シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:




昨日お伝えした内容の続報となります。

どうやら外交部が「(昨日の内容通り)10億円全額を個別支給する」と決めたのは、慰安婦たちの意見を聞き入れた結果である、とのことでして。

韓国日報はこの事について、次のように書いています。

<外交部が4日、慰安婦合意に基づいて、日本政府が慰安婦財団に出すことにした10億円の全額を慰安婦被害たちに慰労金などの形で個別支給する案を推進していることで、愚論が巻き起こっている。このお金の性格をめぐって被害者たちの意見が分かれる可能性が大きく、「日本政府はお金だけ出して後ろに下がり(≒関わろうとしない)、内部分裂だけ育てるになった」との批判が提起されている・・>



韓国が「日本軍慰安婦被害者」としている人は46人です。韓国内に42人、海外に4人います。

国内の42人のうち、記事で「ナヌムの家など施設に居住していない28人」という記述があることから、施設居住者が14人、個別居住者が28人のようです。


韓国外交部は、慰安婦合意に強く反対している敷設居住者14人を除き、残りの28人と海外の4人=32人から意見を聞いてみた、とのことです。


応じたのは20人(国内18人、海外2人)。

残りは(老人性疾患などで)ちゃんと話ができなかったり、身分を明らかにしたくないという理由で面談を拒否したりしたそうです。

この20人のうち、外交部の方針に賛成したのは16人、反対したのは4人だったそうです。




記事によると、

<慰安婦合意に肯定的な反応を見せた人たちは、生前に問題を解決するための政府の努力を評価する一方、個別補償を希望しながら、(金の)額も重要だという意見を提示したと外交部は伝えた。何人かは、慰安婦合意に反対する挺身隊問題対策協議会への拒否感も表出したという。外交部当局者は、「お金が財団の運営費に入るのではないか」という理由で、財団設立に反対した方もいた」、「「少女像が問題になって、今回の妥結の恩恵を受けられないではないか」と憂慮した方もいた」と話した。彼女らは、記念館建設などの追悼事業ではなく、実質的な個別の利益を獲得したがっているということだ。この当局者は、「日本から受け取ったお金で慰安婦記念館を建てることは、すべてのおばあちゃんが反対するとの意見もあった」、「韓日慰安婦合意に否定的な反応を見せた方にも、個別補償の額には、関心を表明した」と述べた。これにより、10億円の全額を見舞金、医療費、看病費などの形で支給するようにした・・・>


今回の意見聴取は、韓国の外交部としては「ほら見ろ、慰安婦合意に反対する挺対協の慰安婦だけが全てではないぞ」と反論できる根拠になると思います。

合意に関する国内の不満を抑えなければならない韓国外交部としてはうまい策ではありますが、記事が指摘している通り、慰安婦たちからみると「内部分裂」の可能性が高まりますね。


このまま慰安婦同士で集団乱闘になるとネタになると思いますが・・




http://media.daum.net/society/all/newsview?newsid=20160205045151910&RIGHT_REPLY=R2











 おかげさまで、5冊目「韓国人による噓韓論」が2月末に発売予定です。

ありがとうございます!




ブログ関連
のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください







いいね!した人  |  コメント(64)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。