シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



最近、ニュースなどを見ると、やはり反日と反共は相反する関係にあることがわかります。

韓国は、国が出来た頃から、反日と反共という2つの国策を背負ってきました。


韓国は臨時政府の後継者であり、「連合軍側」であるためには、反日はとても便利でした。

民主主義陣営であり、「米軍側」であるためには、反共はとても便利でした。


しかし、これら2つの「反」は、お互いを牽制しあっていたのも事実です。


朴正熙元大統領の頃、反共が大幅に強化され、反日は相対的に弱体化します。逆に、金大中・盧武鉉の左派政権の頃には、反共は弱体化し、反日が強化されました。


安保、経済、そして多少なりの歴史に対する見方の差などで、反日はもはや邪魔でしかなく、反共こそが現実的に必要なものだとする、今も韓国右派の一部の人たちに残っている朴正熙流の反共思想(彼が反日じゃなかったという意味ではありません。相対的にそうだったということです)。


反共は「民族」精神の邪魔になる。北朝鮮も同じ民族だ。韓民族をダメにしているのは親日で、真の敵は日本だ。過去の問題はまだまだ終わっていない。左派政権から急激に広がった考え方。

この2つは、同時に存在することはできませんでした。




しかし、反共と反日には、決定的な差があります。

昔には、法制化という差がありました。「反共は法で守られている。反日はそうではない」という差がありました。国家保安法などで、反共は法制化されています。今もそうですから、昔はそうだった、というのも無理がある気もしますが・・・


ただ、本ブログでも何度か紹介しましたが、市民団体と政治団体が一体化してしまった今の韓国において、反日はもはや法制化されたのと同じで、これはもはや「差がある」とも言えなくなってしまいました。

ご存知、加藤達也さんや朴裕河さんのようなケースです。




反共と反日の差は、今では「持続」の差です。


韓国では「ネンビ(鍋)根性」という言葉があります。ここでいうネンビは、ブリキのような材質で出来ている古い韓国式鍋のことで、すぐ熱くなり、すぐ冷めます。

だから韓国では「すぐ熱くなり、すぐ冷めてしまう」韓国人の気質を「鍋根性」と呼びます。


反共の場合、持続しているのは事実ですが、反共の反対側、一般的に「親北」と呼ばれる勢力が存在していて、彼らを支持する勢力も存在しています。そのためか、北朝鮮関連で何かあって国中が大騒ぎになっても、1~2年すれば、あまり話題になりません。

だからもし個人や団体(マスコミなど)が反共について持論を述べると、一定の反論を覚悟しないといけません。


可能性の話ではありますが、もしまた政権が変わったりすると、反共がまたいきなり弱体化することもあるでしょう。

いわば、ネンビ根性が適用できます。



反日は違います。反日の反対側が存在しないからです。支持勢力もありません。個人や団体が反日を述べても、反論されることはほとんどありません。

テレビから映画から小説から、学校から国会から、反日は本当に「気軽に」「日常的に」、「日本への憎悪」ではなく「韓国への愛」の姿となって存在しています。


そのせいか、反日には持続性があります。




これは「噓韓論」のメインテーマでもありますが、社会はもちろん人々の精神世界、「愛国」そのものすらも、韓国のそれらは全てが「極端的な対立構造」でできています。

反共や反日も、その対立として韓国という国を「支えて」います。



皮肉なものです。いつまでたっても、何かと対立することでしか団結できないというのも・・・・








 さて、お知らせです。


2月末(公式発売日は3月初旬のようです)発売のシンシアリーの5冊目、「韓国人による噓韓論」が、おかげさまで順調に完成に近づき、予約もスタートしました。


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください




ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください


いいね!(169)  |  コメント(48)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。