シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

韓国のいくつかの個人ブログにて、2011年3月15日あたりから確認されているゴ・ウン(コ・ウン)さんの詩です。

丁度韓国の新聞が「日本沈没」だのなんだのと騒いでいた頃に書かれたものでしょう。

直訳のつもりではありますが、さすがに、ほんの少しは意訳入ってます。



일본에의 예의

어떻게 저 무지막지한 재앙에
입 벌려
빈 소리를 낸단 말인가
어떻게 저 눈앞 캄캄한 파국에
입 다물고
고개 돌린단 말인가
이도 저도 아닌 속수무책으로 실시간의 화면을 본다
몇 천일지
몇 만일지 모를 일상의 착한 목숨들
이제 살아오지 못한다
어머니도
아기도
할아버지도 휩쓸려갔다
아버지도
누나도 친구들도 어느 시궁창 더미에 파묻혔다
그리도 알뜰한 당신들의 집
다 떠내려갔다
배들이 뭍으로 올라와 뒤집혔고
차들이 장난감으로 떠내려갔다 우유도 물도 없다
인간의 안락이란 얼마나 불운인가
인간의 문명이란 얼마나 무명인가
인간의 장소란 얼마나 허망한가
저 탕산 저 인도네시아
저 아이티
저 뉴질랜드
오늘 다시 일본의 사변에서
인류는 인류의 불행으로 자신을 깨닫는다

그러나 일본은 새삼 아름답다
결코 이 불행의 극한에 침몰하지 않고
범죄도 
사재기도
혼란도 없이
너를 나로
나를 너로 하여
이 극한을 견디어내고 기어이 이겨낸다
오늘의 일본은 
다시 내일의 일본이다
내 이웃 일본의 고통이여 고통 그 다음이여
오늘의 일본으로
이후의 일본 반드시 세워지이다



日本への礼儀


どうすればあの無慈悲な災難に
口を開き
空の音が出せるだろうか
どうすればあの目の前真っ黒な破局に
口を防ぎ
顔がそらせるだろうか
こうもああもできない無策で実時間の画面を見る
何千だろうか
何万だろうか知らない日常の優しい命たち
もう生きて帰れない
お母さんも
赤ちゃんも
お爺さんも流された
お父さんも
お姉さんも友達もどこかの泥の山に埋まっている
あんなにも愛しかったあなたたちの家
全部流された
船が陸に上がりひっくり返さえ
車がおもちゃのように流された牛乳も水もない
人間の安楽とはいかに不運なのか
人間の文明とはいかに無名なのか
人間の場所とはいかに虚しいのか
あのタンサンあのインドネシア
あのアイチ
あのニュージーランド
今日また日本の四辺で
人類は人類の不幸で自分に気づく


しかし日本は改めて美しい
決してこの不幸の極限に沈没せず
犯罪も
買い溜めも
混乱もなく
貴方を私と
私を貴方とし
この極限を耐えぬいてついには勝ち抜く
今日の日本は
再び明日の日本だ
私の隣日本の苦痛よ苦痛その次よ
今日の日本で
以後の日本かならず立てられるであろう





彼は左派の人で、反原発で、絵に描いたような「左」の人です。個人的にあまり好きではありません。

でも、少なくとも韓国のマスコミよりは「人としての礼儀」を知っているように見えます。

「うんこ」という書き方だけでもやめたほうが良いんじゃないでしょうか。







いいね!した人  |  コメント(97)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。