シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

「ヘル朝鮮」がどんどん有名になっていきますね・・

ワシントン・ポストが「ヘル朝鮮」を紹介したとのことです。

本エントリーは東亜日報の記事をソースにしていますが、多分「Young South Koreans call their country `hell` and look for ways out」という記事だと思われます。



ワシントンポスト(WP)は31日(現地時間)、「韓国の青年たちは、自分の国を地獄(Hell)と呼び、脱出する方法を探している」というタイトルで韓国の「ヘル朝鮮」シンドロームを説明した

WPはヘル朝鮮について、「儒教的階級秩序が社会を握っており、誰が優先されるかが封建制度で決定される朝鮮王朝を連想させる言葉」と説明した

「20~30代の若者たちは、韓国では金スプーンをくわえて生まれた人々が最高の大学に入り、良い仕事も得る一方、土スプーンをくわえて生まれた人々は低賃金を受け長時間労働をして暮らしていると話す」

※所謂「スプーン階級論」ですね。


WPは「韓国の青年たちは、ほとんどがこれらの不満を持っている」、「1960~70年代の経済成長と80年代の民主化などを達成した時期を経験した親の世代とは違って、今の青年たちには下り坂だけが見えているのが原因だ」と説明した

「2008年グローバル金融危機以来、世界中で多くの人々が仕事、家、希望を失った。特に韓国では、産業化と国民の生活が克明に対比され、喪失感がより大きく感じられた」

「昨年2.6%に鈍化した成長と非正規職の量産、雇用不安定などが「ヘル朝鮮」シンドロームを増幅させる要因とされる」、「韓国労働研究院の資料によると、青年求職者の3分の2が非正規職である」

「韓国の青年たちがソーシャルメディアとウェブサイトを介して、米軍入隊、米国の市民権獲得、移住などの計画を立て、情報を共有して韓国を脱出する方法を議論している」


http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20160201160309417




うーん・・・

ヘル朝鮮という言葉は好きではありませんが、韓国の若い世代を象徴する一つのキーワードとなった(なってしまった)のは間違いないようです。


しかし、こんな状態で外国に行ったところで、本当に今より良い暮らしができるのでしょうか。

見識を増やすとか、技術を学ぶためとか、そういうことならわかるけど、「嫌だから逃げる」というマインドじゃ・・・不安ですね。



「外国が好きだから」と「自国が嫌いだから」はぜんぜん違うものですから。












 おかげさまで、5冊目「韓国人による噓韓論」が2月末に発売予定です。

ありがとうございます!




ブログ関連
のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください






いいね!した人  |  コメント(55)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。