シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

全てコメント欄からの情報です。

ソースは自分で確認しました。


日本の外務相が「forced to workは強制労働ではない」と話したことがどうしても理解できませんでした。

翻訳すると強制労働になるのに、どうしてそんなことを言ったのか?





そして、それが何故大事なのか、何でその表現の解析でこんなに両国がうるさいのか、すこしわかったので、整理しておきます。




結論から言うと、国際法違反なのかどうか、の差がありますね。



前にも書きましたが、日本語にすると徴用工も強制労働も同じニュアンスに聞こえますが、違います。



韓国が主張するのは、ILO (国際労働機関) の 「Forced Labour Convention (強制労働に関する条約)」でいう「強制労働(forcedまたはenforced labor)」です。


言い換えると、日本が主張する徴用工と韓国が主張する強制労働では、国際法的に意味が全然違います。

例の条約ができたのは1930年で、日本が批准したのは1932年。韓国が問題視しているのは1940年を前後してのことです。

ずばり、もし日本が「Forced Labor」をやったなら、国際法違反です。

だから、韓国は徹底的に「日本が国際条約を破って韓国人に強制労働をさせた。日本の国際犯罪で韓国人が被害者になった」と演出したかったわけですね。


しかし、日本が主張する通りに「徴用工」なら、国際法違反ではありません。

例の条約によると、兵役、裁判結果による労務、戦時または災害時の場合は、forced labor(強制労働)の範囲に含まれません。


日本の主張通り「徴用工」であるなら、韓国はそういう駄々こねができなくなります。



戦時徴用でも「自分の意志に反する労役」(forced to work)だった可能性はいくらでもあります。というか、いやいや働かされるのが普通かも?

ただ、戦時徴用なら、国際法違反ではありません。




だから今でも韓国はこう主張しています。
「forced to workと言ったではないか、それは forced laborと同じだ(日本が国際法違反したと認めた)」


日本外務省はこう主張しています。

「自分の意志に反してforced to workされた人たちはいたけど、 forced laborじゃない(国際法違反ではない)」



ややこしい問題ではありますが、いずれ、こういう問題では「違法なのかどうか」がとても大きな力を発揮することになります。


この差は覚えておく必要があるのでは?と思って、更新しておきます。







※追記


どうやら、「当たり」だったみたいです。

こんなニュースがありました。

政府、「強制労働」を否定 本格説明へ、産業遺産の徴用問題>

 政府は6日、世界文化遺産登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」に関し、朝鮮半島出身者が一部施設で「労働を強いられた」とした5日の日本政府の陳述は「強制労働」を意味しないとの対外説明を本格化させた。違法性を帯びる「強制労働」を日本が認めたとの印象が広がれば、韓国で元徴用工の請求権問題が蒸し返される可能性が高まると判断した。

 韓国側は「日本が労働の強制性を認めた」(政府高官)と受け止めており、日韓間で摩擦が再燃する展開も予想される。

 政府は今後、2国間協議や国際会議の場を利用し「強制労働には当たらない」との立場を発信する方針だ。

http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070601001965.html




ここで言う「違法性」という言葉、

本エントリーの内容(国際条約違反なのかどうか)が間違っていない、ということでしょう。


コメント欄(5)にも書きましたが、韓国は、次は慰安婦問題と安倍談話で「関係改善」という闇の呪文をしかけてくるはずです。


日本側としては、同じミスを繰り返さないでほしいものですね。








 7月4日発売(予定)の「SAPIO8月号」と、7月13日発売(予定)の別冊宝島「中国・韓国の歴史認識 大嘘の起源」に、それぞれシンシアリーの寄稿文が掲載されることになりました。




 書籍や関連広告・寄稿文などのお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」第二弾「韓国人による沈韓論(電子書籍版あり)」に続き、3冊目となる「韓国人が暴く黒韓史」が発売中です。

おかげさまで。もうシリーズ累計約35万部突破です(電子書籍除外)!
出版社:扶桑社、ISBN:978-4-594-07226-1


「韓国人が暴く黒韓史」また重版決定です。
累計5万4千部となりました。




ブログ関連のお知らせ

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、
「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

雑談エントリーは6まで来ました。ご自由にどうぞ。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください












いいね!した人  |  コメント(140)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。