シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:


私が子供だった頃から、李舜臣ほどではないものの、抗日闘争の「聖人」の一人として柳寛順という人がいました。


誰でどんなことをしたかなど詳しいことは省略しますが、簡単に言うと「か弱い少女が31マンセー運動に参加し、非暴力だったにもかかわらず邪悪な日本軍によって連行され、数々の拷問を受け、牢屋で殺され、遺体もバラバラの状態で遺族に渡され、墓も荒らされた」というものです。



彼女は「聖人」でした。別の意見など認められない、「正しく勇敢だけど非力で無惨に潰された」被害者の典型でした。


しかし、どういうことか、韓国の高等学校の「韓国史」教科書8種の中、4種で彼女に対する記述が無くなっているとのことです。



なぜでしょうか?


「後になって親日派たちが自分たちの失敗をフォローするために柳寛順に関する内容を見つけ出し、それらしく発表したものだという研究がある」とのことです。



何を言ってるのか、よくわかりません。



ちょっと調べてみたら、すべてソース無しネット情報ですが、柳寛順のことは1950年代まではその名前すら知られてなく、教科書にも載ってなかったとのことでして。当時韓国の権力者になっていた親日派たちが彼女についての記録を見つけ出し、プロパガンダとして載せた、という研究があるみたいです。


繰り返しになりますが、何を言ってるのかよくわかりません。

反日ヒロインを持ち上げることで、自分たちも反日派だったとカモフラージュしようとした、ということでしょうか?



柳寛順については、前々から「現実の彼女は、そういうヒロインではなかった」という研究がありました。

墓を荒らされたというのは戦後に作られた反日映画のエンディングで、事実ではない

遺体を確認した彼女の友たちは「遺体に損傷はなかった」と話した

か弱い少女ではなく、当時にしてはそこそこ巨体だった。顔写真とかも「日帝によって拷問され膨れ上がったもの」という主張があったが、それが元の顔だったことが確認されている

牢屋で病死したのは事実だが、当時に受けた量刑は大したものではなかった

マンセー運動(抗日デモ)に参加したのは事実だが、「31運動に直接参加してはいない」という意見もある




などなど。



今回、教科書で彼女の記述が消えたことは「北朝鮮のせいだ」ということになっているようです。北朝鮮では「大いなる指導者(金日成)がいなかったせいで、31運動は失敗した」ということになっているからだそうです。


これはこれで、またよくわかりません。


反日がどうとか、親日がどうとかという話も、もうズレ過ぎで・・各方面が自分勝手に利用しているだけだという感じがします。

ついていけません(笑




http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20140828202411160&RIGHT_REPLY=R9








※「韓国人による~」第二弾、韓国人による沈韓論(扶桑社)」が9月2日に発売予定です。


情報共有エントリーはここ です。
ISBN-10: 4594070884
ISBN-13: 978-4594070885

アマゾンのリンク
エルパカBOOKS
セブンネット
e-hon
honto
楽天ブックス
(確認できたサイトだけ直リンクしておきます)





※お陰様で、10刷、累計20万部になりました!第一弾、『韓国人による恥韓論』が発売中です。

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/4040

ISBN 978-4-594-07039-7


※「韓国人による恥韓論」、電子書籍化が決まりました。

主要電子書店は
このエントリーで紹介しています。






他のお知らせ&お願い、などなど 


現在、携帯(IPが登録されている機器は除外)からコメント投稿が出来ません 。ご理解願います。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。


・ただいま、何か誤解があったようで、メッセージ機能はアメブロ側より制限されていますメッセージをもらっても、返事ができません。また、読者登録は遠慮いたしております

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。

・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。

雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。







いいね!(136)  |  コメント(73)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。