シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



産経新聞が、慰安婦合意に関する世論調査を行ったようです。韓国では京郷新聞が報道しています。

・韓国が設立する日本軍慰安婦支援財団に日本政府が10億円を出すことにしたことについて、回答者の64.1%が「少女像(慰安婦像)が撤去された後、提出しなければならない」と答えた。「少女上撤去時期に関係なく、お金を払わなければならない」という回答は24.1%にとどまった

・韓日両国政府が慰安婦問題について最終的・不可逆的に解決されたと合意したものについては、回答者の59.7%が「(肯定的に)評価する」と回答し、30.5%は「評価しない」と回答した。


http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160126081815760




他の新聞の世論調査でもそうですが、日本では肯定的な評価が多いようですね。


もう何度も書きますが、シンシアリーは慰安婦合意の内容にどうしても納得ができません。やはり、韓国がでっち上げた「嘘」が本当のこととして残るようになったわけですから。

ただ、合意が「外交」としてどれだけ有効なのかは、私が納得するかどうかとはまったく関係なく、5年後、10年後、50年後に示されることでしょう。

それが良い結果となっているなら、それはそれでいいことだと思います。



・・・とはいえ、私は「いずれこの合意は破られる」と思っています。慰安婦関連だけでなく、他の事案・・例えば教科書記述問題、竹島問題、靖国神社問題など、慰安婦とは関係ないことによっても、韓国は慰安婦合意を破るでしょう。

もちろん、「日本が先に合意を破った」という出鱈目な名分のもとに




話がまたズレましたが、今回のエントリーで言いたかったのは、記事の↓の部分です。

・また、今回の調査に回答した日本人のうち、81.2%は「慰安婦問題が、日韓両国の間に再び懸案になるだろう」と答えた。慰安婦問題が再び両国の懸案がされていないと答えた人は12.6%に過ぎなかった。


これは、素晴らしいことだと思います。こういう認識が必要なのです。




余談ですが、2月末に発売予定の本にも、似たような趣旨の内容を書きました。「いずれ、韓国は合意を破る」。その時に日本がどういう反応を示すか。それはとても大事なことです。











2月(末?)発売予定の5冊目、すぐにブログでも紹介できると思います。

また、短い文ではありますが、発売中の
「ヤバイ! 韓国経済 絶望の真実(別冊宝島2421)」に寄稿文が載りました。

また、3月刊行予定の「別冊宝島 中国対朝鮮~憎悪と対立の歴史」にも寄稿致すことになりました。



 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

・おかげさまで、4冊目となる 「韓国人による震韓論 (電子書籍あり)」が9月25日から発売中です!





なんで「拝啓」なのかは本の終章あたりで・・





ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください




いいね!した人  |  コメント(48)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。