シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

 

MBCの報道です。

 

 

<製菓業体(お菓子メーカー)は、大型マートと街のスーパーとでは、納品価格が違います。

 

策定されている価格より、大量に購入する大型マートには、少し安く供給するからです。

 

そこら中のスーパーには相対的に高めの価格となり、主に営業社員を通じて納品する仕組みです>

 

 

・・とのことで、じゃ大型マートには営業社員を通じないのか?と気になる部分もありますが、大量で購入する大型マートへの納品価格が安くなることは理解できます。

 

 

 

問題は、この営業社員という人たちはいわゆる「甲(社会の強者)」ではありません。普通の会社員ですが、スーパーの人たちは彼らを責めてくるそうです。

 

同じお菓子なのに、(例えば)なぜ大型マートには400ウォンで納品し、うちには600ウォンで納品するのか、と。

 

その価格は営業社員が決めた価格ではないので、変えることはできません。上からは1ヶ月に販売しなければならないノルマが決まっています。その狭間で、営業社員たちは仕方なく自費を使うことになります。

 

上の例えだと、納品価格を500ウォンにし、100ウォンは自費で埋め合わせるわけです。

 

記事によると、<営業社員は実績のために自分のお金で埋めるダンピング販売をするしかなく、その過程で破綻したとき、会社はそのお金を最も速く完全に回収するために身元保証人制度を活用しています>、と。

 

例えば身元保証人が親の場合、親に連絡して「あなたの息子のせいで会社が〇千万ウォンの被害を受けた。いますぐあなたが払うべきだ」、となります。

 

 

 

http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20160320204011106&RIGHT_REPLY=R8

 

 

 

 

 

外国の場合はこの身元保証人を保護する法律もあり、身元保証人になる期間も決まっているそうです(日本の場合、5年以上はできないとか)。

 

韓国の場合も基本は2年のはずですが、記事によると入社してから7年後にも(自動的に?)延長されていた、とのことで・・

 

 

 

どこから直せばいいのやら、構造的に難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひまわりシンシアリー5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください


・「Voice 2016年4月号(3月10日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました

 

・「中国×朝鮮半島 憎悪と対立の歴史 (別冊宝島、3月11日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ 晴れ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

雑談エントリーは7まで来ました。ご自由にどうぞ。

 

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

 

いいね!(145)  |  コメント(36)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。