シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。

NEW !
テーマ:

 

 

 

今日と明日、シンシアリーの歯科は休診です。

 

久しぶりに、家族が集まって墓参りです。

 

 

 

 

午前中に更新できると思いましたが、今日と明日は、更新は無理のようです。

 

 

 

 

・・・・と書いていて気づいたのですが、日本は祝日のようですね。そういえばもうすぐGWですね日本は。

 

 

 

韓国は、5月6日(金曜日)を、昨日になっていきなり「臨時公休日」にすると発表がありました。5月5日~8日まで連休になります。

 

臨時休日の場合は官公署は休みますが、一般企業の場合は義務ではなく、しかも1週間前に決まっては対応が難しいこともあり、戸惑いの声もでているようです。

 

 

 

 

 

それじゃ、行ってきます(・∀・)ノ

 

 

日曜に、また。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(28)

テーマ:

 

 

 

最近はあまり気にしないことにしていますが、それでもやはり気になる朴裕河教授の「帝国の慰安婦」について、

 

日本の東京新聞の記者が書いた文章です(ハンギョレ新聞に送ったものだそうです)。

 

<資料の恣意的選択やミスに基づいて被害者おばあさんを傷つける言論を容認することは、言論の自由を守るものではない。学問と言論の自由を「盾」にしてこの本が持つ致命的な問題に目を閉じる者は、自ら設置した罠に陥ったのと同じだ>

 

http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160423103604697

 

 

 

なんでわざわざ韓国側の新聞に送ったのか・・東京新聞に載せればいいのでは

 

(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

私は「シンシアリーは、韓国から文句を言われて当然だ」と思っています。

 

私が韓国にこれだけ文句を言ってますから。もっと詳しく書けば、「韓国人が日本語で韓国の文句を言っている」。韓国がこれほど嫌がることは、他にないでしょう。

 

 

 

しかも、やり方がむちゃくちゃです。「韓国でやれ」「実名でやれ」という指摘は、本当に的を射ているものだと思います。

 

私が自分のことをいつも「場違い」と書いたり、「沈韓論」で「私は韓国への加害者だ」と書いたのも、そのためです。自覚あるし、自分で認めています。

 

 

 

ただ、「ああそうですね。おかしいですよね。でもせっかくここまで来れたから、続けます」と、ちょっとだけ開き直っているだけです。

 

 

 

 

 

そんなちっぽけな開き直りにも、自分なりの言い訳があります。

 

「誰が書いたかより、何を書いたかが大事だ」という言い訳と、

 

「これは私に与えられた自由の行使である」という言い訳です。

 

 

 

 

そういう私は、朴裕河教授のことを見ながら、「もし私だったら、どうしたのだろう。何が出来たのだろう」と、本当に胸が苦しくなります。

 

私は彼女ほど影響力のある人物ではないけど、やはり私もいろんなものを失くすのだろう。

 

そう思うと、怖い時もあります。

 

 

 

 

 

ある意味、彼女に勝手に感情移入しているとも言えますか・・

 

彼女が「そんなの自由の対象ではない」と言われたとなると、自分が言われた気がして、さすがに凹みますね。

 

 

 

 

 

 

いやーでも悔しいからちょっと反撃してみますね。

 

 


資料の恣意的選択やミスに基づいて日本の尊厳を傷つける言論を容認することは、言論の自由を守るものではない。学問と言論の自由を「盾」にして反日勢力が持つ致命的な問題に目を閉じる者は、自ら設置した罠に陥ったのと同じだ

 


ちょっと変えてみました。

 

 

韓国(全て)や日本(一部)のマスコミ関係者の方々は、↑これを認める心の準備ができているのでしょうか。

 

 

 

 

やーいやーい

 

できていますかー(ガキの喧嘩ふうに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひまわりシンシアリー5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ 晴れ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

雑談エントリーは7まで来ました。ご自由にどうぞ。

 

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(66)

テーマ:

 

 

最近、経済関連ニュースで「造船業」がよく話題になります。

 

 

一時は韓国の「マンセー」道具だった造船業が、赤字および受注減に苦しんでいるのは、日本側のニュースでも知られていると思います。

 

 

 

最近は、現代(重工業)と韓進が、露骨に「もうダメ」「(大きな企業2つが同時に問題になって)片方しか救うことが出来ない」と言われています。

 

どちらも、韓国では屈指の大企業です。特に現代重工業は、韓国の経済発展の歴史にもっとも影響力を及ぼした会社の一つでした。

 

 

 

造船業の危機について、本エントリーでは2つの側面を指摘したいと思います。

 

 

その1は、該当地域そのものの「破綻」です。

 

 

もっとも代表的である「ギョジェ市」を取り上げた記事を一つ紹介しましょう。

 

「IMF期(IMF管理下の時期)にもお金の心配はなかった」と言われた都市、それが人口約25万人のギョジェ(巨濟)市です。

 

ギョジェ市は韓国の大手造船メーカーが集まっているところであり、一時は韓国の輸出額の10%以上を担当していました。

 

しかし、いまは造船・海運・重工業などの総崩れにより、都市そのものが危機となり、記事では「来年には幽霊都市(ゴーストタウン)になっているのではないか」と言われています。

 

http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20160423171341099&RIGHT_COMM=R7

 

 

 

 

 

 

これは他の「東南圏ベルト」と呼ばれる地域でも同じで、ギョジェの次に致命的なダメージを食らっているという蔚山(ウルサン)をはじめ、大邱(デグ)や釜山(ブサン)など、慶尚道、特に慶尚南道(朝鮮半島の東南)の都市がその影響圏となります。

 

別ソースですが、「造船業が集まっている東南圏経済ベルト、ふらふら」という記事を見ると、

 

<24日、韓国銀行の資料を分析した結果、釜山・大邱・蔚山・慶尚北道・慶尚南道地域に市中銀行、地方銀行、特殊銀行(韓国銀行、農業中央会など)が行ったウォン貨の貸出残高は、2月末基準で総284兆4894億ウォンに達した。これは、5年前の2011年2月179兆2788億ウォンに比べて58.9%増の規模だ>

 

これは全国平均の2倍近い数値だそうです。そして、各銀行側からそろそろ追加貸出を控え、回収に乗り出す動きを見せている、というコワーイ記事です。

 

http://media.daum.net/economic/finance/newsview?newsid=20160425045406788

 

 

 

 

 

 

さて、この「銀行側が貸出を控えるようになった」の影響が、その2です。

 

 

なんの影響なのかというと、

 

まずは一般銀行が貸出を控えるようになります。

 

<大宇造船海洋など造船会社の構造調整を信号弾に、東南圏経済が低迷に沈み、銀行圏が景気動向をチェックしながら増やした融資を減らしている。 KEBハナ銀行は、朝鮮、海運、鉄鋼、建設、石油化学などのへ融資を減らしている。 KEBハナ銀行は、今年第1四半期、これらの業種への3兆ウォンの与信から、造船業種だけで1兆5000億ウォンを減らした>

 

 

→大企業がお金を払えなくなると、真っ先に下請けが困ります。下請けが困ると、彼らを相手にした自営業者(例えば、飲食店など)が影響を受けます。

 

<市中銀行の関係者は、「現代重工業不振の影響で下請け業者と自営業者が枯死寸前」としながら、「現代重工業のパートナー64ヶ所がすでに廃業し、2年前にはプレミアム価格で取引されていたワンルーム物件などがさっぱり目につかなくなった。蔚山(うるさん)ではワンルームを売りに出す人が急増している」と憂慮した>

 

 

 

→ローカルな影響力しか持っていない地方銀行は、さらに真剣にならないといけません。

 

<地域景気に敏感になるしかない地方銀行も、年初から大企業と中小企業への融資を締めつけ始めた・・ある地方銀行の関係者は、「前には50億ウォン規模に融資していた中小企業に対して、最近では20億ウォン未満しか行えない。保証書ローン、担保がある商店街のローンを中心に調整した」と明らかにした>

 

 

 

 

→造船業以外の会社にも、この影響は及びます。

 

→そして、結局は家計負債にも響きます。

 

 

<大企業の協力会社が相次いで倒産すると、地域景気も衝撃を受けるという判断に基づいて、銀行は、家計貸し出し審査も強化した。特にマンション集団住宅ローンの場合、東南圏は、事実上、銀行券の融資を受けられなくなり、住宅建設会社がセマウル金庫や信用協同組合などノンバンクに足を向けているという>

 

 

 

 

 

 

「国の銀行」である産業銀行も例外ではありません。

 

朝鮮日報はその問題において、すでに破綻状態にある「大宇(デウ)造船海洋」をあげています。

 

<業界関係者は、「負債比率4000%の大宇造船海洋は、産業銀行という心強い「バック(後ろ盾)」を信じて、無理な低価格の入札競争を触発、業界全体の収益性を落とした」と言いました。

 

大宇造船海洋は、2000年に出資転換形式で1兆977億ウォンを支援を受け、2010年以来、産業銀行の管理下で負債比率4000%を超え、昨年10月、単一の企業では史上最大規模の5兆2000億ウォンの支援決定が下された状態です>

 

 

http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20160428031112356

 

 

すでに銀行管理下でありながら何でこんなことを?というと、会社の経営陣が「在任期間中に業績を残そうとした」が理由だそうです。

 

 

 

 

 

 

ついには、支援するために作られた産業銀行が支援を受けなければならなくなり、韓国銀行が産業銀行への支援について考えているというアリサマです。過去に例がないため、やっていいのかどうかよくわからない状況のようです。

 

 

http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20160428100314606

 

 

 

 

 

ご覧のとおり、造船業の不況(というか事実上の総崩れ)は、自治体、中小企業、家計負債、銀行の自己資本問題にまで繋がり、複雑でありながらも

 

「ああ、もうダメなんだな(遠い目)」というわかりやすい結論に向かっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひまわりシンシアリー5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論 アマゾンリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論 楽天ブックスリンクですのでご注意ください

 

韓国人による噓韓論  紀伊国屋リンクですのでご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ 晴れ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

雑談エントリーは7まで来ました。ご自由にどうぞ。

 

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(28)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。