと重なっていきたい。

今年のライブは残すところあと1回。

12月30日にMUSIQUAの沙弥香さんとツーマンライブをして歌い納めです。

櫻×MUSIQUA 年納めツーマン企画

「あの鐘を鳴らす女たち」

@高田馬場Live Cafe mono
http://live-mono.com/takadanobaba/
〒169-0075 東京都 新宿区 高田馬場 2-18-6 柳屋ビルB1
開場18:00
開演18:30
<料金>¥2800(D別)

出演

石橋 沙弥香(MUSIQUA)



いろーーーんな事があった2017年。

もう二度と来ない2017年。

そんな年の終わりに、みんなは誰といるのかな。

みんなどこにいるのかな。

それが、私と一緒だったらいいな。

私はみんなに会いたいですキラキラ

待ってるね!

{93C81B76-0F8C-4ED1-B338-5CDE6FD854C4}