シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



雑記でも少し書いてみます。


ヘル朝鮮という言葉が、勢いを増しています。

普通にニュース番組などでも話題になるなど、ある種の流行語みたいになりました。





ヘル朝鮮・・といいますけど、どうして「ヘル韓国」ではなく「ヘル朝鮮」なんでしょうね。


朝鮮は凄い国だったとしながらも、併合時代にあんなに悪口を叩いていながらも、実は朝鮮というのがどれだけ愚かだったのか、ある程度はわかっているのでしょうか。


それとも、スジョ(スプーン)階級論みたいに、「生まれ」で階級が決まる世の中を、身分制度が強い朝鮮と繋げているのでしょうか。自分でいくら頑張っても、お金持ちの子で生まれた人には勝てない、という。


身分制度が廃止になったのも併合時代ですから・・これもまた反日国家としては皮肉な表現です。ずい分前のエントリーですが、天方地丑馬骨皮というのがありましたね・・







キーワードを「朝鮮」から「ヘル(地獄)」に変えてみると、「苦しい」というイメージから、失業問題とか、そういう経済、景気的な問題を示していることはよくわかります。




ただ、偶然私の目に入ったネット上のあるジョークを一つ紹介したいと思います。

<・・「韓国の若い人たちは、自国をヘル朝鮮とか言うそうですね。韓国って本当に地獄みたいなところですか?」


「ぜんぜん違いますよ。本当の地獄では罪を犯したものが罰を受けますから」・・>



なるほど。

単純に経済問題ではなく、地獄という意味には社会、政治的な「不正」の意味があるという認識なのでしょうか。


「私は罪を犯していないのに地獄に落とされた」と思ってのヘルなら、その認識には大きな問題があります。


生まれを選ぶことはできないという、「朝鮮」という言葉に含まれていたそのままの意味と矛盾します。生まれる国を選ぶことはできなくても、そこにある不正をどうにかしないといけないのもまた、その国の民です。

裁判でもないかぎり、「罪を犯していない」かどうかの問題ではないと思います。

「自分が正しい」世の中だけを主張していては、どこに行こうと地獄でしかないでしょう。


韓国の20~30代の苦しみを理解できないわけではありませんが、

いままで本とブログでシンシアリーが指摘してきた「私には何の問題もない」という、それこそこの国の精神状態を地獄にした元凶たる考え。


その考えがまた「ヘル朝鮮」という言葉に現れているのではないか・・・



そう思うと、ヘル朝鮮という言葉がどうしても好きにはなれません。







2月(末?)発売予定の5冊目、すぐにブログでも紹介できると思います。

また、短い文ではありますが、発売中の
「ヤバイ! 韓国経済 絶望の真実(別冊宝島2421)」に寄稿文が載りました。

また、3月刊行予定の「別冊宝島 中国対朝鮮~憎悪と対立の歴史」にも寄稿致すことになりました。



 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

・おかげさまで、4冊目となる 「韓国人による震韓論 (電子書籍あり)」が9月25日から発売中です!





なんで「拝啓」なのかは本の終章あたりで・・





ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください










いいね!した人  |  コメント(72)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。