シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:


核心にせまることだからこそ、確実な根拠無しに話すのは危険ですが、

それでも誰もが考えていることがあります。

証言そのものがおかしいのもありますが、「日本軍慰安婦被害者を名乗る人たちの証言が本当だとしても、それは日本軍ではなく米軍または(朝鮮戦争などの)韓国軍ではないのか?」




決してその直接的な証拠にはなれなくても、「日本軍(関連)慰安婦被害者だと聞いて取材に行ったら、実は米軍による被害者だった」という実例を見つけたので、一例として紹介しておきたいと思います。

「関連」というのは、慰安婦になったのではなく慰安婦にされないために隠れていたためちゃんと学校に通うことができなかったという「設定」だったからです。


2月22日、国民日報の記事「米軍は白馬に乗ってやってきた天使だったのか」の内容をまとめてみます。



・学歴認定学校(一定の教育課程を受けた人に学歴を認めてやる学校)が送ってきたメールには、「日帝時代に慰安婦にされないために洞窟の中に隠れて過ごし、勉強ができなかったK学生(84歳)」と書いてあった

・私(その情報をキャッチした国民日報の記者のことです)が取材に行ったが、それは学校側のミスだった。Kさんを無理矢理レイプしようとしたのは日本軍ではなく米軍だった。Kさんは最初から相手を米軍だと言っていた。彼女は記憶がはっきりしていた。自分が記憶していないことは話さなかった



・Kさんの家の近くには米軍が駐屯していたが、いつもセクシ(韓国語で「嫁」の意味。広くは若い女性の意味にもなります。Sexと発音が似ている)を出せと言い、たとえ子供でも女なら連れて行ってレ○プしたという。彼女はその駐屯米軍から逃げ回っていたのだ


・日本軍ではなく米軍に間違いないのかと聞いたが、間違いなかった。困った。これでは話の「時宜性」が落ちる。記者が時宜性の無い記事を書くと、その記事の意図を疑われる


・その頃、米軍が女性にひどいことをしたということは、目新しい話ではない。そのような証言は、ずっと存在してきた。ただ、日本軍慰安婦問題のように大きな問題にならず、消滅することを断続的に繰り返した


・Kさんが体験した事は、それが日本からだろうと米国からだろうと、当然記録しなければならない事件である。誰かやっただろうと自明な犯罪行為だ。その行為を日本がやったなら悪いことで、米国がやったならそこまで悪くないと考えている人がいるなら、判断準拠を見なおさなければならないだろう


・Kさんの話を載せた(本記事の前の記事で、2月18日のもの)後、ネットでは、米軍がそのようなことをしたとはとても信じられないという人、扇動のための嘘であると確信している人たちが私をアカ(共産主義者)にしていた。やはり、なぜ今こんな記事を書いたのかと問う人も多かった。若い米軍が韓国で苦労してどれだけ寂しかっのだろうとか、また、韓国を救った米軍がそんなことした位でそれがどうしたと言う人もいた。Eメールでも抗議は続いた。Kさんの記憶を検証したのかと追及する人から、自分は絶対に信じられないので、Kさんに会って確かめないといけないと言う人まで多様で、むしろ新鮮だった


http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20160220015001977






記事の中に、「世の中を善と悪に分けて考えると、こうなる」という一行があります。


記者さんはいわゆる日本軍慰安婦問題に対して私とは意見が違うでしょう。記者さんが記事に書いた米軍関連犯罪の数々も、私はこのエントリーには不要だと思って翻訳しませんでした。

ただ、韓国側の対応に「日本だけ悪とするのはおかしいだろう」という疑問を感じたのなら、それだけでも意味があると思います。


(女性のレイプ問題ではなく歴史問題その自体で見た場合)日本でも米国でもなく、根本問題が韓国にあるということも自覚できれば・・と思いますが、それはまたこういう記事とは趣旨が違いますけどね。



Kさん本人は最初から相手は米軍だと言っていたことがわかります。また、インタビューでは記者さんが先に慰安婦と言い出すと、「慰安婦というより・・・」と、慰安婦とも話していないことがわかります。学校側がそれを「日本軍慰安婦」と書いたのが、果たしてミスだったのでしょうか?


時宜性とは「その時期に適切な内容」となります。記者さんは一般論として書いているようですが、「意図を疑われる」って、これはまた凄いこと書いてますね。それともわざと書いているのでしょうか?



「韓国人による噓韓論」には、「少し調べればわかることなのに、なぜ嘘に騙されているのか」、「それは韓国民が嘘に騙されるのではなく、嘘に酔ってそれを楽しんでいるからだ」という趣旨の内容があります。


そして、自分たちが善になるための対立構造ができあがり、悪はすべて反対側のせいにして・・・


世の中を善悪にわけて考えるから、「善」を疑わない。


疑うと嘘という黒魔術から覚めてしまう・・・


そんな韓国の、今日の一ページです。





それでは、きょかーん(挨拶










 韓国人による噓韓論、ついに発売です!

(3月1日「正論」、3月4日「産経新聞」などに広告掲載)



韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください




Voice 2016年4月号(3月10日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました


中国×朝鮮半島 憎悪と対立の歴史 (別冊宝島、3月11日発売)」に寄稿文が掲載されることになりました







ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください



いいね!した人  |  コメント(68)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。