シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:


韓国には産後調理院というインフラが人気です。

この場合、「調理」は日本語にすると「養生」になりますので、B級ホラーな誤解はなさらぬように。




簡単に言うと、生まれたばかりの赤ちゃんの世話をするところです。

全国に500ヶ所程度しか無いのに、産母(産婦)3人の1人(32%)が利用している、と言われていますから、人気の程が伺えますね。



シンシアリーは生物学的に赤ちゃんを産んだことが無いし別モンに進化でもしない限りはこれからも無いと思いますので、調理院がそこまで必要なのかどうかはよく分かりません。


でも、インフラの価値を論ずる前に、問題は、その管理状態でしょう。



衛生状態に問題があるという書き込みを、掲示板などでよく目にし、それだけでエントリーするのも(雑記ならともかく)どうかな、と思っていましたが、


今週になって、具体的な数字と管理内容が地上波などで報道されたため、伝えておきます。




赤ちゃん「問おう。そなたが私のお母さんか」

看護婦「(前世にオタクだったようだな)」





この産後養生院の50%は、非医療人が運営しています。


非医療人でもちゃんとやるなら問題無いですが、そうでもないみたいで・・



SBS(韓国の地上波放送の一つ)によると、


「今まで、管理が及んでいない領域だった」

新生児集団感染などの危険性が相次いで指摘されてきた

「韓国消費者院で相談を受けた被害事例だけで2012年に868件(前年比+70%)」、と。


別ソースだと、ウイルスや肺炎、呼吸器疾患、下痢なども(2009年~2012年6月)総26件報告され、赤ちゃんが命を落とした事例も含まれているとのことです。



実際、記事によると『保健当局が83ヶ所の産後養生院を対象に点検した結果、48ヶ所(57%)に人材および衛生管理状態の不十分で行政処分をが下された』というから、


インフラ全体の評価としては褒められるものではありませんね。




モラルの問題とかは別にして、法的な管理上の問題をいくつか羅列すると、次のようです。


・安全責任者を対象にした感染、安全問題に対する教育義務がありませんでした(他の人に代理で済ませてもOKでした)。

・問題が発生した時の被害補償規定もありませんでした。

・施設にもよりますが、母と赤ちゃんが一緒にいられる施設が絶対不足(赤ちゃんだけを部屋に集めておきます)。




政府はやっと本腰を入れ、これらを法的に直すことにしました。


ちなみに、1週間に100万ウォン~1000万ウォンまである価格の問題は、さすがに「自律に任せるしか無い」と。それはそうですね。


って、生まれたばかりの赤ちゃんの養生(?)1週間に1000万ウォンのところもあるんですか・・・とちょっと驚きました。




また、そこで働く人たちは今までは腸チフス、肺結核、伝染性皮膚疾患など3つの項目だけの検診を受けていましたが、これからはB型肝炎、風疹、水痘のような高危険・多頻度の感染性疾患の抗体検査も義務的に受けることにしました。



http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20130110171205895


http://media.daum.net/society/welfare/newsview?newsid=20130111031218060

http://ezyeconomy.com/news/article.html?no=41938&



上でもちょっと書きましたけど、全国に500箇所しか無いのに産婦の3分の1が利用したのか・・・・・って、何をそこまでするか、という気もしますが、

需要があるから供給もあるものでしょう。


うまく管理されれば十分使えるインフラだと思いますので、せめて掲示板で「廊下で犬が走り回っていた(DAUMの自由掲示板より)」などの書き込みは二度と無いように、頑張って欲しいものです。





最後に、本エントリーは前から書こうと思っていた内容であり、某ラストサムライの女優さんを意識してのことではありませんので、あまりそっちには振らないでください(笑


ただ、彼女のファンの皆さんが、韓国の産後インフラに必要以上の幻想を抱かないよう、このエントリーがバランス取りになってくれれば、とは思っています。










  お知らせ&お願い、などなど 



・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。


・上のリンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


・竹島関連ですが、最新エントリーとの二重投稿で構わないので、残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。最新エントリーは流されるけど、国際裁判エントリーはしばらく紹介し続けます。皆さんもたまにチェックしておいてください。


・気軽い雑談ならどこでも可能ですが、雑談、またはコミュニティーみたいな感じで利用したい方は雑談専用エントリー へどうぞ。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。