シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。

NEW !
テーマ:

 

 

いつからか、韓国関連でそこそこの人気キーワードになった「뒤통수(後頭部、後ろ頭)を殴られた」。

 

 

 

もしや今回のトランプ氏の発言からも同じフレーズが出るのでは・・と思っていたら、やはりありましたので紹介します。

 

 

 

 

率直に言ってちゃんと読みたくもなかったところ、記事初頭にまとめがあったので、それを記事本文と合わせて再構成してみます。

 

 

 

 

まず、記事の題ですが、まずこれからして「アメリカだけ見つめていたのに・・'THAAD10億ドル'惨憺たる韓国外交」という、涙無しには読むことが出来ない感動大作のニオイがプンプンします。

 

 

 

・疎通のない外交の失敗である

 

パクネ将軍の件以来、なにかあると「疎通が足りなかった」ととりあえず言っておく記事が増えました

 

 

 

・中国の反対にもTHAAD配置を強行したのに、美の(10億ドル)請求で名分も失った

 

・一角では「(米は)本当に同盟国なのか」と批判も

 

 

 

いや、韓国側で「朴槿恵政権がやったことだから知らん。次期政権で決める」などの話が無かったら、米側もこう出ることは無かっただろうと思いますが・・・

 

 

 

・迫ってくる外交危機

 

・日本大使を抗議するために招致することは、普通なら「異例的なこと」であるべきなのに、もはやパターン化してしまった

 

 

あ、これは本当にそうですね。自覚はあったみたいで、ちょっと驚きです

 

 

 

・北の武力挑発に独自の解決は難航するだろう


・トランプの揺さぶりも続くだろう

 

 

独自といっても・・開城工団を閉鎖してからは、これといってできることが無かった気もしますが。

 

 

 

 

 

あと、記事ではこう書いています。

 

<お金よりも大きな問題は、THAADを扱いながら、米国と中国という「二匹のウサギ」の両方を逃したという点だと専門家たちは口をそろえた。本質的に米中間の問題であるTHAAD配置のことで、押しも引きもできないサンドイッチにされ、中国とも距離ができ、米国ともノイズが流れ出るようになったというものである>

 

 

本質的に米中の問題だと考えている時点で、「後頭部を殴られた(急に裏切られた)」という表現自体が成立しないのではないか・・な気もします。つか、これだけ頻繁に殴られて、よく保ちますね。後頭部。盾を頭に載せているのでしょうか。

 

 

 

http://v.media.daum.net/v/20170430173350516

 

 

 

 

 

 

前にも書きましたが、本ブログは「北朝鮮攻撃は無い」というスタンスを取っています。

 

ただ、それは「韓国だけで決められる問題ではない」でしょう。攻撃があるにせよ、また無いにせよ、今の韓国にそれを決められる能力(もちろん外交という能力の側面でも)はありません。韓国を取り巻く環境が、まだそれ(北朝鮮への直接攻撃)を許していないのです。

 

 

その環境とやらをうまく読み取る能力が、その国の外交力とも繋がっているのではないでしょうか。

 

 

 

韓国側のマスコミなどは、同じく「北朝鮮攻撃は無い」としながらも、いつも「それは韓国が決められる」としています。

 

どちらかというと、最近はなぜか「(騒いでいる)日本が悪い」な展開になっています。

 

本ブログは、そういう観点には反対しています。

 

 

 

 

なぜなら、今回のTHAADの件もそうですが、韓国外交は、決められるかどうかを論ずる前に、「自分で決めること」そのものを忌避しているように見えます。

 

 

「自分で決める権利」というのは、どちらかを選ぶことで、どちらかを得、そして別のどちらかを失う意味です。

 

国も、社会も、人の生も、すべて同じでしょう。

 

 

 

 

「どちらも欲しい」と信じ込んでいるだけなら、それは自分で決める権利ではありません。決めること自体を諦めているだけです。

 

不思議なものですね。あれほど「二分」を強調する国柄なのに、外交でははっきりと「線引き」が出来ないでいますから・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 「韓国人による北韓論」と「朴槿恵と亡国の民」の新聞広告が決まりました!晴れ

 

産経新聞(4月27日/半5)・朝日新聞(4月30日/半5)

 

 

 

※1章だけの特別編集版も配信されています(↓アマゾンリンク)

【電子書籍特別版】ついに逮捕! 朴槿恵の罪と罰 (扶桑社BOOKS) Kindle版

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

 

・おかげさまで、7冊目となる<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売)です。電子書籍版もご利用になれます。

 

・また、緊急出版となる8冊目朴槿恵と亡国の民>が発売されました(2017年4月27日)。電子書籍版も同時発売です。

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。最後の一ページまで、最善を尽くしてまいります。

 

 

以下、通販サイトへのリンクです。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーは7まで来ました

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

 

 

韓国側の報道によると、ホワイトハウスの国家安保補佐官と、韓国の国家安保室長が電話通話し、

 

THAADの運用について、「韓国政府が敷地・基盤施設などを提供し、THAADシステムの展開と運用維持コストは米国が負担する」という既存合意内容を再確認した、とのことです。

 

 

 

トランプ大統領がTHAAD運用費用を韓国が支払うべきだと発言したことで、一部では「すでに発表されている既存の合意内容は嘘だったのではないか」とする疑惑が提起されていました。

 

それに対しての措置だと思われます。

 

ホワイトハウスのマックマスター補佐官は、「同盟国の費用分担に関するアメリカ国民の熱い望みを念頭に置いての一般的な脈絡(コンテキスト)からきたものだ」、「トランプ大統領が、韓米同盟は最も強力な血盟であり、アジア太平洋地域では、米国の最優先順位であり、米国は韓国と100%共にするという確固たるメッセージを伝えた」と話した・・とのことです。

 

 

http://v.media.daum.net/v/20170430122211951

 

 

 

 

 

 

既存の合意内容が嘘でないなら、政権が変わっても、合意内容は守るべきでしょう。韓国も米国も。

 

 

ただ、トランプ大統領が何の考えも無しにTHAAD費用負担発言をしたとはとても思えません。

 

 

韓国の次期政権に対する警告か、それとも、次の防衛費用(駐韓米軍関連費用など)協議において韓国側の負担を増やすために「事前に手を打っておく」ためのものか。

 

 

 

ひとつ、確実なのは、ムン・ジェイン政権が防衛費用負担の増額を素直に背負うはずはないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 「韓国人による北韓論」と「朴槿恵と亡国の民」の新聞広告が決まりました!晴れ

 

産経新聞(4月27日/半5)
 

朝日新聞(4月30日/半5)

 

 

 

※1章だけの特別編集版も配信されています(↓アマゾンリンク)

【電子書籍特別版】ついに逮捕! 朴槿恵の罪と罰 (扶桑社BOOKS) Kindle版

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

 

・おかげさまで、7冊目となる<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売)です。電子書籍版もご利用になれます。

 

・また、緊急出版となる8冊目<朴槿恵と亡国の民>が発売されました(2017年4月27日)。電子書籍版も同時発売です。

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。最後の一ページまで、最善を尽くしてまいります。

 

 

以下、通販サイトへのリンクです。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーは7まで来ました

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(2)
NEW !
テーマ:

 

 

 

おかげさまで好調な「朴槿恵と亡国の民」をはじめ、いままでずーっと書いてきた韓国人の「両極端な考え方」。

 

 

それは、「二分(ウリとナム)」とも、「善悪」とも、「上下」とも繋がっている、韓国人の精神世界の根本的な問題点とも言えましょう。

 

 

 

 

それをよく表す言葉に、「全部か、無かどちらかにしろ」というのがあります。これは決まった諺などがあるわけではありませんが、様々なシーンで韓国人は同じ趣旨を口にします。

 

これはビジネスの場面でも多く、最初の契約通りにやらず、有利な条件を出して「私の言うとおりにするか、それとも全部無しにしよう」と言い張ったりします。

 

賭博体質、とでも言いましょうか?

 

 

 

 

 

 

選挙シーズンになると、決まって「福祉拡大」「働き口を増やす」などの公約が気持ちよく溢れるのですが(そしていつのまにか消える)・・

 

 

 

・・・あ、日本にもいつだったか、子ども手当とかそういうのがあったと聞きますが( ・ิω・ิ)

 

全般的にそんな感じのものです(実行されることすらないから子ども手当のほうがまだマシかも)。

 

 

 

 

 

 

韓国では、しょっちゅう「そういう」ことになっています。2MB(李明博)たんの頃からこういう風潮が強くなりましたね。

 

 

 

 

 

 

「私は庶民の味方です」を象徴する行動の一つが、在来市場(旧式の市場通り)を訪れることです。

 

別に訪れてもいいではありますが、あまりにも「展示」的になっていて、困ったものです。

 

 

 

ソース記事本文からも、<在来市場は選挙シーズンに候補たちが必ず立ち寄るコースだ。人々が集まるから民心を垣間見ることができ、少しでも庶民的で大衆に映ることができる所だからだ>、とのことでして。

 

そんな雰囲気の中、市場の人たちが「候補のイメージ戦略に利用されること」を不愉快に思うのはある程度は理解できます。

 

 

ですが、記事には、市場の人たちが持つ「全部か、無か」の心理も書いてありました。

 

インタビューに応じた市場の商人たちは、次のように話したとか。

 

 

「来るなら全員来るか、そうでないなら誰も来るな」

 

「ここが好きで(※自分勝手に)来ても、来なくてもいいところなのか」

 

顔は苦笑いしていたものの、寂しさや怒りなどの感情を押さえ込んでいることが丸見えだった・・と。

 

 

 

いや、市場だから、来たければ来る(行きたければ行く)ところでいいんじゃないでしょうか。

 

彼らの「寂しさや怒り」からは、「市場を宣伝に利用した分の、何かの利益が欲しい」という心理が垣間見えた気がします。

 

そして、もっと私たちを大事にするか(全員来るか)、それともやめてしまえ(誰も来るな)、と。

 

 

 

 

その際に本当に「誰も来なくなる」と、ものすごく怒るんですよね。こういう人たちは。

 

 

 

http://v.media.daum.net/v/20170430080202004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 「韓国人による北韓論」と「朴槿恵と亡国の民」の新聞広告が決まりました!晴れ

 

産経新聞(4月27日/半5)
 

朝日新聞(4月30日/半5)

 

 

 

※1章だけの特別編集版も配信されています(↓アマゾンリンク)

【電子書籍特別版】ついに逮捕! 朴槿恵の罪と罰 (扶桑社BOOKS) Kindle版

 

 

 

 

晴れ 書籍関連のお知らせ クローバー

 

 

・おかげさまで、7冊目となる<韓国人による北韓論(ほっかんろん)>が発売中(2017年3月2日発売)です。電子書籍版もご利用になれます。

 

・また、緊急出版となる8冊目朴槿恵と亡国の民>が発売されました(2017年4月27日)。電子書籍版も同時発売です。

 

皆様には、「ありがとうございます」以外、思い当たる言葉がございません。最後の一ページまで、最善を尽くしてまいります。

 

 

以下、通販サイトへのリンクです。

 

韓国人による北韓論(AMAZON) / 韓国人による北韓論(楽天ブックス) /韓国人による北韓論(紀伊國屋書店)

 

朴槿恵と亡国の民(AMAZON) / 朴槿恵と亡国の民(楽天ブックス) / 朴槿恵と亡国の民(紀伊國屋書店)

 

 

 

 

晴れ ブログ関連のお知らせ クローバー

 

 

うさぎ IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

ひまわりただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

もみじ 他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

かに座 なんでもご自由にどうぞ~ 雑談エントリーは7まで来ました

 

カレー 議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(47)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。