シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

いつだったか、「私の好きなことが、他の人の嫌いなことかもしれない(韓国にはそんな考え方が無い)」という趣旨を書いたことがあります。

 

 

ある意味、それこそが、人が「配慮」の必要性に気づく基本の中の基本かもしれません。

 

 

9月の本にも同じ趣旨の内容がありますが(まだ完成前ですが)、

 

韓国人が相手に「あなたの意見はどうか」「あなたはどう思いますか」と聞くのは、実は「相手が自分の意見に同意しているかどうか」を確かめるためにすぎません。

 

相手の「違う意見」を聞くことで自分の意見に欠けていた何かに気づいたり、改善したりするためではありません。

 

 

その相手が自分の意見と違う意見を出すと、その人は「敵」です。

 

韓国で言う「意見交換」とは、結局はウリとナム(味方と敵)を確かめるためでしかありません。

 

 

韓国人にとって、自分と違う意見は、「異なる」ではありません。「間違っている」のですから。

 

 

 

私はですね、こう思います。国の範囲を越え、人間とは、そういう生き物ではないと。

 

 

 

 

そんな中で「私の好きなことが、他の人の嫌いなことかもしれない」を期待できるはずもなく、「配慮」の概念がちゃんと出来上がるはずもなく。

 

何度か書いてきた「韓国人にとって配慮とは、他人が自分に対して行うものでしかない」という歪みも、そこから来ているのでしょう。

 

 

 

 

今回の日本旅行・・山手線の車両広告に、こういうのがありました(うろおぼえです。人が多くて写真は撮れませんでしたが、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?)。

 

 

「あなたはタバコが好きかもしれませんが、他の誰かはタバコが嫌いかもしれません」

 

 

 

そして、別の車両には、こう書いてありました。

 

「あなたの好きなことが、誰かには嫌いなことかもしれません」。

 

 

 

多分、タバコに関するマナーを訴えるための先のフレーズがメインだとは思いますが、さらなる説得力のために、もっと広い範囲を扱った似たようなフレーズも用意しておいたのでしょう。

 

 

 

 

 

率直に言って、涙が出そうになりました。

 

 

家族の病気を治すために薬を探していた人が、薬を見つけたような気分でした。

 

 

その薬を「持ち帰る」ことはできないと、わかっているからでしょうか。なんか、本気で泣きそうになりました。

 

 

 

 

 

すぐちかくに座っていた人(大学生かな?楽器みたいなカバンを持っていました)と目があいました。

 

彼も、そのフレーズを見ていました。

 

 

 

わたしはついこう言いました。「良いフレーズですね」

 

彼は「あ、はい」とニコリしながら答えました。

 

 

「日本は、いい国ですね」

 

 

私はそう言いましたが、彼は意外だと思われたのか、「え?あ、はい、いいえ、こんなの当たり前ですし」と少し照れそうに答えました。

 

 

 

私もニコッと笑ってお辞儀し、すぐ田町駅で降りましたけど・・

 

 

それを当たり前だと思っているから、いい国です。そう思いました。

 

 

 

 

夜、ホテルに帰ってきて、

 

「やはり、私は日本が好きです」とツイートしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーやだーなにかいてんだわたしーはずかしー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(70)  |  リブログ(3)
同じテーマ 「日本旅行記」 の記事
NEW !
テーマ:

 

聯合ニュースが、妙な書き方の記事を載せました。

 

<・・選挙日を翌日に控えた中、各種の世論調査の結果、21人の候補の中、防衛相出身の女性政治家である小池百合子(64歳)候補が競合優勢を示すことが分かった。

 

与党(自民及び公明党)の支持を受けている增田寬也(64)候補との4つの野党(民進・共産・社民・生活の党)単一候補である鳥越俊太郞(76)候補は、終盤の反転を狙っている。

 

今回の選挙で最大の関心事の一つは、東京第2韓国学校の見直しを表明した与圏候補が当選するかどうかだ。

 

当選の可能性が高い3人の候補のうち、小池、増田候補は、選挙の過程で舛添前知事が韓国側と合意した東京都所有地を韓国の学校用に賃貸する案を再検討すると明らかにした・・>

 

 

 

http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20160730104627385

 

 

 

 

 

大統領と話した内容でもあるみたいですし、韓国のマスコミとしてそれを最大の関心事だとするのは・・・無理のないことだともいえますが・・・・

 

 

 

人の心がいったん曇りだすとですね、これが曇りまくりなんですよ(自虐

 

 

HAHAHA

 

 

 

 

わざわざそこで「東京第2韓国学校の見直しを表明した・与・圏・候・補(与党支持候補)・」と書く必要があったのでしょうか。

 

 

 

 

 

こう見えますね。

 

韓国学校関連で「見直し」と言った(冷や汗)

 

→韓国の敵だ(白目)

 

→自民党だ(失神)

 

→安倍みたいだ(搬送)

 

→そんな人を東京都民が都知事に選ぶのか!?(遺言)

 

 

 

 

 

すなわち、「東京都民が、韓国の言うとおりにしない人を選ぶのかどうか」が最大の関心事である、と。

 

すでに何回かの選挙関連エントリーでも書いた内容ですが、「韓国を嫌うのは一部の右翼政治家だけで、実は日本国民は韓国に同調している」という・・

 

「涙なしでは読めない精神勝利ストーリー」とでもいいましょうか・・・

 

そんな韓国マスコミ(マスコミだけでもありませんが)の願望。

 

 

それ、もういい加減に「あれ?違うかな?」と気づいてもおかしくないと思いますけどね。

 

 

 

 

個人的には、小池さんがいいなじゃないか?と思いますが・・明日の選挙結果、楽しみに待ってみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

暑いですね。ちょっとだけ海に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりシンシアリー5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

 

次の本は9月の予定です!期待してお待ち下さい(・∀・)

 

もう少しで紹介できますー

 

 

 

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論(アマゾンリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論(楽天ブックスリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論 (紀伊国屋リンクですのでご注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ 晴れ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

・なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーは7まで来ました

 

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

本ブログのネタ供給源でもあった2MB(李明博)前大統領。

 

彼の政権で最後の駐米大使だったチェ・ヨンジン氏(いまは延世大学校の特任教授です)が、またもや「米国と中国どちらも捕まえなくてはならない」という主張を展開しました。

 

 

 

10年、20年先を見据えると、中国と米国のどちらの国と近くで過ごす(=仲良くする)べきかという質問に、「中国と米国をすべて捕まえなくてはならない」、「中国は協力関係、米国は同盟関係で、韓米同盟と韓中協力を全て捕まえなくてはならない」、と答えた・・・とのことでして。

 

 

http://media.daum.net/politics/all/newsview?newsid=20160729110418390&RIGHT_REPLY=R5

 

 

 

 

別に、チェ教授の持論がそれなら、持論というより理想論みたいな感じではありますが、それはそれでいいかもしれません。

 

だが、韓国という国は、この「どちらも欲しい」という考えで満ちています。

 

 

 

もともとは「恨(ハン)」というのも、結果を受け入れられない(私が負けるはずがない。なにか不当な方法で負けたのだと信じこむ)心理から来ています。

 

 

「なんでもかんでも欲しい」、すなわち自分にとって理想の結果を求めすぎた欲深さこその結果とも言えましょう。

 

 

 

 

外交もそうです。

 

THAAD配置が決まる前には、米国に対して「THAADは置かないけど、北朝鮮関連ではもっと力を貸せ」と言っていました。

 

 

ちょっと前、「THAAD配置でここまで反発するとは、中国は大国ではないな」という趣旨の記事を読んだことがあります。THAADを置いたけど、中国は報復をしてはいけないというのです。

 

中国がこの件で反発するのは小国か大国かの問題ではありません。彼らは自国の利益のために反発するのが当たり前です。

 

 

ある決定により、手に入れるものもあるし、失うものもあります。韓国は、それを認めようとしません。

 

 

 


日本に対してもこの考えは同じで、「韓国は日本を嫌っていいけど、日本は韓国を嫌ってはいけない」と、韓国は「自分にとって一方的で理想的なシチュエーション」だけを描きます。

 

 

 

 

 

「どちらも得られない」という未来も存在することを、韓国は知っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりシンシアリー5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

 

次の本は9月の予定です!期待してお待ち下さい(・∀・)

 

もう少しで紹介できますー

 

 

 

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論(アマゾンリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論(楽天ブックスリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論 (紀伊国屋リンクですのでご注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ 晴れ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

・なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーは7まで来ました

 

議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(71)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。