シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:


「反日は迂回的な親北である」という話の続きとなります。

 

前回、まんまとやられたと書きましたが、今日はその散々たる結果の、韓国の自業自得という側面についてです。

 

 

 

 

長い間、ほぼ完全に近い形で断絶されている韓国と北朝鮮。北朝鮮が国家なのかどうかの議論はこの際、別にして、国家規模の二つの集団の間に、これほど往来や交流が制限されている例も世界的に珍しいと思いますが、その韓国で「北朝鮮と連帯して戦おう」とする極端な意見が出てきて、また支持を集める理由は何でしょうか。

 

 

反日という絶対的な価値観だけは、韓国と北朝鮮が共有してきたからです。

 

そもそも、韓国がご先祖様のように崇拝している「臨時政府」は、土地や企業の国有化などを掲げた社会主義を行動規則としながらも、朝鮮民族こそが世界一優秀だとする民族優越主義を何より大事にしていました(これはかなり異質なことで、社会主義や共産主義は「民族」という概念とは相性悪いのが普通です。普通の社会主義国家では、権力の世襲も認めません)。

 

 

 

しかし、皮肉なことに、「韓国が臨時政府を持ち上げれば持ち上げるほど、有利になるのは北朝鮮側だ」という結果になってしまいます。臨時政府の思想を国作りに活かし、白頭山周辺を中心とした抗日ゲリラ戦(パルチザン)の歴史を持っているのは、韓国ではなく北朝鮮だからです。

 

 

 

後で臨時政府の代表を自称し韓国の初代大統領になる李承晩氏は、臨時政府でも初代大統領だったし、口で反日を叫ぶことは上手でした。しかし、「抗日(実際に日本と戦う)」面では何もやったことがありません。一九二四年には、米国側に朝鮮を委任統治してくれないかと提案したことがバレて、臨時政府メンバーたちによって、なんと臨時政府大統領職を弾劾されてしまいます。

 

 

 

朴槿恵「ナカーマ」

 

 

 

 

臨時政府から追い出された李氏は、そのまま米国に渡って引きこもることになります。もちろん、それからもこれといって業績を残すことはありませんでした。にもかかわらず、韓国側は臨時政府や反日の歴史を大韓民国の正統性として憲法に記し、逆らってはならない崇高なものとして子どもたちに教えてきました。これは、韓国と北朝鮮が反日思想という価値観を共有できた大きな理由でもあります。

 

 

 


一例として、「韓国は親日派清算が出来ていない。北朝鮮は親日派を完全に清算した。韓国は親日派によって作られた国だ」とする主張をよく耳にします。韓国側のネットの意見を、翻訳サイトなどを通じてご覧になった方なら、同じ意見をお目にしたことがあるでしょう。その親日派清算とやらも、臨時政府が掲げた綱領(規則)の一部でした。それをちゃんと受け継いで実行した(粛清・処刑しまくっただけですが)北朝鮮はちゃんとした政権で、李承晩氏など大韓民国の建国メンバーとその後継者たちは親日派を清算しなかったからダメダメな親日政権だとする、あまりにも浅はかで単純すぎる考え方です。もちろん、李承晩氏だけでなく、韓国の歴代政権が親日だったことは一度もありません。

 



いまでも、反日に関わる案件については、北朝鮮は、言い方は多少違えど、韓国側とまったく同じ主張をしています。最近の事例は、二〇一七年五月のこととなります。国連拷問防止委員会とやらが、韓日慰安婦の合意は修正されるべきだと勧告し、日本政府が拒否、反論文を国連に提出した件です。


この件に関して、北朝鮮の「日本軍性奴隷と強制連行被害者問題対策委員会」のスポークスマンは次のように談話を発表しています。「犯罪に対する評価との規定は、犯罪者がするものではない」、「犯罪者には、唯一の正義と法律が下した審判に基づいた自己反省と、それに対して責任を負う義務しか存在しない」、「朝鮮日本軍性奴隷と強制連行被害者問題対策委員会は、全体の性奴隷被害者の名前で、日本政府の反論文書提出という寸劇を断固糾弾する」(同日、聯合ニュース)。

 

 

ちなみに、慰安婦合意の後には、韓国でも北朝鮮でも従軍慰安婦の公式名が「日本軍性奴隷(または~性奴隷制度)」になっています。仲いいですね。



さて、本文中の「日本には責任を取ることしか存在しない」という表現。これは、韓国民が心から待ち望むものでもありました。すでに左派政権の時の教育で育った子どもたちは、30~40代になっています。彼らはこのような情報に接する度、何を思うのでしょうか。



十年近く前のことですが、日本の某雑誌に連載されていた某人気(ギャグ)漫画に、妙な物差しが登場しました。主人公たちが外国のいろんな物差しを見回るシーンでしたが、その中にこんな物差しがありました。「単位が日本で、日本より上か下かしか測れないシンプルな物差し」。わずか三カットだけでしたが、「どっかの外国」を実に見事に表現していることに、絶望するほど感嘆せざるを得ませんでした。

 



人が何かを悩んでいる時、またはすごく疲れた時、私たちは「少し休んだらどうだ」という言葉を使います。多分、皆さんも一度は口にしたことも耳にしたこともおありでしょう。気休め程度のセリフではありますが、この「ちょっと休む」「今日は早く寝る」などの効果は、意外と高いです。日本だけじゃありません。米国には「take it easy」という言葉があります。難しく考えるな、という意味です。これは、親しい仲だと、「さよなら」という意味で使うこともあります。なぜ別れ際に「難しく考えるな」なのか。歯科大学に通っていた頃、歯の矯正の授業を担当していた教授から、こんなアドバイスを受けたことがあります。「いろんな患者の矯正を担当すると、うまくいかない件もあるだろう。でも、診療が終わって退勤したら、忘れろ。一晩中ずっと悩んだところで、次の日の朝に自分が疲れているだけだ。休んで、次の日に出勤して、その患者のデータを見直すと、昨日とは別の見方ができるようになる。いいか。忘れることも必要だってことを忘れるなよ」。Take it easyが別れる時のあいさつになったのも、それと同じ意味でしょうか。すなわち難しいことは忘れてお休みなさい、と。

 



人が一つのことばかりを気にしすぎると、「それ」以外は考えられなくなります。視野が狭くなり、世の中には「それ」以外にもいろいろあるということを、認識できなくなってしまいます。さらに視野が狭くなると、恐ろしいことに、勝ち負けの判断基準が社会一般的なものと乖離するようになり、「それ」さえなんとかなれば、他のことはどうでもいいと思うようになってしまいます。インチキ宗教にハマった人みたいな、悲しい話です。



韓国ほど、反日を気にしている国があるのでしょうか。ニュースでも映画でも、ネットでも現実でも、学校でも家でも、日本が悪い、日本が悪い、日本が悪いという話ばかり。生まれた時から日本を悪く言う話を目にし、耳にし、いつからか「日本が悪い」と自分で口にするようになります。その反日という価値観に同調してくれる北朝鮮が、韓国には何より嬉しい援軍に見えたのでしょう。だから、北朝鮮と連合するとか、日本を攻撃するとか、そんな判断を平気で下すようになります。反日以外には判断力が機能しなくなり、言わば、韓国が見る世界から、日本という単位の物差し以外は存在しなくなったのです。その偏屈な世界観を、北朝鮮の反日指令が入り込んだ結果が、いま「北朝鮮と連帯してでも日本と戦う」という形で現れているのです。

 

 

そう、相手の問題だけで「まんまとやられた」わけではありません。自業自得という側面が強いのです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話、もっともっと時間かけてちゃんと整理して、次の本のテーマにすることになりました。

 

それについてはまた後で告知致します。

 

 

 

そして、明日は、また日本の某地にシンシアリーが出没する日です。

 

前にも二回行ったところですが、目当ては初めて訪れる場所です。

 

日帰りですので更新はできそうにありませんが、写真はちゃんと紹介したいと思っております。

 

 

 

・・・・って、あそこ、写真撮っちゃダメかもしれませんね。

 

 

 

 

それでは、また (・∀・)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

 

NEW 「Voice」8月号に文在寅政権に関する私の寄稿文が載る予定です。

 

「韓国人による沈韓論」のオーディオブックが発売されました。

 

 

・シンシアリー+扶桑社の7冊目<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売・電子書籍版あり)です。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

 

・シンシアリー+扶桑社の8冊目<朴槿恵と亡国の民>が発売中(2017年4月27日・電子書籍版あり)です。

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。これからも出来る限り頑張ります。

 

 

 

 

※「朴槿恵と亡国の民」は、1章だけの特別編集版も配信されています。アマゾンリンクをご紹介します。 【電子書籍特別版】ついに逮捕! 朴槿恵の罪と罰 (扶桑社BOOKS) Kindle版

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーはその8まで来ました!

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(133)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。