シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。
ここは「日本の韓国統治に関する細密な報告書」という本の日本語訳を載せています。
左のサイドバーにある「テーマ」の「はじめに・・」をまずお読みくださいませ。

NEW !
テーマ:
東北新幹線を待っています。

三春の滝桜を見に行きます。

明日にはもう帰国ですが

Z1で更新中
いいね!した人  |  コメント(76)
PR
同じテーマ 「日本旅行記」 の記事

テーマ:


セウォル号(沈没した旅客船)が、日本で運航されていた時に比べ、増築されている点が韓国のマスコミでも指摘されるようになりました。


当時この船を運航していた日本の「マルイフェリー」が、韓国のニュース専門チャンネルYTN(聯合ニュース系列)とのインタビューで「日本で運航していた当時とは異なり、乗船定員が804人から921人に増え、重量も6586トンから6825トンに239トンが増え、客室の部分が増築されたようだ」と説明した、とのことです。


他にも京郷新聞(下のURL。内容と写真のソース)などは、


「17日YTNが公開した映像を見ると、日本で運航された時期に比べて客室部分の体積が明らかに大きい」、「船尾部分も増築されている」、「船の重心が高くなった」などを指摘しました。


http://media.daum.net/society/affair/newsview?newsid=20140417151722237





万が一にもあるかもしれない「日本のせいだ」という意見を潰すにはちょうどいいかと(日本で20年近く運行して問題無かった船が何で韓国に来た途端1年で事故るんだよ」と言ってしまえばそれまでですが)



他には、事故当時に船を操縦していたのは経験4ヶ月の20代だったとのことです。

ソースは朝鮮日報朝刊。








こんな時に言うのも何ですが、明日(土曜日)、日本に行ってくることになりました。朝早い便ですので、今日の夕方に韓国の空港へ向かいます(空港周辺で寝ます)。

帰ってきたら、報告しますね。












シンシアリーの『韓国人による恥韓論』が予約中です!

ISBN 978-4-594-07039-7


アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4594070396


ローソンネット

http://www.hmv.co.jp/product/detail/5728974


e-hon
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-594-07039-7&Sza_id=MM



7 net shopping
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106404480/subno/1




お陰様で「ヒット商品」として色んな所で紹介されているようです


(・∀・)ノ





 
お知らせ&お願い、などなど 


議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。



・ただいま、コメント欄とメッセージ(アメブロメッセージ)が殆ど管理できない状態です。怠けなブログ主で申し訳ございません。また、読者登録は遠慮いたしております


・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。


・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。


・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。




いいね!した人  |  コメント(197)

テーマ:




各国のマスコミがセウォル号(沈没した旅客船)を報道していますが、その中でもCNNなどが「動かないでください」「そのままじっとしていてください」という趣旨の案内放送を集中的に叩いています。

http://media.daum.net/issue/627/newsview?issueId=627&newsid=20140417074505092




国内でもこの件は議論されています。

聯合ニュースをまとめてみます。


・遭難信号を送った後にも乗客に「動かないでそのままいるように」と船内放送をしたことが、果たして適切な措置だったのか論議がおきている。 

・沈没する中、船内に留まることを勧告したため、乗客が迅速に脱出する機会を失ったものではないかということだ。

・海警関係者は、結局は船長の判断に左右されるという。船長が総合的に状況を判断して、乗客を船外に避難させるか、または中に留まるようにするかを決定するというものだ。

・遭難信号を送った後にも10回にわたり乗客に船内にとどまることを要求する案内放送があったのは、結局、船長が当時の状況を「乗客を急いで避難させなければならない状況」として判断していなかったという意味だ。

・専門家は「船のデッキに人を集めるのが一般的だ」と話す。

船長が一般乗客より先に脱出した点も不適切な行動だと指摘されている。船長はその職務と権限の規定により、貨物や乗客が(船に)乗り始めたときから、貨物と乗客が降りるまで船を離れてはならない。

http://media.daum.net/economic/industry/newsview?newsid=20140417135810258&RIGHT_COMM=R8




余談ですが、この案内放送と、最後に「海に飛び込んでください」など、案内放送を担当した乗務員P(女性)さんは、最後まで船に残って案内係の仕事をしましたが、遺体で発見されました。

当たり前ですが、放送の内容は彼女が決めたんじゃないでしょう。船長や航海士などが真っ先に逃げて生き残り、彼女は死んだというのもまた・・・

http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20140416205107087&RIGHT_REPLY=R11




・船の安全要員の殆どが大学生アルバイトだったという報道もあります。

・悪天候により救助作業は中断されています。



・また、「セウォル号沈没動画」などの詐欺メールが指摘されています。この携帯メールをクリックすると携帯の個人情報が盗まれる仕組みだとか・・・

・他にも、政府は、確認されていない情報がSNS(ソーシャルネットワーク)で拡散されており、確証のない情報を広げないように注意を呼びかけました。








シンシアリーの『韓国人による恥韓論』が予約中です!

ISBN 978-4-594-07039-7


アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4594070396


ローソンネット

http://www.hmv.co.jp/product/detail/5728974


e-hon
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-594-07039-7&Sza_id=MM



7 net shopping
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106404480/subno/1




お陰様で「ヒット商品」として色んな所で紹介されているようです


(・∀・)ノ





 
お知らせ&お願い、などなど 


議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。



・ただいま、コメント欄とメッセージ(アメブロメッセージ)が殆ど管理できない状態です。怠けなブログ主で申し訳ございません。また、読者登録は遠慮いたしております


・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。


・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。


・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


・最新エントリーとの二重投稿で構わないので、竹島関連で残しておきたいもの、資料、力を入れた意見などは国際裁判エントリーへどうぞ。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。
いいね!した人  |  コメント(167)

[PR]気になるキーワード