シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

 

もうご存知かと思いますが、毎年行われる日本側の世論調査で、日本国民の33%が韓国に「親しみを感じる」、67.7%が「感じない」と答えました。

 

感じるは去年よりプラス1.5%、感じないはマイナス1.7%だそうです。

 

 

 

これ、先週に記事をいくつか見て、エントリーしようかなと思ったものの、シンシアリーの脳細胞世論調査で「この記事に親しみを感じる2%、感じない98%」だったので、やめました。

 

なぜなら、プラマ1~2%の差は、「ほぼ変化なし」だったからです。

 

 

今日わざわざエントリーするのは、世界日報の記事の「タイトル」が面白かったからです。

 

ちょっと見てみましょう。

 

 

 

 

3月13日14時57分に、こんな記事がありました。題は「日本人3人の2人、『韓国に距離感がある』」

 

 

http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160313145730840

 

 

 

 

 

ですが、同日19時21分、こんな記事がありました。題は「日本人3人の1人、『韓国に親しみを感じる』」

 

 

http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160313192151667

 

 

 

 

内容はほぼ同じですが、最初の部分だけ、ちょっと違います。

 

前者は「韓国に親しみを感じる日本人が前より少し増えたものの、まだまだ3人の2人は距離を感じていることがわかった」、

 

後者は「日本人の韓国、米国に関する認識は良くなったが、中国、ロシアに対する認識は悪くなったことがわかった」。

 

後者の記事だけ、「2014年調査より1.5%上昇・・首脳会談や慰安婦合意が影響」という見出しが追加されています。

 

 

 

 

・・・・ (・ω・)そして、なぜか後者の記事だけ結婚式の写真付き

 

 

 

 

 

 

いろいろあるみたいだな・・・と思っていたら、理由もなく笑ってしまったので、つい更新しました。

 

記事の本文は調査結果だけ伝えるもので、普通です(悪くないという意味で)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 韓国人による噓韓論、発売中です!

(3月1日「正論」、3月4日「産経新聞」、3月8日「日経新聞」、3月9日「北海道新聞」「西日本新聞」などに広告掲載)



早くも重刷が決まりました

 

 

韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください



「Voice 2016年4月号(3月10日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました


「中国×朝鮮半島 憎悪と対立の歴史 (別冊宝島、3月11日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました

 

 



ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。