シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



コメント欄から「韓国人による嘘韓論」に関する内容を見つけると、感謝の言葉もございません。中にはタイムリーな内容だというコメントもあって、ギリギリまで追記したがいがあったと思いました。

タイム・きょかーん



簡単に言うと、韓国は対立でしか自分を証明できないほど、「悪」たる敵をつくって善たる自分を演出するしかない国だ。それでも彼らすべてを愛国という虚構の縄で繋ぎ止めることで、国を維持している。

その愛国を善とするための敵(悪)が日本なのは言うまでもない・・

そんな内容と、様々な実例の本です。



で、昨日の夜、ひょんなことから「国家主義」をキーワードにあれこれ検索していたら、本題とはズレるものの、2015年8月31日の京郷新聞にこんな記事がありました。


<・・独立軍リーダーの一人として知られているイ・ボンソクは、光復(解放)後の李承晩政権で初代総理兼国防長官を務めました。彼は1949年の演説でこう言っています。
「今日の朝鮮は、ナチスのような政治体制でなければ、どうしても長くは持たない」

初代文教部長官アン・ホサンもまた、こう言いました。
「我が国のような場合は、個人主義教育というのは、私たち全体を滅亡させるものであり、絶対に排斥しなければならない」

彼らが打ち出したのは、いわゆる一民主義(※後述します)です。李承晩元大統領が国是として唱えたものを無理矢理一言で要約すると、次のとおりです。 「集まれば生き、散らばれば死ぬ」。共産主義に対抗するためには国、全民族が一つに団結すべきだという話です。あまりにも単純で常識的な話で政策理念と呼ぶことも難しいというのが今の評価ですが、当時イボンソクは、これについて「令名たる(≒有名で名誉高い)私たちの指導者李承晩大統領が彼の革命闘争を通じて体験した民族の復活と祖国の光復を見つけるための理論と実践の両面を体系化した哲理的民主原論」だと、アンホサンは「大韓民国の国是であり、私たちの民族の指導原則」だと評価しました・・・>


http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20150831143301858





記事で言う一民主義というのは、韓国民族文化大百科事典(怪しいネーミングですが、高麗大学院で作ったもので、大手ポータルなどからネット辞典の一つに採択されています)によると、李承晩政権の党是でした。

<1948年8月15日、政府の樹立と初代大統領となった李承晩は、反共体制を構築するための目的で、新しい理念「一民主義」を提起した。一民主義が初めて登場するのは1948年10月9日で、発起したの大韓民国党であった・・(中略)・・大韓民国党は「一つではない、二つ以上の総体的な存在はありえない、一民主義を党是として掲げた・・>



不思議な事は、李承晩元大統領と支持者たちが、当時の各種演説などで、この「2つ以上はありえない」を、民主主義だと主張していたことです。

なぜ「一つ」しか認めないことが民主主義なのか?それは、韓国が共産主義(北朝鮮)に敵対しているからです。その対立に勝つためだから民主主義だというのです。


民主主義は、結果としては多数の国民が支持する意見が認められますが、多数の意見で決めるという前提は、少数の意見が存在することを認めるからなのです。尊重するか肯定するかは別にして、その存在は許します。




なにかが、根本的にズレていることがわかります。

ああ、そうだった・・・憲法前文の話をした時にもおなじ感覚だった・・と、頷けました。


「この国、もともとこうだったんだ」、と。












 韓国人による噓韓論、ついに発売です!

(3月1日「正論」、3月4日「産経新聞」、3月8日「日経新聞」などに広告掲載)



韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください




Voice 2016年4月号(3月10日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました


中国×朝鮮半島 憎悪と対立の歴史 (別冊宝島、3月11日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました







いいね!(162)  |  コメント(34)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。