シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:



今日は(今日も?)、シンシアリーが韓国のタブーを一つ書いてみます。



まずは、大韓民国憲法前文エントリーを読まれておくことをオススメします。

「全文」じゃなく「前文」ですからご心配なく(笑



ぶっちゃけ、これ↓なんですが・・

「韓国は韓国という国の歴史の流れを

・大韓帝国→併合時代→大韓民国ではなく、

・大韓帝国→臨時政府→大韓民国としています」。



実はこの「臨時政府の反日史観に基いて~」という部分、韓国よりは北朝鮮が名分とすべきものだったりします。



韓国(大韓帝国)が日本に併合されたことも、そして独立した(させてもらった)ことも、全て「国際法的に合法となっている」条約に基づいたことですから、

別に難しく考えずに「大韓帝国→併合時代→大韓民国」とすればいいのに、なんでここまで臨時政府を「大韓帝国の正統政府」として考えているのか、わけが分かりません。




その臨時政府とやらの綱領(規定)を見てみましょう。


ウリナラ(私たちの国)は、我が民族が半万年間、共通した言葉と文字と国土と主権と経済と文化を持って共通した民族の精気を培ってきた私たちの間で形成して団結した固定集団の最高組織である』という凄い綱領です。




第1章「綱領」にて



2・私たちの国の建国の精神は三均制度に歴史的根拠を置き、先民の言う「首尾均平位で興邦保泰平」とした。これは、社会各層の知力と権力と富力の所有を均等にして国を振興し、太平を保全、維持しようとするものであり、弘益人間と梨花の世界にしようという我が民族の守るべき最高の公理である。


3・私たちの国の土地制度は、国有の遺法にあり、先賢の通論した遵聖租至公分授之法、革後人私有兼倂之弊とした。改革後の紊乱した私有制度を国有に還元しろという土地革命である。我が国は、昔の規則と新しい法を考慮して土地制度を国有に確定したものである。



5・我が国の独立宣言は、わが民族の輝かしい革命を起こした原因であり、新天地の開闢であり・・・(中略)・・・5千年の君主政治の殻を破壊し、新しい民主制度を確立し、社会の階級を無くす第一歩の着手であった・・(後略)・・・



民主主義でどうやって階級を無くすんだよ(笑


これだけではありません。




3章「建国」の5にて、


大産業組織の工具と施設を国有にし、土地·鉱山·漁業·水利・修理·林業·沼沢の水上、空の運輸事業と銀行、電信、交通などの大規模な農·工·商·企業と城市·工業区域の公共的な主要産業は国有にして、小規模または中小企業を民営とする。


・敵の侵略・侵占した施設の官公庁·私有の土地と漁業·鉱山·農林·銀行·会社·工場·鉄道·学校·教会·寺院·病院·公園などの産業と他の土地及び経済·政治·軍事·文化·教育·宗教·衛生に関する一切の私有資本と不適者の一切を所有資本と不動産を没収し、国有とする。




シンシアリーは前にも、「臨時政府を正統継承政府と認めるなら、大韓帝国の正統継承政府は韓国ではなく北朝鮮になってしまう」と書いたことがあります。


戦後、なぜ臨時政府のメンバーたちが主に北朝鮮に渡ったのか、何故韓国は臨時政府を正統政府にしてはいけないのか、

もうお分かりでしょう。




臨時政府とか言うこいつら、実は共産主義者だったのです




あ・・・そうだ。最後の「財産没収」だけはちゃんと守っているような気がしますね・・・











  お知らせ&お願い、などなど 


・ただいま、コメントは承認制です・・が、実験的に?開放中です。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。

・上のリンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。

・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。

雑談スレ もお忘れなく!

いいね!(6)  |  コメント(79)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。