シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

 

 

気のせいでしょうか。日付けは今日で間違いないのに、前にも同じ内容を読んだような記事がありました。

 

 

 

<日本の高位官僚の独島関連妄言がまた出ました。共同通信によると、松本純・日本領土問題担当相は、韓国軍の独島防衛訓練と関連した記者の質問に回答する過程で、「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上でも明らかに日本の固有の領土」と主張しました。

松本担当相は、外務省・防衛省などと一緒に、日本の立場を対内外に知らせる努力を続けると言いました>

 

http://v.media.daum.net/v/20170616182426834

 

 

 

 

うわー新鮮な内容だー

 

やったーこんな斬新なネタを拾うなんてー

 

 

 

・・・・・と、冗談はここまでにして・・・

 

大仏さんが笑い出すほど「またか」ネタですが・・

 

 

 

 

 

なぜこのようなニュースをわざわざチョイスしたのかというと、韓国ではこういうのも全て「日本が慰安婦合意を破棄した」とする主張の根拠になるからです。

 

 

韓国の主張は、かなり控えめに書きますと、「日本が韓国に合わせるべし」で一貫しています。それが友好であり、それが未来志向であると。

 

 

だから慰安婦合意なのか竹島領土問題なのかは、韓国にとって「細かい差」でしかありません。大事なのは日本が韓国に合わせるかどうかで、教科書問題、領土問題、靖国神社参拝問題など、すべては「反日」という大いなるカテゴリーの一部でしかないのです。

 

こういう件が報道されればされるほど、現政権の慰安婦合意破棄(無力化にあたいする何か)公式宣言は早くなるでしょう。

 

 

 

 

控えめに書かないとどうなるのか、ですって?

 

韓国人の妄想のなかの「日本が朝鮮半島で行った人類史上最悪の植民地支配」を、現実でそのまま韓国が日本に対して行うこと、です。恥韓論に書きましたね。これ・・懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

 

NEW 「Voice」8月号に文在寅政権に関する私の寄稿文が載る予定です。

 

「韓国人による沈韓論」のオーディオブックが発売されました。

 

 

・シンシアリー+扶桑社の7冊目<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売・電子書籍版あり)です。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

 

・シンシアリー+扶桑社の8冊目<朴槿恵と亡国の民>が発売中(2017年4月27日・電子書籍版あり)です。

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。これからも出来る限り頑張ります。

 

 

 

 

※「朴槿恵と亡国の民」は、1章だけの特別編集版も配信されています。アマゾンリンクをご紹介します。 【電子書籍特別版】ついに逮捕! 朴槿恵の罪と罰 (扶桑社BOOKS) Kindle版

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーはその8まで来ました!

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。