シンシアリーのブログ

ようこそいらっしゃいました。
ここは「日本の韓国統治に関する細密な報告書」という本の日本語訳を載せています。
左のサイドバーにある「テーマ」の「はじめに・・」をまずお読みくださいませ。

NEW !
テーマ:

MBCの報道からまとめます。

取材チームが実際に(外国人観光っ客のふりをしたりして)体験した事例だけのようです。


・中国人のふりをしてタクシーに乗ってみた→普通なら5万ウォンで行ける距離が15万ウォンだった(メーター機器を操作しておいた)

・銭湯を訪れた日本人観光客に→マッサージ必須(マッサージと一緒に利用しないといけない)だとしながら8万ウォンをもらう→本当はマッサージ無しでの利用も可能で7千ウォンだった

・4万9千ウォンのジャケットが中国人観光客には16万5千ウォンだった

・他の製品も3万ウォン以上高い


・オーストリア人観光客(インタビュー)「元の価格を知らないから・・価格交渉のしようがない」



・慢性的なこのバガジ(ボッタクリ)商売を何とかするために「観光警察」を編成したが、今年まだ一件も摘発実績が無い


http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20141122201805259




観光警察サボルーナ、次回をお楽しみに・・・




「安心できる」

私が日本ばかり訪れる最大の理由です。1万円級のホテルから屋台まで、何もかも安心できます。大きな量販店から、通りの小さな店まで。

その次が「日本語が話せる」かな。









 書籍関連のお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」が20万部、第二弾「韓国人による沈韓論」が10万部を超え、それからも順調に重刷を繰り返しております。

年内には3冊目の紹介も出来るかもしれません。さすがに発売は来年になると思いますが。




ブログ関連
のお知らせ

IPが登録されていない携帯(スマホなどはIPがあります)からのコメント投稿が出来ません。ご理解願います。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。





 本ブログ内の別空間へのリンク

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。



議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。





AD
いいね!した人  |  コメント(79)

テーマ:



自分で作ったポストではありませんが、日本関連のいくつかのホワイトハウスへの請願に投票(同意)したことがあります。


ホワイトハウスから返事が届いたので、紹介します。


「それは大変だ今すぐ空母出動だ」という返事など最初から期待もしていませんでしたが、やはり返ってきたのは極めてマニュアル的なものでした。



実際、「下院の決議案廃止すべき」などの請願に対して、何か大きな動きを期待するのは間違いかもしれません。



ただ、これらの返事には肯定的側面もあります。

約束通り、ちゃんと返事がもらえたこと。すなわち、これも上部への報告と許可あってこそのものでしょうし、その手続で「こういう声が高まっている」というイメージを伝えることは出来たであろう、という側面です。




<慰安婦決議案の破棄について>


The trafficking of women for sexual purposes during World War II was an egregious violation of human rights.  As President Obama has said, "it is in the interest of both Japan and the Korean people to look forward as well as backwards and to find ways in which the heartache and the pain of the past can be resolved, because…the interests today of the Korean and Japanese people so clearly converge." We encourage Japan to continue to address this issue in a manner that promotes healing and facilitates better relations with neighboring states. We also emphasize the importance of treating surviving women with dignity and respect.


・第二次世界大戦中に性的な目的での女性の人身売買は、悪質な人権犯罪

・オバマ大統領が言ったように、「それは日本と韓国の人たちが過去だけでなく未来も見つめるべきであり、そうすることで過去の痛みを解消することができる方法を見つける・・以下略

・私たちはこの問題に対処するためにこれからも日本を奨励し、生き残った人たちの尊厳と敬意と治療の重要性を忘れません





<グレンデール市のこと>

 In general, local governments, not the federal government, have jurisdiction over issues such as street names or the placement of memorials in local parks. We refer you to local officials in the state of California  for more information.

・そういう権限は(連邦政府ではなく)ローカル政府(該当自治体)にありますので・・




<ニューヨーク、ニュージャージーのストリートネーム(慰安婦通り)のこと>


 In general, local governments, not the federal government, have jurisdiction over issues such as street names or the placement of memorials in local parks. We refer you to local officials in the states of New Jersey and New York for more information.


・上のと同じ内容です。




<竹島問題について>


 The U.S. government's policy for decades has been not to take a position regarding sovereignty over the Liancourt Rocks. This is a long-standing dispute, that Korea and Japan have handled with restraint in the past.  We expect that they will continue to do so. We would welcome any outcome agreed to by both Korea and Japan.


・長い間日本と韓国はこの問題で争ってきました。アメリカは基本的に立場を表明しないことにしています

・これからも両国が解決に向かうことを願います。両国の合意した案なら、どんなものだろうとアメリカは受け入れます。











 書籍関連のお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」が20万部、第二弾「韓国人による沈韓論」が10万部を超え、それからも順調に重刷を繰り返しております。

年内には3冊目の紹介も出来るかもしれません。さすがに発売は来年になると思いますが。




ブログ関連
のお知らせ

IPが登録されていない携帯(スマホなどはIPがあります)からのコメント投稿が出来ません。ご理解願います。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。





 本ブログ内の別空間へのリンク

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。



議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。








AD
いいね!した人  |  コメント(60)

テーマ:




2MB(李明博)政権の時は「韓国の対外イメージ」に命をかける時代でもありました。政府も民間も、国際イベントや韓流など「国家ブランド」とやらに物凄く気を使いました。

その一つが「外信(外国マスコミ)」を誘致することでした。

記事によると、

「米国の有力日刊紙ワシントンポスト(WP)が、李明博政権時代にアジア総局を東京からソウルに移した。 「上がる韓国、下がる日本」を象徴した事件で、米ワシントンでも話題になった」ということでして・・


WPのアジア総局がどこにあるのか知っている人間の数ってそう多くなはいと思いますが・・



しかも、

「そのWPが7月にこっそりと東京にアジア総局を再移転した」と(爆


「フランスで最も古い有力紙フィガロはソウル特派員を中国の上海に移動させた。LAタイムズは、それより先にソウル特派員を本社に戻した。東京や上海、LAで韓国のニュースを扱っても十分であると判断したのだ。

大手外信の脱・韓国はこれだけではない。米国経済ニュース専門放送CNBC、フランス公営RFI(ラジオ·フランス·インターナショナル)、ドイツの対外貿易情報誌GTAIなども今年、ソウル支局、特派員を撤収させた」

http://media.daum.net/politics/others/newsview?newsid=20141122044704597




記事ではその理由として、「不通」を挙げています。

「実際に、今年の外信懇談会は企画財政部長官が行った二回しかなく、2月に就任した大統領府外信スポークスマンは、一度も説明会を開かなかった。"率直に言って、スポークスマンの名前も知らない"という外信記者も相当数になる」。


産経の件もそうですが、本当に代々マスコミと仲悪いですね。

President・Park・・・










 書籍関連のお知らせ

皆さんと扶桑社の方々の力を得て、シンシアリーの第一弾「韓国人による恥韓論(電子書籍版あり)」が20万部、第二弾「韓国人による沈韓論」が10万部を超え、それからも順調に重刷を繰り返しております。

年内には3冊目の紹介も出来るかもしれません。さすがに発売は来年になると思いますが。




ブログ関連
のお知らせ

IPが登録されていない携帯(スマホなどはIPがあります)からのコメント投稿が出来ません。ご理解願います。

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。





 本ブログ内の別空間へのリンク

・「ブログ内検索」ではブロックされるエントリーが多すぎで、「反日記」というまとめシリーズ を作りました。

・本ブログの最初の趣旨はここ に書いてあります。リンクからも行けますが、「The New Korea」の翻訳はここ からです。


雑談エントリーその5 もあります。雑談エントリーはご自由にどうぞ。



議論ルーム(01~03) が出来ました。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください。





AD
いいね!した人  |  コメント(36)

[PR]気になるキーワード