シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

 

韓国には、脱北者たちを出演させる番組があります。私が知っているのは一つだけでしたが、ざっと検索してみたら、もっとあるようですね。

 

 

 

その番組にも出演したことのある脱北者の女性「イム」さんが、今度は北朝鮮の放送(「ウリ民族だけで」という北朝鮮の宣伝メディアの映像となります)に出演して、

 

韓国での生活や韓国の放送番組の問題点を指摘したことが明らかになって、韓国の脱北者社会が動揺している、とのことです。

 

 

 

 

 

本ブログでも、「北韓論」でも紹介しましたが、韓国での脱北者たちの暮らしはかなり苦しいのが実情です。軍事政権みたいに利用価値があるわけでもないので、まず政府支援そのものが少ないし、韓国社会で差別されたり、詐欺にやられることも珍しくありません。

 

 

そんな脱北者たちは、再び北朝鮮に戻ることも考えています。

 

韓国に来ている脱北者たちの中で、2015年時点で居住地不明となっている脱北者は791人、すでに海外に出国した人が664人。一部は北朝鮮に帰った(2015年9月28日聯合ニュース)とのことで、脱北者の20.8%が「再び北朝鮮に帰りたい」と思っています(2016年11月15日ソウル新聞)。
 

 

 

そんな中、 イムさんは北朝鮮に戻る前に、まわりの脱北者たちに「北朝鮮に帰りたい」と話したものの、周辺の人たちは「あなたはテレビにまで出演しているし、帰ったら間違いなく銃殺される」と彼女を止めました。

 

 

・・・ですが、そんな彼女が北朝鮮に戻って、平気で向こうのメディアに出演しているとは、

 

これは、脱北者たちに「私たちも帰っても平気なの?」という考えをもたらすに十分と言えましょう。

 

 

 

イムさんは韓国での暮らしを「酒屋などいろんなところをまわってみたが、肉体の苦痛も、精神の苦痛も増えるばかりだった」と話しました。

 

 

http://v.media.daum.net/v/20170716135054728

 

 

 

 

特に、肉体的苦痛というところで、「ありえる話だ・・・」と思ってしまいました。悲しいことですね。

 

 

 

北に帰って、彼女が幸せならそれでいい気もしますが、

 

「用済み」と思われたら、北でも何をされるかわからないものですから・・・難しいものですね。

 

 

※彼女は自らの意志で帰ったのではなく、拉北(拉致)された可能性もあることを、記しておきます。北朝鮮として、そこまでやる必要は無い気もしますが。

 

 

 

 

 

 

 

明日はまた外にいますので、午前の更新はできないと思われます。

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

NEW本ブログ、グーグルアナリティクスが再びONになりました。もうすぐブログ強化などを予定しているおり、データ集めのためです

 

 

・ 「Voice」8月号(発売中)に文在寅政権に関する私の寄稿文が掲載されました。AMAZONページ 

 

 

・シンシアリー+扶桑社の7冊目<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売・電子書籍版あり)です。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

 

・シンシアリー+扶桑社の8冊目<朴槿恵と亡国の民>が発売中(2017年4月27日・電子書籍版あり)です。

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。これからも出来る限り頑張ります。

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーはその8まで来ました!

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

いいね!した人  |  コメント(38)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。