シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

 

「The Tenor(ザ・テナー)」という映画が日本の参議院会館で上映されたそうです。国会議員や補佐官などが視聴したとか・・

 

 

 

映画は、実話を元にしたもので、韓国人テーナー歌手Bが二度と歌えない病気になるものの、妻と、日本人の友たち、そして日本人の老医師の腕によって、また歌えるようになったという内容です。

 

韓国では去年・・だったか一昨年だったか?に公開され、残念ながら良い成績を残すことはできませんでした。

 

 

 

 

映画の内容に対してああだこうだと書くつもりはありません。なにせ、私はこの映画を見ていませんから。

 

 

 

ただ、この映画の上映を主催したのがあの韓日議員連盟で、民進党の議員が積極的にプッシュしたということもあって、「上映そのもののメッセージ」について、書きたいと思います。

 

 

 

 

記事で、出演者や国会議員たちが話したとなっているメッセージは次のようです。

 

・「お互いに信じてお互い手伝い愛し合えば必ず奇跡が起こる。日本と韓国も必ずそうなると皆さんと一緒に信じたい」

 

・「日韓両国の青年が作った一つのドラマ」と「一人一人の心が通じ合ったように国と国の間にも通じるように努力していきたい」

 

・「この映画を二国の人々が一緒に作ったのに対し日韓議員連盟の一員として、これ以上の大きな喜びはない」

 

・「日韓関係は、やはり隣人の関係」とし「お互いに親しく過ごそうという気持ちがある限り、いくつらでも障害を超えることができる」

 

・「日韓の人々がお互いに話し合わないのが問題だ」、「国を率いる人々が相手を理解しようとしている場合、韓日関係は良くなるだろう」、「映画や芸術がそのような部分を滑らかにしてくれる媒介体だと思う」

 

 

 

http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160329220011681

 

 

 

 

 

その「隣国」で大ヒットした映画・・となると、李舜臣が12隻で日本軍を撃退する映画、臨時政府の暗殺者が日本人や親日派を暗殺しまくる映画、そして慰安婦映画などです。

 

確か、慰安婦映画を作った監督はそれを「文化的証拠だ」と言ってました。

 

 

 

 

 

「お互い頑張ろう」という言葉は、頑張っている人だけが言えます。

 

頑張っていない人が、頑張っている人に向かって言っていい言葉ではありません。

 

 

 

なにせ、日本関連でこれだけ多くのタブー、「言ってはいけない事」を作っておいて、いまさら話し合わないことが問題だとかなんとか・・・

 

 

結局は「こちらが正しいから日本が合わせろ」という主張のために、この映画が利用されたようにしか見えませんでした。

 

 

 

記事のタイトルは「韓日友情のハーモニー」となっています。

 

昨日も書きましたが、相手を嫌うなら、自分も相手から嫌われる覚悟を決めることです。大嫌いな相手に友情という言葉を武器にしないでほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひまわりシンシアリー5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ 晴れ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

雑談エントリーは7まで来ました。ご自由にどうぞ。

 

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!(197)  |  コメント(51)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。