シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

 

米国に入養(養子縁組)された子どもたちが、米国の市民権が得られずに韓国に「追放」されることが少なくない、というニュースが有りました。

 

 

 

さすがに市民権云々は、米国に渡った時期(幼児か赤ちゃん)を考えると、本人たちのせいだとは言い難いです。記事本文でも指摘されていますが、親になった人たちが「いくつかの書類を作成し忘れた」結果です。

 

これに対するツッコミはちょっと後にするとして・・・

 

 

 

 

米国の市民団体によると、1950年代から韓国から米国に養子に来た子の数は約11万人。その中の2万人は市民権を持っていない、とのことです。

 

 

http://v.media.daum.net/v/20170717012448033?rcmd=rn

 

 

養子として育ったのに、ある日突然「あんたには市民権はないよ」と言われると、それは確かにかわいそうな気もします。

 

でも、『本ブログ的』に本件の問題点を指摘してみますと、原因は別のところにあります。

 

 

 

まず、米国で親になった人たちの責任も無くはないでしょうけど、書類を用意しなくて市民権を忘れたなんて、ちゃんとした関連団体や弁護士などを介してなら、ありえないことです。

 

それがどうも「ちゃんとした団体」には見えない連中が関わっていたらしいので・・・

 

 

 

今回の「米国で養子として育ったのに市民権がない」人たちに対しても、韓国政府は統計すら作らず、目をそらしています。

 

問題として認識して解決すべきだとするより、孤児輸出そのものを隠したいからでしょう。

 

すなわち、韓国側のやり方の問題としての側面が遥かに大きい、と。

 

 

 

また、記事では、違法ドラッグの運搬で捕まって追放され、韓国に来て苦労している人の話を被害者として書いていますが、こういうのはさすがに被害者の物語にするには無理があるでしょう。いつものことですが・・・

 

 

 

そして最後に、関連した内容として、韓国に米軍慰安婦(基地村の女性たち)とのハーフが少ない理由は、去年三月にエントリーしたことがあるので、読んでみてください。

 

 

こんな「子」たちが有名人になったりすると「韓民族の誇り」と宣伝されたりしますけど・・・

 

 

見苦しい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

NEW本ブログ、グーグルアナリティクスが再びONになりました。もうすぐブログ強化などを予定しているおり、データ集めのためです

 

 

・ 「Voice」8月号(発売中)に文在寅政権に関する私の寄稿文が掲載されました。AMAZONページ 

 

 

・シンシアリー+扶桑社の7冊目<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売・電子書籍版あり)です。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

 

・シンシアリー+扶桑社の8冊目<朴槿恵と亡国の民>が発売中(2017年4月27日・電子書籍版あり)です。

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。これからも出来る限り頑張ります。

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーはその8まで来ました!

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。