シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

一部で「あれ?」な情報が出回っているようで、まとめておきます。

 

 

改正された兵役法によって、「在外国民2世」の中で「94年以後出生者」に対して兵役関連が少し強化されましたが、その内容を誤解している人たちがいるようです。

 

 

いまさらですが、普通に日本で暮らしている在日同胞(在日韓国人)を韓国の兵務庁が兵役に連れて行くことは、現実的にありえません。

 

もちろん彼らも兵役対象には間違いないですから、兵役の義務を果たすのが望ましいのは言うまでもありません。でも、彼らが自発的に韓国に来て入隊しないかぎり自動的に徴兵猶予となるため、入隊を強要できる方法はありません。

 

 

なぜなら、在日同胞は、「在外国民2世」カテゴリーとなるからです。

 

在外国民2世は、自動的に徴兵猶予となります。

 

国外で出生または6歳以前に移住、17歳まで本人と親が国外に居住し、17歳になるまで本人と親が外国での居住許可(永住権から期限の無い居住権利などいろいろあります)を得ている人たちのことです。

 

いままでは、在外国民二世は韓国内での滞留期間や就業などにこれといった制限がありませんでした。何年韓国内にいようと、彼らが韓国に永住(永住帰国)しないかぎり在外国民2世扱いでした。

 

しかし、法が少し変わりました。

 

 

兵務庁のHPにはこうなっています

 

<ただし、これらの在外国民2世制度は、国内一般義務者と比較して兵役義務賦課の公平性の次元で多くの問題があるので、94年以降出生者から、18歳以降に国内滞在期間が合計3年を超えるようになれば、在外国民2世としてみなさないように規定が変わりました(兵役法施行令第128条第7項)>。

 

 

 

これからは94年以後に生まれた在外国民2世の人が18歳になってから韓国内で3年以上過ごすと、彼は在外国民2世ではなくなるので、徴兵猶予も無い、という意味です。

 

滞在期間が3年以上ということは、3年過ぎた時点で韓国内にいることになりますから、韓国からの出国を制限することもできるでしょう。

 

 

この「3年」は出入国管理局と連動していて、誤魔化すことは出来ないと言われています。いわば、彼らが韓国に来て3年以上就業したりはできなくなるわけです。

 

 

 

一部だけとは思いますが、この内容を誤解している人がいるようです。

 

難しく考えないで、もっと詳しく知りたいなら法律関連の専門家から相談をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。