シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



個人的に、各企業側への補償さえなんとかするなら、開城工団の閉鎖はそう悪い選択ではなかったと思います。効果については微妙ですが、「北朝鮮への制裁を行ったぞ!」という、象徴的な意味もありますから。


ただ、いまのところ入居企業らに対しては「貸出金の償還を猶予してやるように(金融機関に)言っておいた」程度の支援策しか無いみたいで、そこは気になります。




世界各国が北朝鮮への制裁に動いているし、韓国もそうしてくれと呼びかけている。こんな状況下で、韓国も何かをやらなければならなかった。それが工団閉鎖という結果になったのだ」


別にそれだけで十分だった気もします
が、





昨日、ホン・ジュンピョ統一部長官が、KBSの番組に出演して、妙なことを言い出しました。


「北朝鮮が外貨を稼いで、党書記室または39号室(何かの組織名?)に移管し、そのお金を核・ミサイル開発などに使用したものと把握しいる」

「複数のルートから特定したところ、開城工団で支給されたドルの70%程度が書記室などで使われていると確認された」




工団のお金が核ミサイルの開発に使われている、ということです。これが本当ならかなりショッキングな内容です・・・・・・・・




・・・・・・・・が、ちょっと話の前と後ろが合いません。




それが本当なら、「左派政権」とされるノ・ムヒョン政権が終わってからも8年の間、なぜ韓国政府は今まで問題提起をしなかったのか、事実的に「幇助」したことになるのではないか、という指摘です。


記事によると、韓国政府は開城工団の賃金が核開発に転用されていないと2013年に国連に報告したことがあるし、2014年と2015年の国連制裁委員会が韓国を訪問した時も、核開発資金が転用された資料があるという報告をしていなかった、とのことです。


これって、ニセの報告書を出したのか?という展開になってしまいます。



また、長官が14日には「確認された」と話していますが、「資料を見せることは出来ない」としています。



http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201602142252445&code=910100






京郷新聞の鋭い突っ込み記事の中に、こういう一行がありました。


証明はできないが、私の言ってることが正しい(と長官は主張しているだけである)」






資料は見せられないが確認できた(キリッ


反日で常用した(?)からでしょうか。

慣れてますね。















 さて、お知らせです。


2月末(公式発売日は3月初旬のようです)発売のシンシアリーの5冊目、「韓国人による噓韓論」が、おかげさまで順調に完成に近づき、予約もスタートしました。


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください




ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください














いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。