シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。
ここは「日本の韓国統治に関する細密な報告書」という本の日本語訳を載せています。
左のサイドバーにある「テーマ」の「はじめに・・」をまずお読みくださいませ。

NEW !
テーマ:




<告知でございます>

「韓国人による沈韓論」の公式発売日が9月2日となりました。各地の書店搬入日のズレを考慮してのことだそうです。

初版部数とかも決まってますが、まだヒ・ミ・ツ・です。








イ・スンシンの映画であるミョンリャンが、韓国最大ヒット映画になったとのことです。


いろいろ裏があるのではないかと叩かれている(大企業によるスクリーン独占などでほかの映画は上映すらできなかったという指摘など)ようですが、それは別にして、すごい記録だそうです。

イスンシン3部作にするとか言われていますが・・ブログネタとしてはありがたいですね。



さて、言うまでもなく、「韓国人が日本人より優秀(客観的に不利な状況で勝つ)」など、反日精神の中にある民族主義や劣等感などがヒットの最大の理由だということはわざわざ説明する必要もないでしょう。

ただ、その中にもう一つ、「リーダーのあるべき姿」という側面を主張する声もあるみたいです。

ちょうどあの海戦が行われた地域が、セウォル号が沈没した海域の付近だそうです。



前にブログにも書きましたし「沈韓論」にも書きましたが、セウォル号問題は初期から「韓国号に船長はいない」という、リーダーシップへの絶望という側面を持っていました。

それをイ・スンシンから見出していた、という主張ですね。





一般論として、「韓国人なら誰もが持っている」反日という思想は、基本的に「韓国が徹底的に負け犬でなければ成立しない」設定になっています。

慰安婦問題とかが典型的な例であると言えましょう。

20万人が無理やり連れ去られ、それでも誰も文句が言えず・・・ついにはタイムリミット3.89分で勝負しなければならないスーパー性奴隷にされた、と。


それもそのはず、ある悲劇的な設定(韓国がやられた内容)を作っても、しばらくするとそれよりさらに刺激的な設定を作らないと儲からないわけですから。


結局、「私は被害者」という認識は、法的な場合を除くと、自分自身を見下し(卑下し)続けなければ維持できないものなんですよ。



些細なことを比べながら「日本に勝った」と大喜びするのも、「日本に負けた」と絶望するのも、この変わった競争意識(被害妄想に近い)は、この前に紹介した本の内容 にもありますが、結局は劣等感から来るという見方ができます。





それを「朝鮮軍12隻で日本軍330隻を破った」で解決し、またそれを解決してくれた人からリーダーの姿を見出していた、ということですが。


反日映画で反日思想の弱点を克服した・・のかな?




虚しいですね。



気晴らしの対象として映画を求めるのは、よくあることではありますが、

その映画をただの映画ではなく、安倍総理がどうとか、指導者の判断がどうとか と強調する(自ら娯楽映画としての存在を否定している)ようでは、ね・・・


本当の歴史がどうだったかとか、そんなことは別にしてでも、



気が付けば、「現実では何も変わっていない」と、結局は虚しくなるだけではないでしょうか。



私は、いやですね。そういうの・・・










22日の中日新聞に「韓国人による恥韓論」半五段広告が載ります。




※「韓国人による~」第二弾、韓国人による沈韓論(扶桑社)」が8月末に発売予定です。


情報共有エントリーはここ です。
ISBN-10: 4594070884
ISBN-13: 978-4594070885

アマゾンのリンク
エルパカBOOKS
セブンネット
e-hon
honto

(確認できたサイトだけ直リンクしておきます)





※お陰様で、10刷、累計20万部になりました!第一弾、『韓国人による恥韓論』が発売中です。

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/4040

ISBN 978-4-594-07039-7




他のお知らせ&お願い、などなど 


現在、携帯(IPが登録されている機器は除外)からコメント投稿が出来ません 。ご理解願います。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。


・ただいま、何か誤解があったようで、メッセージ機能はアメブロ側より制限されています。また、読者登録は遠慮いたしております

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。

・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。

雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。


AD
いいね!した人  |  コメント(44)
同じテーマ 「雑記」 の記事
NEW !
テーマ:




<告知でございます>

「韓国人による沈韓論」の公式発売日が9月2日となりました。各地の書店搬入日のズレを考慮してのことだそうです。

初版部数とかも決まってますが、まだヒ・ミ・ツ・です。






何度かお伝えしましたが、仁川市は財政状態が非常に悪く、一時は「ネタの宝庫」「また仁川か」と、本ブログでは有名な都市でした。

その仁川、1か月後にアジア競技大会を開催します。

「既存のスタジアムを改良して使おう」という政府意見も無視して新しいメインスタジアムを作ったり、政府がもっと手伝ってくれないと開催を放棄してやると脅迫みたいな発言をしたり、いろいろありました。


ですが、SBSの報道によると、あまり思わしくない状態のようです。





以下、SBSの報道を全訳します。



仁川アジア競技大会の開会式と閉会式が開催される主競技場です。 去る5月7日に竣工してから一ヶ月経って、3万席を超える臨時可変席(※臨時として使える観覧席のことのようです)に安全性の問題が提起されました。 先月に開始された補強工事は、まだ終わっていません。 

開会式のハイライトである聖火台も、基壇だけ完成し、その上に乗せる構造物は設置されていません。現在、全国各地での聖火リレーが行われているのに、肝心の火を付ける聖火台がまだ無いわけです。 

聖火台はガス安全点検と点火テストなど、十分な時間を必要とします。 2002年釜山アジア大会の場合、開幕6ヶ月前に聖火台の工事が終わりました。 

(インタビュー:大会組織委員会開閉会式担当)「現在、外部の別途の所で、徹底したセキュリティの中で制作していまして、8月末までには現場に設置することになるでしょう」



不足している宿泊施設も悩み事の一つです。 海外取材陣が滞在予定の新築ホテルですが、工事は仕上げの段階ですが、営業許可を受けられず、大会期間中に利用できるか不透明な状態です。 

[インタビュー:ホテル従業員] :「計画よりも遅れた部分があったりします。行政的な部分で(区役所で)「一時的な営業登録はありません」と言われています」


大会協力ホテル24軒のうち、新築ホテル2軒が、大会前、正式に竣工承認を受けられそうにない状況です。 

一般観覧客が利用する宿泊施設の確保も問題です。 仁川市は、大会期間一日平均1万3千室程度の部屋が必要になると見ていますが、仁川地域で宿泊施設をすべて確保できず、ソウル市と京畿道で残りの部屋を探しています。 

[インタビュー:大会組織委員会] :「観光客を誘致して、少し良い宿泊施設を(確保)することはどうでも不足でしょう。その問題は私達も全く否定する考えはありません。」


チケットが売れないでいるのも懸念される部分です。 開会式と閉会式のチケット販売率は20%にもならないし、一般的なゲームのチケット販売率は4%でしかありません。 

大会の誘致以来、7年以上準備してき仁川市に、残り時間はわずか30日にすぎません。

http://sports.media.daum.net/sports/general/newsview?newsId=20140821005505971





霊岩郡(F1開催地)「ええい、国の恥だ!バカどもが!」









22日の中日新聞に「韓国人による恥韓論」半五段広告が載ります。




※「韓国人による~」第二弾、韓国人による沈韓論(扶桑社)」が8月末に発売予定です。


情報共有エントリーはここ です。
ISBN-10: 4594070884
ISBN-13: 978-4594070885

アマゾンのリンク
エルパカBOOKS
セブンネット
e-hon
honto

(確認できたサイトだけ直リンクしておきます)





※お陰様で、10刷、累計20万部になりました!第一弾、『韓国人による恥韓論』が発売中です。

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/4040

ISBN 978-4-594-07039-7




他のお知らせ&お願い、などなど 


現在、携帯(IPが登録されている機器は除外)からコメント投稿が出来ません 。ご理解願います。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。


・ただいま、何か誤解があったようで、メッセージ機能はアメブロ側より制限されています。また、読者登録は遠慮いたしております

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。

・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。

雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。











AD
いいね!した人  |  コメント(66)

テーマ:



<告知でございます>

「韓国人による沈韓論」の公式発売日が9月2日となりました。各地の書店搬入日のズレを考慮してのことだそうです。

初版部数とかも決まってますが、まだヒ・ミ・ツ・です。








「面倒くさいこと」、なんとかなりました。まだ確定ではありませんが・・

あー面倒くさかった

あー面倒くさかった

あーあー実に面倒くさかった





で、テレビで慰安婦関連ニュースを見たのですが・・どうしても気になって、更新しておきます。




なにせ、「慰安婦一人が1日に日本軍300人を相手した」という内容でしたが・・




1日って24時間で、1440分ですよね。




・・・・





(´・ω・`)?







いや、まさかそんなことはないだろう。「慰安所」の間違いだろう。そう思って、帰ってきてネットで調べてみました。





千田夏光という作家が書いた本で、中国語で出版されたものがあって・・その中に書いてある旧日本兵の証言だそうですが・・


複数のマスコミが報道していて、これは毎日経済という新聞のものですが↓


『作家は本の中で、慰安婦1人が1日に平均370~380人の兵士を相手したといい、どれだけ悲惨なことであろうか想像もできないと指摘した。』

http://media.daum.net/foreign/others/newsview?newsid=20140820110704289






1440分で370人だと・・

24時間フル稼働、待ち時間ゼロにして、



3.89分。







いろいろと下ネタが書きたくなります。



「オラオラオラオラ・・(ジョジョ)」とか、

「下り最速は誰だ(イニシャルD)」とか、

いろいろ・・・・




やめておきます。















22日の中日新聞に「韓国人による恥韓論」半五段広告が載ります。




※「韓国人による~」第二弾、韓国人による沈韓論(扶桑社)」が8月末に発売予定です。


情報共有エントリーはここ です。
ISBN-10: 4594070884
ISBN-13: 978-4594070885

アマゾンのリンク
エルパカBOOKS
セブンネット
e-hon
honto

(確認できたサイトだけ直リンクしておきます)





※お陰様で、10刷、累計20万部になりました!第一弾、『韓国人による恥韓論』が発売中です。

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/4040

ISBN 978-4-594-07039-7




他のお知らせ&お願い、などなど 


現在、携帯(IPが登録されている機器は除外)からコメント投稿が出来ません 。ご理解願います。

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。


・ただいま、何か誤解があったようで、メッセージ機能はアメブロ側より制限されています。また、読者登録は遠慮いたしております

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。

・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。

雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。











AD
いいね!した人  |  コメント(113)

[PR]気になるキーワード