シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:




韓国が「日本による人類史上最悪の植民地支配による被害者」というSFを語るにおいて、頻繁に出てくる言葉が「米」です。

どうみても輸出ですが、「収奪」だったとしているのです。

そのイメージは勝手に膨れ上がり、いまでは、悪代官かなにかが貧乏な農民が家に隠しておいた最後の食糧をも奪っていく時代劇のシーン・・・みたいな感じになっています。


さて、どうでしょう。1939年1月11日の東亜日報の記事を一つ翻訳してみます。

「戦時米穀問題展望」です。

<事変が勃発してから経済産業各部門には戦時統制が本格化、強まっていたが、この米穀問題だけは比較的に平穏な状態が維持されてきた。

しかし、事変の二年目を迎え、米穀問題がやっと考慮を要する、論議の的になったのは、長期戦や長期建設に備える戦時食糧の観点から要求された必然的結果といえるだろう。

事変の当初から米穀問題がすぐに議論されなかったのは、食糧の不足を感じたことが無かっただけでなく、事変の翌年の農刑(農事)が全国的に有史以来の記録的な豊作だったことも事実であろう。

しかし人口の自然的増加によって消費が毎年増加する傾向にあるし、戦争の直接・間接な理由での米の消費は日々増えている形であるが、反してその生産高はそれほど激増ではなくむしろ減る状態が見えつつあり、米穀受給の均等が失われ、軍量供給や国民生活資材が足りなくなる心配が、長期戦のもとで実現化するのではないかと、この米穀問題が議論されるようになったと言える。


・・・中略・・・


このように米穀問題は重大で急ぐべきであり、戦時三年目となる今年から日本内地、朝鮮を問わず増産に踏み込み、米穀事情に関する具体的検討を行う一方、従来の米穀配給組織を改革するために統制制度整備を目標として見本米穀株式会社の案が七十四議会に提出されることとなっており、半専売制実施目標として米穀配給会社の案が議論される一方、移出米管理実施、混砂米禁止令実施などさまざまな解決策が準備、議論されているので、ここにて米穀統制の新しい方向転換と言え、米穀問題の新しい仮題とも言えようが、問題は如何にうまく実行されるかであるので、その進展が注目及び期待されている。>




5冊目の原稿には、「数百年数千年前のことならともかく、数十年前のことまでここまで歪曲(捏造)されているのに誰もおかしいと思わないのは、学者など専門家だけの問題ではなく、一般市民たちも嘘に浸かっているからだ」という内容があります。


これも、そういう類の一つででありましょう。

















2月(末?)発売予定の5冊目の原稿が初稿になって返ってきました。追記などを済ませてから、再び編集の方にお送りすることになります。いずれ、ブログでも紹介できると思います。

また、短い文ではありますが、発売中の
「ヤバイ! 韓国経済 絶望の真実(別冊宝島2421)」に寄稿文が載りました。

また、3月刊行予定の「別冊宝島 中国対朝鮮~憎悪と対立の歴史」にも寄稿致すことになりました。



 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

・おかげさまで、4冊目となる 「韓国人による震韓論 (電子書籍あり)」が9月25日から発売中です!





なんで「拝啓」なのかは本の終章あたりで・・





ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

いいね!した人  |  コメント(52)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。