シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:




毎年のことですが、

「日本が竹島の日を制定した」、

「安倍政権が次官級人士(韓国の次官の職位にあたる人)を参席させた」、

「市民団体が抗議デモを行った」、

そんなニュースが多い日です。


ブログにも、そして恥韓論の頃から本にも書いてきたことですが、韓国で反日と反共は、お互いを牽制する機能があります。

韓国の左派勢力は臨時政府時代から続く民族主義思想が強く、彼らは「反共」から逃れるために「民族」という言葉を盾にしてきました。

韓国で「親日」はそのまま「反民族」であるため、左派勢力はそのまま「反日」≒「親民族」が強いわけです。

右派とて、程の差はあるにせよ、反日なのは同じです。だから反共思想で右と左はいつもぶつかりあってますが、反日思想では「牽制」というものが存在しません。



「戦い」というのは、ぶつかり合うだけではありません。

敵であるからこそ、「私は味方ですよ」と接近しなければならないこともあります。


この構図を利用して、韓国で「民族」を語る人たちは(この場合、必ずしも彼らは左派だけではなく、もっと広い範囲となります)、

反共を忘れさせる(≒民族という単位でのアプローチを試みる)ために、反日を利用します。



逆に、最近のように「反共が強くなって、その分、反日が弱くなっている」時期だと、彼らは動きづらくなります。



竹島の日は、彼らにとってちょうどいい「名分」だったようです。


「北朝鮮は独島(竹島)をどう思っているのか?」という記事がありました。

結論からすると「神性なる我らの領土だ」としている、という内容です。



韓国の中~高等学校教育過程にあたる教科書に

「今日、独島を日本軍国主義者たちが奪おうと策動しているが奴らの強盗のような野望は実現できない。独島は誰も侵害することはできない我が国の神聖な領土だ」となっているとか。


http://media.daum.net/culture/others/newsview?newsid=20160222064103305&RIGHT_REPLY=R17







ハンギョレかな?と思ったら、聯合ニュースでした。




韓国の憲法からして、北朝鮮は韓国の領土を違法占拠していることになっています。

それをほったらかしにして「北朝鮮は独島を神聖な領土だとしている!」という記事が載るとは、呆れるものですね。


彼らは、「北朝鮮の領土だ」としているだけです。韓国の領土だとは言っていません。

さっそくソース記事のコメント欄では「北朝鮮と共同対応を」とか書いてる人がいますが・・・・



「噓韓論」のメインテーマとも似た内容です。

「反日は、愛国に化け、韓国、いや韓民族を一つにつなぎとめている」



全て、噓でできた幻ですけどね。








 さて、お知らせです。


2月末(公式発売日は3月初旬のようです)発売のシンシアリーの5冊目、「韓国人による噓韓論」が、おかげさまで順調に完成に近づき、予約もスタートしました。


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください




ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください





いいね!した人  |  コメント(57)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。