シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。


テーマ:

昨年10月、全南(チョンナム)、霊岩(ヨンアム)で開かれたF1グランプリ大会でのことですが、ホテルに部屋が無くて(そもそもホテルはあったかどうか?)、スポーツ専門チャネルESPNの取材記者がラブホテルで宿泊して話題(?)になりました。


シンシアリーは日本に行くと(一人で行った時には)いつもビジネスホテルに泊まります。親切で綺麗で安全で朝ごはんも解決できるし近くにはコンビニやレストランも多く、ものすごく便利です。


しかし韓国にはこのような便利なインフラはありません。


れっきとしたホテルは「観光ホテル」と呼んでいます。日本の観光ホテルとほぼ同じ金額(1室1万5千円~2万円)の観光ホテル(種類によっては特級ホテルとも呼びます)にでも泊まらない限り、そんなサービスや環境は期待できません。



旅館と呼ばれる古い民宿みたいなものと、モテルと呼ばれるラブホテルのようなもの(どちらも売春施設としてよく使われる)は沢山ありますが、人に薦められるものではありません。




それでは、今日から始まったデグの世界陸上はどうでしょうか?案の定、表にはしてないものの、かなり混乱がありそうです。



テグ市によれば選手・役員などを含んでテグを訪れる世界陸上大会の関係者は約6400人です。 ここに外国人観光客2万9000人(予想)を合わせれば3万5400人以上になります。


選手・役員の3500人は選手村(2032室)で泊まるとして、残りの約3万2千人はどうなるんでしょうか?


デグは韓国の3大都市だと言われていますが、何とホテル(モテルや旅館以外のちゃんとしたホテル)はデグ全体で18カ所、1855室しかありません。デグ市の公式資料でも3700人しか泊まることができません。


デグ市内のモテルなどを利用するか、となりの市から「出退勤」をしなければいけないということですが、モテルの場合は英語などの通訳やサービスはおろか、朝ご飯すらもありません。ここだけの話、古いところだとゴキブリが出ないだけで上々。



実例として、デグ世界陸上選手権大会を取材するために去る18日韓国を訪れたドイツのARDとZDF放送社の関係者91人は毎日、慶州(ギョンジュ)から1時間ほど車に乗ってテグまで出退勤しています。テグにあるホテル18ヶ所2000余室の予約が既に済んでいて、やむを得ず慶州に宿を決めたためです。


http://news.mk.co.kr/v3/view.php?year=2011&no=555763



シンシアリーの経験だと、出退勤時間帯だと1時間じゃ無理ですよ(笑


デグにはよく行く映画館が、ギョンジュにはよく行くレストランとホテルがありますので、ある程度は知っています。


2MB「大丈夫だ。日帰りにすればいい」






いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「雑記」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。