イスラム教、ムスリムと聞いて

どんなことが頭に浮かびますか?

 

そしてどんなことをご存知でしょうか?   

 

お祈りをするのはモスク 

ハラール料理を食べる

女性はスカーフを被らないといけない

ラマダン(断食月)がある

メッカに巡礼する    

 

などなど。。。 

 

なんとなく知っていることもある

と思いますが特に日本人にとって

は知らないことが多いと思います。 

 

 

 

 

シンガポールの人種構成は

 

中華系    75%

マレー系  15%

インド系    8%

その他

 

ですが

 

4分の3を占める中華系文化が色濃く

少数派であるイスラム教徒の

マレー系、インド系の方についての理解は

まだまだ低いのが現実ではないでしょうか。

 

直近ではもうすぐ断食が始まります。

イスラム教では断食月がありますが

今年は5月26日前後の日没後から始まり

その後約30日間の断食が続きます。

 

宗教や異文化だけではなく

日常の何ごとにも通じることですが

理解をしていない、知らないばかりに 

勝手なイメージ、想像、決めつけて  

ジャッジしていることは多々あります。  

 

イスラームの日常を知ることはもちろん 

まずは興味を持つ、聞いてみる、知ることから

相互理解が始まることも目指しています。 

 

難しいお話しは一切ありません。

面白おかしくて、オモシロ困ってしまう

楽しいイスラームの日常について  

 

私の友人であり 

イスラム教徒のご主人と

ご結婚されて以来約19年

ご本人も日本人イスラム教徒である 

カーン恵理子さんにお話をして頂きます。

 

時間さえご都合つけば

世界のどこからでも参加可能です。 

ご参加お待ちしております! 

 

----------------------------------------

カーン恵理子さんのプロフィールはこちら!

http://crossbridge-project.com/about-crossbridge

 

Crossbridge代表、食のバリアフリー推進協議会代表。 

ムスリム対応のコンサルと実践の総合支援。

『食から始める地域活性。食から始める多文化共生』

をコンセプトに、食のバリアフリーを広める活動もされています。

また、長年、女性起業家のプロデュースも。

----------------------------------------

 

開催日時  2017年05月16日(火曜日)

       <  日  本  時 間>  10:30-12:00

        <シンガポール時間> 09:30-11:00

開催場所    オンライン/Skypeにて

参加費    1500円 

 

お申込み、お支払いはこちらより

     

参加募集  5名

 

---------------------------------------

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

AD

昨日に続きもう1つ

講演会参加レポートです。  

 

先日の日曜日 4月23日   
シンガポールに住む日本人向けに
原辰徳さんの講演会がありました。

 

原辰徳氏 

『東海大学と私の野球半生』

東海大学同窓会シンガポール支部主催 

 

 

シンガポール国立大学ホールで行われ
ましたが在シンガポール日本国大使も
ご挨拶にいらしており
そうそうたるセッティングでした。 

私はジャイアンツファンでもなく  
野球が好きなわけでもなく  
原さんのファンでもないのですが 

私も学生時代に競技者として  
スポーツに打ち込んだので
(陸上部で中長距離の選手でした)  

一流のプロスポーツマンと

レベルは全く違っても
スポーツマンとしての心意気を
聞けるのではないかという想いが
あって講演会の開催を知った時に
すぐに申し込みをしました。 

 

講演内容は期待以上のものでした。   

全般的には原さんの野球人生の

お話でしたが、どんな人にも通じる
人生哲学のお話でした。 

とにかく印象に残ったのは
周囲の人を魅き込むこの話術は
どこで習得されたのだろう?! 
というぐらいお話が   
とても上手で楽しかったです。     

スポーツ選手というよりは芸能人か
スポーツであればどちらかというと

野球よりもサッカー選手のような

スポーツの能力にも長けていて
且つタレント的、スター的能力も光っている。
そんな印象を受けました。     

ただよくよくお話を聞いていくと 
見えてくるのは原さんの人柄、信念。

内面から溢れる人間性や
彼の野球に対する情熱を強く感じました。       





お父さんが東海大学相模高校の
野球監督で、親子で野球人生を歩む
お話がたくさんあったのですが

監督ー選手でありながら父ー息子である
お父さんもご本人も葛藤を抱えつつ

お父さんの厳しいけれど愛情を感じていた

という秘話はグッとくる熱いものを感じました。

たくさんお話の中で印象に残ったこと。 

プロになるかどうか
一流かどうかは関係ない。 

ご本人は本当に野球が大好きで
小学校2年生の時にプロ野球選手に
なりたいという木を自分の心の中に
植えたという表現をされていましたが 

一流をめざすぐらい夢中になったかどうか。

ほんとうに自分のやりたい
ことに力を注いだかどうか。 

 

何かをする時そのプロセスでは

うまくなることは目的ではないと

思うのですが夢中になってできる

ことは結果的にうまくなるのだと思います。


スター的存在で
タレントのようなイメージで 

なんとなく感じるイメージから

勝手に判断してしまいがちですが 
その向こうに見えたのは

ひたむきな努力と情熱あってこそ

を感じたとても温かい内容でした。      

 

そうそう。

原さんは海外は野球大国しか

行ったことがないので

シンガポールは初めてですと

いちばん最初にお話されました。    

もう日本に戻られたと思いますが

シンガポールで野球は確かに

人気のないスポーツですが   
シンガポールのいろいろな表情を    

感じて帰られたかなぁ

などと思った講演会でした。    


 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

AD

昨日はセミナー開催レポート
について綴りましたが

先週はそれ以外にも参加者として

2つのイベントに参加しました。 


女性戦闘機パイロットによるお話し。   
原辰徳さんの講演会。 

と貴重な方からのお話を

聞く機会が2度ありました。  
  
どちらも印象に残るお話だったので
当ブログでもシェアしたいと思います。 



まずシンガポールの

ローカルコミュニティ向けに

開催されたシンガポール初
そして唯一シンガポール空軍の
女性戦闘機パイロットである 
MAJ Nah Jinping さんの
トークイベントに参加しました。

 

お名前の前につく MAJはMajorの意味で

軍隊では名前の前に地位を表します。

日本では少佐と同等にあたります。

"Girl to Fighter pilot"
というテーマで彼女の学生時代から
戦闘機パイロットになるまでのお話。  

 

ところで。 

彼女が操縦する戦闘機は

F-15SGという機体です。 

 

こちら

【Photo credit to Raymond/MAphotoSG.com

 

 

今回の写真提供は軍事航空写真家であり

The Military Aviation Photography Singapore (MAphotoSG)

で 軍事航空写真を撮影するグループとしての活動もされ  

友人でもあるシンガポール人のRaymond Leeさんに

ご提供、強力なサポートを頂き Nah Jinpingさんが

操縦している写真 (2016年撮影) を提供して頂きました。   

とても貴重な写真で、迫力ある写真の方もぜひお楽しみください。 

 

 

【Photo credit to Raymond/MAphotoSG.com

 


身体力も精神力も最高のパフォーマンス

を要求される戦闘機パイロットであるだけ

でなく彼女は頭脳明晰、学歴もエリートで       
SAF(Singapore Armed Forces:シンガポール国軍)
の奨学制度によってノッティンガム大学

そしてミシガン大学大学院で機械工学を専攻。 

その後戦闘機パイロットになる訓練を
オーストラリア、アメリカで受けた後
F-15SG戦闘機のパイロットになって3年。 

女性として軍という男性中心社会

で働く厳しさ、大変さの他に   
おもしろい苦労秘話も
シェアしてくださいました。   

 

印象に残ったお話をいくつか。 

 

【Photo credit to Raymond/MAphotoSG.com

 

 

■制服でもあるパイロットが着用するジャンプスーツのこと 


パイロットが着用する

ジャンプスーツは世界でも
男性用にのみデザインされており
唯一アメリカでは女性パイロット用
にデザインされたスーツがあるそう
ですがシンガポールにはないとのこと。 

そこで困るのがジャンプスーツを
着たままお手洗いで用を足す大変さを
面白おかしく話してくださいました。  

シンガポール内での短時間飛行
(通常、飛行時間は1時間位)    
であれば問題はないそうですが

ダーウィン(オーストラリア)
まで4時間半飛行する時には  
トイレに行かなくてもいいように
給水はできるだけ少なく 
水を60mlしか飲まないそうです!   

それでも飛行前後の時間も合わせる
と1度はトイレに行きたい、、、。    

カプセルに入るような
デザインになっている戦闘機には

トイレはもちろんありません。 

男性の場合はジャンプスーツの
ファスナーを下げて専用の
簡易トイレに用を足すそうですが 
女性の場合は、、、。   

国防の第一線で活躍する
一流パイロットの秘話ですし
女性ですので彼女のプライドの
ためにも詳しい部分はご想像に
お任せしてここでは

伏せておくことにします。  

 

 

【Photo credit to Raymond/MAphotoSG.com



■戦闘機のG-force(重力加速度)のこと

戦闘機のGは最大9G とのこと。    
飛行機の離陸時に機体が加速した時
身体が後ろへ引っ張られるように
なりますが旅客機では離陸時  
最大でも1.3G程度だそうです。 

戦闘機の操縦技術に関して
男女差はほぼないとのことでしたが 
耐Gへの身体能力は男性の方が高い
のは当然のこと。それについては気力で
乗り切るとお話ししていたのが印象的でした。

英語では Mind over body と表現。 

 

 


【Photo credit to Raymond/MAphotoSG.com

 

 

■ミッション遂行に関して 

 

戦闘機はミサイルを搭載しており

通常の飛行訓練では有事や戦闘を

想定しての訓練飛行になる訳ですが 

機体の操縦は緊張しないけれど

その都度与えられたミッションを

遂行することには毎回緊張感が

あるとのことでした。

 


質問タイムでは
次々と質問が絶えることなく
いろいろな質問が出ていましたが
映画のシーンのような緊急事態を
経験したことがありますか? 
という愉快な質問も。 

極めて安全で緊急事態は経験した
ことがないとのお答えでした。
さすが!  

 

 

こちらのyoutube動画は

2016年の国際女性の日に女性が社会で活躍する特集で

彼女について放送された内容です (CNA)   

 

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村  

AD

先週まで度々ご案内しておりました

シンガポールをもっと深く知るセミナー  

【人はなぜシンガポールに魅かれるのか?】

4月22日土曜日に開催し
おかげさまで無事終了いたしました。

 

 

簡単に開催レポートいたします。

 

 

 

 

今まで試行錯誤しながら
シンガポールのことをより知るための

情報発信を主にやってきましたが 

 

【人はなぜシンガポールに魅かれるのか?】
というテーマで話をするのは
初めての試みでしたので
ドキドキしておりましたが
参加して頂いたみなさんのおかげで
終始和やかな雰囲気で進んだことが
何よりも温かく感じました。

 

私からのトークだけよりも 
みなさんが感じたことを
シェアして頂くことが
より有意義になると思い 

 

前半1時間を私からの話し 
後半1時間を交流ディスカッション
という形にしました。 

 

もしディスカッションが
進まなかったらどうしよう?
ということも考えて
いくつか、こちらからの質問
を用意していましたが
そんな心配は全く不要でした。    

 

参加して頂いた方が質問を含めて
どんどんお話を引き出して下さったので
私にとっても多くの発見がありました。 

 

 

 

プロジェクタスクリーンは

秘密にするほど特別な内容では

ありませんがマル秘ですマル秘てへぺろ 

 

参加者の方もお写真はNGの方が

いらっしゃいましたので非公開です。  

 

 

頂いた感想をいくつかシェアいたします。

 

 

印象に残った点があれば教えてください

・全般的に興味深かったです。
・めぐみさんのシンガポールに対する熱い気持ちを受け取りました。
・シンガポール国軍ボランティアの話が印象に残りました。
・中澤さんのシンガポールへの愛を感じ、すがすがしかったです。
・受け入れる事と受け止める事の違いの観点が非常に面白かったです。
・めぐみさんが言葉を丁寧に話している感じが印象的でした。
・シンガポール国軍ボランティアについて知らない事ばかりでしたし
 この事からシンガポールを見ることができて良かったです。
・ビデオを見た時胸が締め付けられました。
(これはシンガポールからオフィシャルで出している軍の動画をシェアしたものです)

 

 


改善する点、もっと期待していた内容などを教えてください

・オフィシャルなデータがもっと見たかった。 
・子育てについてもお聞きしたい。
・中華系シンガポール人の特徴、違いに興味を持ちました。詳しく聞きたかったです。
・日常生活の何気ない話し、価値観を聞いてみたかったです。
・子供たちの夢や日々の過ごし方について聞きたい。
・シンガポール人と一緒に働いていく時に意識してあげた方がよいこと。   
・"あり方"の部分がどういう"あり方"なのかをもう少し詳しく説明頂くと分かりやすい
  と思いました。
・日常でのリアルな体験を色々な視点で話されたらより面白くなるのではと思います。

 

 

参加して下さった方以上に

自分にとっての学びになった

のは言うまでもありません。 

 

頂いた貴重なご意見を元に 
今後よりよい内容に改良し

次回へつなげてまいります。 

 

ご参加下さった方

そして記事を読んで下さった方 

どうもありがとうございます。   

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

今年からシンガポール国内で
運用開始になったばかりの
自転車のシェアリングシステム。 

 

3月には新たな1社が参入して
サービスを開始したことから
今シンガポールの郊外を中心に
自転車シェアリングが
急速に広がっています。

 

自転車シェアリングの運用は
車に依存しない国づくり、
排気ガスを減らす国としての
取組みの一環でもあります。      
それについての関連記事はこちら。 


3連休にシェアバイクを
さっそく使ってみました。  
 

現在サービスを提供しているのは3社。  

3社ともに中国の企業です。 

 

Mobike 
oBike 
ofo  

 

Mobike は赤が目印 

oBike は黄色とシルバー
ofo は黄色い自転車

 

 

 

 

 

どの会社もアプリをインストールして使います。 

 

 

あちこちで見かけると
すぐに見慣れるので  
ぱっと見てすぐに分かります。 

 

Mobike と oBikeは   
最初の登録にデポジットとして
$49 を支払って利用するのですが 
ofo は試験期間中ということで 
無料で使えます。
近いうちに有料になるでしょう。

 

試しに使ってみたのは無料のofo 

 

 

 

 

 

ハンドルとシート部分についている

自転車の番号を入力して

電話番号に送られてくる

ワンタイムパスワードを入力すると

鍵の番号が送られてくるので

ナンバーロックを解錠して利用します。  

 

シェアリング用で短距離を

移動するには充分の乗り心地。

右ハンドルにはギアもついていて快適でした。

 

 

どこで乗り捨てても大丈夫。

駅、ショッピングモールの自転車置き場や

HDB階下にある自転車置き場に置いて

アプリの Trip End を押して利用を終了。 

 

ofo はトライアル期間ということで $0の表示が出ました。

 

  

 

3社のうち ofo だけはアプリに

自転車がどこにあるか分かる地図機能がなく   

他の2社は 地図と自転車に搭載されたGPSで

使える自転車がどこにあるか

分かる仕組みになっています。 

 

 

地図があったほうが分かりやすい

のでは? と思ったものの

地図のないofoバイクを使いましたが

駅前、HDB階下など自転車が置いて

あるところではすぐに見つかるので

不便には感じず、地図を追うよりも

目視で探した方が

早いのではと感じました。  

 

人通りが少ないエリア、リモートエリア

では地図があると便利なのでしょう。  

 

とてもよいシステムで

今後急速に広がっていくと思いますが

残念なことに、常識を外れた使い方を

する人も中にはいて、道端に置き去り

にするとか、ひどいのはサドル、タイヤ

を引っこ抜いて盗んでしまうといった

ニュースも早速でてきており 

利用者のマナー向上を呼び掛けています。  

 

obikeではポイントシステムを導入して

良い利用者にはポイントアップ、

駐輪場に戻さないなど既定の項目に

反するマナー違反利用者にデメリットポイント

をつけて、ポイントをキャッシュ化したり

あるポイント以下になったら追加料金を

支払わないとレンタルできないなどの

システムを早急にアプリにとりいれる模様です。

 

運用方法が今後刻々と変化すると

思いますが運用初期の記録を

残しておこうと思い書いてみました。 

 

3連休明けのシンガポール

今週もよい一週間を。  

 

 シンガポールをもっと知るセミナー開催します 
【人はなぜシンガポールに魅かれるのか?】
2017年4月22日(土) 10:00~12:00 

* あと数名ご参加頂けます 

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

昨晩のこと。 

 

夕食後のお皿を洗い
翌日の準備を済ませ  
娘もあとは寝るだけに
して夫にお願いし
軽く走りに行こうと   
20時半に家を出ました。

 

外に出てみると
満月まであと1日の
まぁるいお月様が
輝いていてとても綺麗。 

 

眺めのよいところで 
しばし止まって
月の写真を撮りました。

月のすぐそばには

綺麗な星も見えました。

 

 

6km 走って家に戻ると
娘はもうすっかり寝ていて
シャワーを浴びて
すっきりした後だらだらと...。   


さっき撮った月の写真を見てみました。   

 

月の写真は iphoneでは

いつもうまく撮れないのだけれど
まぁまぁ綺麗に撮れていました。 

 

月のすぐそばで輝いていた星も
小さいけれどよく写っていて
インスタグラムにアップ。 

 

 

月のそばに綺麗な星が出ていた

とコメントしてアップしたところ

気づいたシンガポール人の

お友達がすぐにメッセージをくれ

あれは星ではなくて木星だよ 

と教えてくれました。  

 

NASAのインスタグラムにも出ているよと教えてくれました。  

 

 

 

星だと思ったけれど 
月のそばに見えたのが
木星だと分かり

なんだかとても嬉しくなりました。   

 

そして今晩は満月。
今晩は満月のすぐそばに
木星が輝くのが見えるようです。 


日本語で探した情報 

英語で探した情報   

 

月と木星の共演。  

なんてロマンチック。 

 

 

 

*よかったらクリックお願いします*

  にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

先週のこと。  
セラングーン駅近くの 
戸建て住宅が立ち並ぶ
高級住宅街の道端で。

  

その近くに用事があったので
学校が終わった娘と一緒に
歩いていたところ 
こんなものを見つけました。

 

 

 

家の形をした木製で

ガラス戸がついた本棚。

 

ミニ図書館でした。

 

TAKE A BOOK 
LEAVE A BOOK 
ENJOY 

と書いてあります。  

 

不要な本があれば入れていいし 
欲しい本があればもっていって
この付近にお住まいの方
ご自由にどうぞという感じ
だと思うのですが 
 

ほっこりした瞬間。

 

今週もよい一週間になりますように。 

 

 

 

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

4月、新年度に入り 

プロフィールを最新版に更新しました。 

 

---------------------------- 

 

シンガポールライフナビゲーター  
中澤 めぐみ

 

横浜出身

日本体育大学卒業

 

日体大の学生は大学卒業後
体育教員、スポーツに関わる
道に進む人が多い中スポーツ
とは全く関係ない一般企業に進み       
会社員、派遣社員を経て

2004年 単身シンガポールへ。  

  

海外で仕事をする事に挑戦したくて
仕事を求めてシンガポールに来ました。
 
現地採用にて日系企業、外資系企業で 
電子部品、半導体の営業として勤務。  

 

今振り返ってみると
シンガポールに来た当時は
海外で働きたいという思い
でいっぱいでしたが
より自分らしくいられる所、
自分の居場所を探していたのだと思います。       


2007年シンガポール人の夫と結婚。

2009年娘の出産を機に
仕事を辞めて以来主婦歴7年。

       

子育て、主婦の間 
自分が何をしたいのか
どうしていきたいのか 
見つからないまま
モヤモヤしながら
長い時を過ごしました。

 

その長いモヤモヤの間
何もできず前に進めない自分を
責めたり、何かやってみては
失敗を何度も繰り返しましたが      
今となっては全てが貴重な財産。            

 

それと同時にシンガポールで
結婚、出産、育児、マイホームを
持つといった大きなライフステージ
の数々をシンガポール人の夫、
夫の家族と過ごしていくうちに  

 

シンガポールとは? 
シンガポール人とは?

ということを
何よりも感じ、考えさせられ


シンガポールに
シンガポール人に
教えられてきました。  

 

その学びを  
シンガポールに住む
一日本人として

伝えていきたいという思いが
シンガポールライフナビゲーターの
活動に繋がっています。   

 

シンガポール人の夫と現地校に通う

小学校2年生の娘と3人で暮らしています。     

 

---------------------------- 

 

中学校・高等学校 保健体育教諭免許
ABNLP 全米NLP協会公認 NLPプラクティショナー(2014 シンガポール) 
一般社団法人 日本プロセラピスト養成協会 プロセラピスト養成講座修了(2016 東京) 
一般社団法人日本ダイエットコーチング協会 認定ダイエットコーチ(2014 東京) 
レムリアン・ヒーリング® プラクティショナー(2015 シンガポール)
チャイルドセラピスト (2015 シンガポール)
魔法の質問カードマスター(シンガポール)
魔法の質問読書会ファシリテータ(シンガポール) 
SAF(Singapore Armed Forces)ボランティアユニット ボランティア隊員          

 

---------------------------- 

 

友人でもある

H SEEDS の田中春美さんが

インタビューして下さった記事も

よろしかったらご覧ください。 

(2016年9月) 

シンガポールスター その1

シンガポールスター その2

シンガポールスター その3 

 

 

 

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

シンガポールで走る人なら
知っているランニングの情報
が集まっているラン情報サイト 
Run Society からの情報シェアです。 

 

使わなくなった
ランニングシューズを寄付しよう。

(Project Love Sneaker VII)

 

そのシューズは
寄付プロジェクトチームを通じて
恵まれない方や支援活動を

されている団体に届けられます。  

 

私もジョギングをするので 

そのサイト情報はよく見ているのですが

6年もやっているプロジェクトとの

ことですが今年初めて知りました。

 

画像はご紹介のサイトよりお借りしました

 

2010年から始まったこのプロジェクト
2010年は960足、2016年は2300足、
今年は 2500足回収目標だそうです。   

 

4月1日~30日までの1ヵ月間
Running Lab の3店舗で受け付けています。 

 

Running Lab Marina, #02-26 Marina Square
Running Lab Novena, #01-47 Velocity@Novena Square
Running Lab Tampines, #02-16B/16C Tampines Mall

 

気を付けたいのは
汚いボロボロのものではなく
コンディションがよく  
中古で使えるものです。

 

自分がUSED品を使う立場に
なってみてこれなら使ってもいいと

思えるものだけを寄付したいですね。 

 

使える状態のものを寄付すると
新しいランニングシューズが
買える$50の商品券を頂けるそうです。 

 

使わなくなったシューズを寄付して
新しいシューズを購入すれば
運動するモチベーションアップにも
つながりそう!

 

 

 

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

シンガポールへ絵葉書
を送ってください企画。    

 

2017年1月から始めた   
この企画はこんな
きっかけで始まりました
。  

 

以前8通めでご紹介した
神奈川県伊勢原市の
ようこさん
から2通めの

絵葉書が届きました。

 

今年1月に始めて以来
13通めのご紹介です。


(No: 13)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

めぐみちゃん

お元気ですか?
日本もだいぶあたたかくなってきました。

 

私は3月末で退職するので
残務処理や送別会の嵐で
なかなか忙しい日々を過ごしてます。 

 

一年前の私は 
「辞めたいけど送別会なんてしてもらいたくない!!!」 
なんて思ってましたが
今や嬉しくて 楽しくて♪ 

 

みんなの愛をいっぱいもらって
次のステージにジャーンプ!! です。 

2017.3.18 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

3月末でお仕事を辞めるようこさん。

次のステージがわくわくとのことで

その気持ちにぴったりの
猫が空にジャンプしている
絵葉書を送ってくれました。

 

ようこさんがこの絵葉書を

見つけた時、年度末になったら

送ろうと思って買い、その時を

待っていてくれたとのこと。 

 

ようこさん 春の訪れとともに
新しいステージが楽しみだね。 

 

次のお便りをまた楽しみにしています。

 

そして絵葉書をどうもありがとう!  

 

 

 

 

*よかったらクリックお願いします*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村