シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。
ここは「日本の韓国統治に関する細密な報告書」という本の日本語訳を載せています。
左のサイドバーにある「テーマ」の「はじめに・・」をまずお読みくださいませ。

NEW !
テーマ:

本ブログでしつこく伝えている「奴隷」事件。

最近は「飼育(することで補助金ゲット)」が多いようです。

今日の件もメモ代わりに書いておきます。簡易更新ですが・・




今度は11歳の障害者たちを庭の犬小屋に閉じ込めるなど、虐待した保護施設が摘発されました。

ある牧師(※)が運営しているこの施設は、障害者たちを鉄の鎖で動けなくしたり、犬小屋に閉じ込めたりしたとのことです。

さらにこの牧師は、「塩田奴隷」事件の後見人(補助金給与管理や相談など)だったことがわかりました。

今までこの施設に使われた公的支援金だけで3億ウォン以上。



※韓国キリスト教の聖職者の呼び方

牧師・・プロテスタント(基督教)、

神父・・カトリック(天主教)

http://media.daum.net/society/others/newsview?newsId=20141126203220637&sp=1





もし週末に更新が止まったりしても「ついに消されたか」禁止です

(・ω・)ノ








 書籍関連のお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」が20万部、第二弾「韓国人による沈韓論」が10万部を超え、それからも順調に重刷を繰り返しております。

年内には3冊目の紹介も出来るかもしれません。さすがに発売は来年になると思いますが。




ブログ関連
のお知らせ

IPが登録されていない携帯(スマホなどはIPがあります)からのコメント投稿が出来ません。ご理解願います。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。





 本ブログ内の別空間へのリンク

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。



議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。


AD
いいね!した人  |  コメント(31)
NEW !
テーマ:



<~>の部分、XINHUA.JPが韓国日報の報道として伝えた内容のヤフーニュースをシンシアリーのブログが引用します(ややこしい


<海外のオンラインショップを利用する韓国人消費者のモラルを欠いた行為によって、世界の業者に韓国人顧客に対する警戒感が広まっているという。

記事によると、韓国のネット上には、「高級化粧品1個分の代金で商品を2個ゲットする方法」という文章が堂々と掲載されている。内容は、英国の化粧品ラッシュを注文する際、配送追跡のないサービスを選び、販売業者に「受け取っていない」と抗議メールを送れば、もう一度送ってもらえるというもの。この文章には「本当にできた」「ありがとう」といったコメントがついているという>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141126-00000000-xinhua-cn




以下、日本アマゾンとシンシアリーのほのぼのエピソードを書いた今年4月のエントリー (後半部)からですが・・


・・・市場壊滅に近い状態の今の韓国DVD・BD市場では信じられない話ですが、DVDが普及しだした頃、韓国のマニアたちはかなり活発にDVDを集めました、特に人気があったのは、アメリカのDVD専門サイトからの購入。ハリウッド映画だけでなく、アメリカで発売された日本のアニメ「スレイヤーズ」DVDBOXなども人気がありました。船便で遅い(ヘタすれば軽く1ヶ月以上かかる)ですが、比較的、やすかったですね。品揃えも韓国よりはよかったです。

その中で、今は無いですが「DVD EXPRESS」というサイトがありました。結構人気のあるサイトでしたが、そのDVD EXPRESSが、ある日、「韓国には配送しない」と宣言する事態となりました。

「注文したのに、物が届かない。もう一つ送ってくれ」という要求が多すぎるというのが理由でした。

当時の「普通」船便は、品がちゃんと届いたかどうかを確認する方法がありませんでした。

実際、「行方不明」が多かったのは事実ですが、最初から記入(注文の時に入力した住所の英語表記)に問題があったか、最悪の場合、注文した人が何かの嘘をついている可能性もありました。当時、オークションなどでDVDが人気でしたから・・・



DVD EXPRESSの件、いつだったかな・・2000年代初頭だと思います。


何も変わってませんね。変わろうとしないから、当たり前か・・・









 書籍関連のお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」が20万部、第二弾「韓国人による沈韓論」が10万部を超え、それからも順調に重刷を繰り返しております。

年内には3冊目の紹介も出来るかもしれません。さすがに発売は来年になると思いますが。




ブログ関連
のお知らせ

IPが登録されていない携帯(スマホなどはIPがあります)からのコメント投稿が出来ません。ご理解願います。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。





 本ブログ内の別空間へのリンク

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。



議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。






AD
いいね!した人  |  コメント(93)
NEW !
テーマ:


光州(グァンジュ)広域市所属「2015年夏季ユニバシアード大会誘致委員会」が、国際大学スポーツ連盟の関係者たちに賄賂を配ったようです。

KBSが取材した、関係者たちに配った「広報記念品」の一部と推定価格です。

純金メダル:6,169,000ウォン/エルメスのバッグとスカーフ:2,487,830ウォン/クリスチャンディオールブリーフケース:2,124,563ウォン/プラダ女性バッグ:1,900,076ウォン/ビデオカメラ:880,000ウォン/スマホ:700,000ウォン/現金(ブラジルに2万ドル、ウルグアイに5千ドルなど)・・・記録無し約19億ウォン。

当時、光州市長だったP氏は誘致活動費について問う記者に対し、「記者がそのようなことを聞いてはいけない」と話したとか。


KBSはこう〆ています。

・「国際大会誘致のための金品ロビーは常識である」。取材の間、光州市とU大会関係者から頻繁に耳にした言葉だ。

・誘致競争も公正な評価に基づいてしなければならないことが常識であろう。

他の国際大会誘致にも「黒い金」が無かったのか、また、国際スポーツ大会の誘致が本当に市民のためのものか、単に自治団体長の一つの展示性成果(実績を自慢するためのもの)に過ぎないのかを点検しないといけない。


http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20141124095009820










 書籍関連のお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」が20万部、第二弾「韓国人による沈韓論」が10万部を超え、それからも順調に重刷を繰り返しております。

年内には3冊目の紹介も出来るかもしれません。さすがに発売は来年になると思いますが。




ブログ関連
のお知らせ

IPが登録されていない携帯(スマホなどはIPがあります)からのコメント投稿が出来ません。ご理解願います。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。





 本ブログ内の別空間へのリンク

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。



議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。






AD
いいね!した人  |  コメント(38)

[PR]気になるキーワード