シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



今回、韓国が急にTHHADの話を持ちだしたのは、中国に対しての「失望」が大きな理由になっていると思います。


朴槿恵大統領及びその支持勢力としては、少なくとも「親中は、安保問題にはならない」という前提が必要でした。

中国が「中国が問題にしているのは日米同盟であり、韓米同盟ではない」という心にもないことを話していたのも、そういう韓国の立場をフォローしてやっていたわけです。


韓国の保守勢力たちは、中国が韓国の味方になることで「北朝鮮を制御できる」という浅い考えを持っていたことになりますが・・・


実際には、そううまくいくはずがないでしょう。

韓国人は「白か、黒か」しか知りませんが、中国は違います。韓国と北朝鮮の両方を「駒」として操りたい。それが中国の狙いです。


もっと北朝鮮を叱ってくれ!そういう韓国の叫びは届かず、韓国は「失望した」、という構図です。







本ブログで韓国の親中路線を書いてきたシンシアリーとしては、「何かに似ている」と思わざるを得ません。


韓国の、朴槿恵政権の親中路線を支えていたのは、言うまでもなく、反日でした。

「もっと日本を叱って!」という韓国の叫びはアメリカには届かず、アメリカは日本の集団的自衛権に賛同するなど、日本に肩入れしました。

もっと詳しく書けば、アメリカとしてはアメリカの国益に忠実な動きを見せただけです。


そんなアメリカへの「失望した!」な気持ちが、韓国の親中路線を促したわけです。



韓国にとって北朝鮮と日本は共に「敵」です。

完全無欠な敵です。


韓国はそんな敵に対して、完全無欠な味方、韓国の言うとおりにする、または自国より韓国の利益を優先してくれる仲間を求めていたのかもしれません。


その結果で、こっちに行ったり、あっちに行ったり、・・・


しばらくするとまた、アメリカに失望した!とか言いながら親中路線に戻るかもしれません。












 さて、お知らせです。


2月末(公式発売日は3月初旬のようです)発売のシンシアリーの5冊目、「韓国人による噓韓論」が、おかげさまで順調に完成に近づき、予約もスタートしました。


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください


韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください




ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください



いいね!した人  |  コメント(78)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。