シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



日本でテレビを見たり新聞を読んだりすると、自国(日本)を責める内容にも褒める内容にも、言葉の意味そのままの表現が必要な場合を除いては、「民族」という言葉を見たり聞いたりしたことはありません。


実は、この「民族という言葉が見当たらない」は、10年前に私が初めて日本に行った時から、水道水をそのまま飲むことと並ぶ「ショック」でした。



韓国では、韓民族という言葉は聖なる意味を持っています。

発音が「ハン」であるから、日本に対する恨(ハン)の民族という意味もあったし、

統一を夢見るという意味でハン(一つの)民族という意味もありました。

もちろん、統一がどうとか言いつつも、「朝鮮民族」とは絶対に言いません。口ではすごい歴史を持った民族だとしながらも、朝鮮は韓国人にとって黒韓史・・じゃなかった、黒歴史扱いのようです。



民族という概念も、「ものは使いよう」と、民防衛エントリーや恥韓論の頃から書いたように、自分で自分の「誇り」を持つためのものならそれでいいとも思いますが、

殆どの場合において民族主義は「民族は人の価値を先天的に決める」という、選民思想に近い考えになりがちです。

別にどこの民族だろうと、人は「法の前に平等である」という法治の理念が優先するようになった今日この頃、民族主義というのが「危ない存在」と認識されるようになったのも、そのためです。

もちろん、人権がどうとかと無理な主張を持ち込んで、それを「逆利用する」人たちもいます。

自民族に有利にするために国家の法に干渉しすぎるのも、実は民族主義、特に民族という集団としての集団利己主義の現れでしかない場合がほとんどであるため、注意が必要ですね。



そういう、決して安定しているとは言いがたいバランスの上で、各国で民族主義は危ない存在として認識されています。もちろん、だからといって民族主義が完全に消えた国は無いし、消えるはずもありません。


繰り返しになりますが、民族という概念も、建設的な使い方ができると思っています。そんな使い方を探っていきたいものです。



韓国は、前から「韓民族が~」「韓民族を~」と、本当に民族にうるさい国でした。今も大して変わっていません。


韓国の起源設定(?)ならその「元」となる臨時政府そのものが、民族主義思想に深入りしすぎた連中でした。

民族主義は彼らの最大の名分であり、武器でありました。我々は優秀な民族だ。5千年も単一民族による統治を成し遂げたし、昔は中国よりも日本よりもずっと広い領土を持っていた。


特に、一部の学者(?)たちの間で主張されている出鱈目に「昔の韓国(古朝鮮)の広い領土」というのが日本のネットでも話題になったりしますが、

これは朝鮮半島で民族主義者たちの活動が活発になった当時(1900年前後)の「植民地」の概念にも繋がっています。こんなに広かった(大国だった)からね!本当だからね!ということですね。




さすがに今の韓国において、「もう韓民族とかそういうのやめるべきではないのか」という指摘もあります。


特に李明博政権の時からは、外国から「嫁」を連れてくる国際結婚とその副作用が社会問題となり、「多文化家庭(外国人と結婚した家庭)」を受け入れようというキャンペーンが広がりましたが、「韓民族という概念と衝突するのではないか」という声もありました。





そんな類の話・・「韓民族という概念に問題があるのではないか」という指摘に対して、韓国の「学者」さんたちがいつも持ち出すものが、


「ホンイク(弘益)人間」の精神です。



これは、檀君神話で古朝鮮が出来た頃に決まった「国家理念」だそうで、「広く人間に益をもたらし世界を理化させる」という意味です(もともとは「弘益人間、理化世界」といいます)。

1949年に初めて出来た韓国の「教育方針」にも、その1に「教育は弘益人間の理念のもと、民族的独立自尊の気風と国際友好協力の精神を備えた国民の品性を作っていく~」となっています。




民族主義者たちが主張するのが、これです。

「韓民族の民族主義は、韓民族以外の世界の人々に利益をもたらし、彼らを理化するものである。だから、何の問題も無い」


先もちょっとだけ書きましたが、朝鮮半島の民族主義というのが植民地を強く意識する時代に活発になったから、でしょうか。

古い文書に残っている弘益人間がどんな趣旨で書かれたものなのかはわかりませんが、すくなくとも今の私が目にしている韓国の「弘益」は、

「上から目線」でしかありません。




私のいうことが正しい。根拠はあるが、見せられない・・・・って、どっかで聞いたような気もします。




民族主義が危ないのは、最近、世界各国の市民団体が騒ぐ適当な差別ではなく、「本物の差別」に繋る恐れがあるからです。


私たちは韓民族だ。私たちの言うとおりにしたほうが利益であり、理的である。



それこそ、差別でしかありません。












 さて、お知らせです。


2月末(公式発売日は3月初旬のようです)発売のシンシアリーの5冊目、「韓国人による噓韓論」が、おかげさまで順調に完成に近づき、予約もスタートしました。


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください




ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください







いいね!した人  |  コメント(79)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。