シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:


前に何度か書きましたが、

「政治団体が表に出ず、繋がりのある市民団体がその立場を代弁することで世論作りを試みる」という内容の・・・関連エントリー?になると思います。


慰安婦合意に関する国内の反発が強まっている中、保守系の「母親部隊」という団体が、

日本が初めて謝罪したから慰安婦お婆さんたちは犠牲(自己犠牲)のつもりで日本を赦してあげてほしい」というデモを行いました。


この合意は韓国がもっと強い国になるためのものだから、気に入らないことがあってももう日本を赦せ、というのです。


母親部隊には脱北者も含まれていて、かなりの保守寄り団体だそうです。



彼女たちの主張で面白いのは、

まず、「歴代政権が24年かけて出来なかったことを、朴槿恵政権がわずか3年で成し遂げた」としているところ。ここから彼女たちの主張が「韓日関係」や「強い国」ではなく、政権支持の一環であることを垣間見ることができます。

そして、「日本が初めて謝罪した」としているところです。

日本が何度も謝罪したことを「知らない」こその無知なのか、それとも「初めての謝罪」にしたほうが、朴槿恵大統領を「引き立てる」ことができるからなのか・・・

それはわかりませんが。


彼女たちのデモは、いわゆる慰安婦問題に対する「反論」ではありません。

ただ、「聖なる被害者集団」慰安婦たちに「反対する立場」なデモが行われたことは、大いに注目する必要があるでしょう。


そう、韓国が何もかも「半分」になりやすい国です。

右か左か、上か下か、保守か進歩(リベラル)か・・・・


朴槿恵政権支持の人たちが今回の「不可逆」な合意を支持するとなると、慰安婦問題は(国内では)初めて「内分」になる可能性があります。



面白いですね。




http://media.daum.net/politics/others/newsview?newsid=20160105001000324&RIGHT_REPLY=R5












 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

・おかげさまで、4冊目となる 「韓国人による震韓論 (電子書籍あり)」が9月25日から発売中です!





なんで「拝啓」なのかは本の終章あたりで・・





ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください







いいね!した人  |  コメント(91)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。