アホみたいに楽しく★100%英会話を身につける方法

=【初心者でも100%英会話を身につけられる方法】
2年間のアメリカ生活で見いだした、たった350個だけの単語を使い、
瞬間英作文、海外ドラマ、映画で楽しく続ける、新しい英会話習得法を公開しています!


テーマ:

 

遅かりしながらも、

美女と野獣(Beauty and the beast)

の実写版映画を見に行ってきました。

 

ディズニーアニメの美女と野獣も

英語学習におすすめしていたので(→こちら)

アニメ版との違いなどについてレビューしたいと思います。

(少々ネタバレ含みまので、これから観る方はご注意ください)

 

ーーー

 

 

 

●率直な感想は......

 

 

アニメが本当に素晴らしかったので、

まあいくらエマ・ワトソン出てるとはいえ、、、実写化やしな

と、全く期待せずに暇つぶしぐらいの気持ちで見に行ったんですが

 

 

完全試合、パーフェクトでした

 

 

俳優も、演出も、映像も、音楽も、非の打ち所がない。

最初は、レビューをブログに書く気などなかったのですが

書かずにはいられないぐらい、

ここ数年みた映画の中でも、トップクラスに素晴らしかったです。

 

 

つい、最近"ララランド"を見に行って

あの映画も悪くはなかったんですが

個人的には、現実のアメリカで暮らしてる設定の彼らが

急に歌い出す感じがどうも冷めてしまうというか

映画の世界に入りきれない部分があったんですが・・・

 

 

さすがディズニー。ファンタジーの世界が

歌も踊りも全てを違和感なく共存させるパワーがありました。

ミュージカルも突き抜けてます。あっという間に

映画の世界の中に、ぐいぐいと引き込まれていきました。

 

 

内容は、アニメとほぼ同じ。

美女に対する野獣。野獣を殺しにいく民衆たち。

キラキラ華やかで楽しい魔法の世界と

おどろおどろしい、野獣と野犬、闇の世界とのコントラスト。

 

 

"外見ではなく、本質を見抜く"という、

時代を超えて投げかけられる普遍的テーマ。

 

 

シンプルでわかりやすいストーリーの中にある

シンプルに正義vs悪では語れない物語の構造が

それぞれのキャラクターを魅力的に映し出し

色々なキャラクターに感情移入できる作品だと改めて思いました。

 

ーーー

 

 

 

●アニメと実写版を比較すると、、、

 

 

実写版とアニメの両方を比較した動画がこちら

 

 

色々なシーンが忠実に再現されていました。

同じセリフ、同じ構図が満載。

アニメーションをリスペクトして作られたことが伝わってきます。

 

 

 

この映画は、

アニメ版でもミュージカルが素晴らしかったのですが、

実写版で特に注目は以下の3つのシーンです。

 

 

 

❶ベルに、料理を出すシーン(曲: Be our guest)

ルミエール(ろうそく)は実写版も最高でした

 

 

 

❷最も有名な、ダンスのシーン(曲: Beauty and the Beast-theme)

こちらは映画館で見てお楽しみということで......

 

 

 

 

❸個人的に一番好きな、民衆が城に攻め込んでいくシーン (曲 : The Mob Song)

映画ではこんなもんじゃない迫力でした

ラスト20分ぐらいは、息吸う間もない怒涛の展開やった

 

 

ーーー

 

 

 

●注目の英語は、、、?

 

 

そして、英語ブロガーとしては

今回の最大の目玉が主人公のベル役、

エマ・ワトソンの英語でした。

 

 

ハリーポッターではイギリス英語で、

彼女自身もイギリス人なのですが、

ディズニーに合わせて、ここはアメリカ英語でくるのか?と色々妄想してたら....

 

 

 

ばりばりのブリティッシュアクセントでした

1:00  ユーカントォーウ (You can talk)

 

 

 

キャストがほとんどイギリス人なので、

ヨーロッパの高貴な香りただよう

ブリティッシュアクセントが聞けます。

やっぱりいい。こんな英語話せるようになりたい

 

 

ベルの歌も、、、、、、

(歌詞)

"Madame Gaston!"

Can't you just see it?

"Madame Gaston!"

His "little wife"

No sir! Not me!

I guarantee it

I want much more than this provincial life

I want adventure in the great wide somewhere

I want it more than I can tell

And for once it might be grand

To have someone understand

I want so much more than they've got planned

 

 

赤の単語に耳をこらして

上と下で聞き比べてもらえばわかりやすいのですが、、

 

 

キャントがカント(can't) ウァントがウォント (want)

ガットがゴット(got) somewhereは舌を巻かない

みたいに、母音の発音が違ってて面白いです。

 

 

とにかく、作品を通して

エマワトソンが魅力的すぎる

ここにつきます。ちょっと気の強そうな感じとかも.....ベル役にはまりすぎ

 

 

藤井隆言うてる場合やありません(笑)

まずは、絶対に英語で観るべきです。

 

 

リスニングレベル1ぐらいだと

【日本語字幕➕英語音声】で見ても、

ほとんど英語は雑音で耳に入ってこないと思いますが

 

 

リスニングレベル3を過ぎてくると、

英語がうるさいぐらい耳に入ってくるようになります。

しかも日本語字幕があることで、

何を話してるか推測でき、英語が聞き取りやすいと思います。

 

 

ブリティシュアクセントは聞き取りづらいかもですが.....

話してること自体は、アニメと同じく

中学英語をベースとした英語だったので

これから観に行かれる方は、

ぜひ英語音声で、美女と野獣をご覧になってください。

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実写化の映画って経験上、

ああ原作の方が良かった。ってなるんですが

 

 

美女と野獣のアニメも何度も観てて

ストーリーもアニメに忠実なので

この後どうなるか、オチも全部わかってるのに

 

 

ポット夫人とチップが

ただのポットとカップになった時は、もうやばかった。。

 

 

英語好きの方は、特に楽しめると思いますので

まだ観にいかれてない方は、おすすめです。

Thank you very much!!

 

 

 

ブログが本になりました。(リスニングレベルの測り方も書いてます)

 

アニメ版"美女と野獣"のブルーレイです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

Cozy(あっほーUSA)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。