シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

昨日の混血児がどうとかのエントリーを書いてからずっと気持ちが晴れず、じゃもっと曇ってしまおうぜ・・ということで、

「現在の」韓国の性売買規模について何か公式資料が無いか、調べてみました。

昨日の夜に書いたものですが、別に追記する気にもなれず、そのままUPします。




米軍慰安婦というのは、ドル稼ぎという目的もあったわけです。同じくキーセン観光というのもありましたが、そういう流れからして現在の韓国において売春関連経済の規模が大きくなったという指摘があります。

韓国政府が特定地域で外国人(客)を相手する売春女性に売春防止法の適用を保留し、事実上の「特区」「特恵」を与えたのは1962年からです。その特区とやらには、外国人向けの観光ホテルが沢山ありました。

その地域の売春婦は、当時の通行禁止(反共を目的に、夜12時すぎでは全国民を例外なく外出禁止)すらも例外だったそうですから、すごいことですね。

1970年代には、キーセン観光を目的とする外国人観光客が100万人を超えるなど盛況。

そこから韓国のルームサロン、遊興業などの「(日本で言う)風俗事業」が成長し、どんどん拡大していった・・・と。



いわば、他人のせいにしていいものではない、ということですね。




その「現在」がどうなっているのか、2016年1月21日のヘラルド経済の報道によると、以下のようです。




<2015年の韓国の地下経済の規模は450兆ウォンに迫ることが分かった。国内総生産のなんと30.1%に達している。これは米国(9.3%)、スイス(8.6%)、日本(11.9%)など、経済協力開発機構(OECD)国家平均より10~20%ポイント近く高い。

特に国内の代表的な地下経済といわれる売春、風俗営業、高利貸し(ヤミ金など)の場合、市場規模が年間140兆ウォンに達している>


<韓国刑事政策研究院によれば、現在、国内売春市場規模は30兆~37兆ウォンと推定される。売春推定女性数に対する、取り締まりにかかった女性の数、関連業者数に対する取り締まりにかかった店の数、司法当局に摘発され、裁判所で処罰された金額などを合算し(※て想定され)た数字だ>



その中の売春ですが、率直に言って、今の韓国では違法になっているからこんなこと言うのもなんですけど、

一つの職業として育てていくならそれはそれで賛成です。


しかし、本ブログだけでなく韓国側のニュースなどで「女性を借金漬けにして事実上の奴隷のように扱う」ことが頻発していること、もうご存知でしょう。

その理由にはいろいろありますが、現実的に、(記事によると)性売買の店の3分の1は組織暴力(日本で言うYAKUZAみたいなもの)が運営しているとのことです。

これじゃ、誰かさんが言ってたように「陽性化(合法化)」は無理ですね。





記事から引用すると、

<2004年に「性売買特別法」が制定され、売春が違法と規定された。以来、売春で金を得ようとする勢力と、これを処罰しようとする司法当局間の鬼ごっこが10年以上続いている。

しかし、取り締まりがひどくなればなるほど、それに対する反発も強くなった。売春営業が周辺の住宅街やオフィステル(居住可能なオフィス)などで陰性化して、新・変種の店が盛況になるなど、「風船効果」を呼んだだけだという指摘も少なくない(≒全体規模を減らすことは出来なかった)。この過程で、必然的に組織暴力団が様々な売春事業に深く根付いたのが実情である>、


<売春業者の30~40%は、組織暴力の人が社長(店主)か、または裏でつながっていると推定される。それ以外でも、組織暴力団の知り合い、または組織を引退した人が売春業者を運営する場合も少なくない。業界では、かれらを総称し「半月」と呼ぶ。
組織暴力団が売春を好む理由は、運営が便利で利益が高いからである。売春自体が違法であるので、処罰水位が高いが、税金も払わない>




http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0000976177



国内で、しかも推定値がこれですからそれも凄いですが、

規模そのものよりも、

もう構造的に「地下経済として生きるしか無い」ことになっている。これがもっとも大きな問題ですね。

グレーにもなれず、真っ黒でやっていくしかない、と。


悲しいことです。特にその中で苦しんでいる女性たちにとっては。






そうだテコンVを呼ぼう!


仁川市「・・・あとちょっとだけ待ってね」






 韓国人による噓韓論、ついに発売です!

(3月1日「正論」、3月4日「産経新聞」などに広告掲載)



韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください




Voice 2016年4月号(3月10日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました


中国×朝鮮半島 憎悪と対立の歴史 (別冊宝島、3月11日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました





いいね!した人  |  コメント(47)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。