シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



似たような趣旨のアンケートを定期的に見ている気もしますが・・・韓国日報が韓国、日本、デンマーク、ブラジルの4ヶ国(なんでこの4カ国が選ばれたのかはわかりませんが)で行ったアンケートの結果です。

「再びこの国の国民で生まれたいですか」、すなわち「生まれ変わってもこの国に」と思っている人の%ですが・・


「はい」

韓国50.0%、日本73.6%、デンマーク75.2%、ブラジル51.0%

「いいえ」

韓国39.8%、日本8.8%、デンマーク10.4%、ブラジル37.2%

「よくわからない」

韓国10.2%、日本17.6%、デンマーク14.4%、ブラジル11.8%


韓国に生まれたくない理由で1位は、「熾烈な競争(19.5%)」でした。

その次が、若い世代に多い「政府不信(18.5%)」、慢性的な「社会腐敗(17.8%)」。

個人的に、ある程度の富裕層だと「生活の質が低い(16.2%)」、そうでない場合は「経済的困難(6.7%)」が理由になりやすいと思いますが、そうでもないみたいですね。



「社会の不平等」が14.8%もあるのもまた、注目です。

1位の「競争」は、詳しくは競争そのものより、競争の結果が問題です。社会の競争は「勝ち負け」になることももちろんありますし、社会構造的に「序列」が出来上がるのも仕方のないことでしょう。

そう考えると、「社会の不平等」も、相当な部分にて「熾烈な競争」と重なると見るべきでしょう。



今まで本にもブログにも書いてきたことですが、韓国には「上か、下か」という二元論的な考えが人々の精神世界を支配しており、競争という言葉からも「勝ちか、負けか」しか見出すことができないわけです。

韓国人の基準で「異論の出来ない勝ち組」は、ほんの一握りの人たちだけです。


記事本文にもありますがこの競争項目は、デンマークが6.9%、ブラジルが4%、日本が2.6%となっていて、韓国よりずっと低い数値となっています。

これら3ヶ国は、「競争」という言葉から韓国とは別のものを見出しているのでしょう。

日本もすごい競争社会だと思いますけどね・・それを「競争のせいではない」と考えているのは、実に見事な志だと思います。



個人的に、「韓国人による沈韓論」のある部分を思い出しました。

セウォル号沈没の時、犠牲者たちに「二度とこんな国に生まれないでください」と言う韓国の人たちと、

東北大震災の後に日本を訪れた私に「日本に来てくれてありがとうございます」と話してくれた羽田空港の店の人の話を対比的に書いた部分のことです。


沈は「鎮」の意味で書いたものでもありますし・・呪いがどうとかの内容が多かったですからね。


韓国民は、何かを呪え、憎めと教えられてきました。そうすることで自分を正当化できると。「反日」も同じ構造です。


しかし、それは結局は自国に返ってきます。自国に、自分の街に、そして自分自身に。



http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20160119051352841&RIGHT_REPLY=R1












2月(末?)発売予定の5冊目、すぐにブログでも紹介できると思います。

また、短い文ではありますが、発売中の
「ヤバイ! 韓国経済 絶望の真実(別冊宝島2421)」に寄稿文が載りました。

また、3月刊行予定の「別冊宝島 中国対朝鮮~憎悪と対立の歴史」にも寄稿致すことになりました。



 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

・おかげさまで、4冊目となる 「韓国人による震韓論 (電子書籍あり)」が9月25日から発売中です!





なんで「拝啓」なのかは本の終章あたりで・・





ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

いいね!した人  |  コメント(59)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。