シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

おかげさまで、完璧な旅行ができました。

伊豆高原はあいにくの雨でしたが、旅館の中でぐーたらしていたので問題ありませんでした。

写真が現象(RAW)も整理もできてないので、日本旅行記は夕方~夜に書きたいと思います。







↑楽しかった思い出


↓迫ってくる現実







日本政府が国連に対して「慰安婦の強制連行については何の資料もない」という公式立場を提出したことがわかりました。



聯合ニュースによると、

<・・国連・人権最高代表事務所(OHCHR)のホームページによると、日本政府は来月15日から3月4日まで​​、ジュネーブの国連本部で開かれる国連女性差別撤廃委員会(以下委員会)第63回会合を控えて委員会に提出した答弁書に、軍慰安婦強制連行の証拠がないという主張を載せた。

日本政府は、「日本政府の関連省庁が持つ関連文書の研究や調査、米国国立公文書記録管理局(NARA)での書類検索、前職(元)軍部側と慰安所の管理者を含む関係者の聞き取り調査、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)によって収集された証言の分析など、全面的な真相調査を実施した」としながら、「このような調査で、日本政府が確認できる書類のどこにも軍と官憲による慰安婦強制連行(forceful taking away)は確認されていなかった」と明らかにした。

委員会が「最近慰安婦の「強制的な移送(forcible removal)」を立証する証拠はないという公的な発言を接した。その情報に言及してほしい」と質疑に対する答えだった。

これにより、日本政府は、来月開幕する女性差別撤廃位の会議で慰安婦強制連行の証拠がないという主張を初めてする見通しである・・・>、とのことです。


http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160131181405250



さっそく韓国政府は、「慰安婦合意の精神に逆らうことだ」「慰安婦強制連行は否定出来ない歴史的事実」と声明を出しました。




さて、国連の人権なんとか委員会が日本政府への反論として「強制連行の資料がある」と言えるのか。言えるなら、どんなものを持ち出すのか(棒


注目したいですね。











2月(末?)発売予定の5冊目、すぐにブログでも紹介できると思います。

また、短い文ではありますが、発売中の
「ヤバイ! 韓国経済 絶望の真実(別冊宝島2421)」に寄稿文が載りました。

また、3月刊行予定の「別冊宝島 中国対朝鮮~憎悪と対立の歴史」にも寄稿致すことになりました。



 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

・おかげさまで、4冊目となる 「韓国人による震韓論 (電子書籍あり)」が9月25日から発売中です!





なんで「拝啓」なのかは本の終章あたりで・・





ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください





いいね!した人  |  コメント(67)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。