マネポトのプラナカンビーズ刺繍

シンガポールでプラナカンビーズ刺繍をしています。凡そ100年前からプラナカンビーズ刺繍に使われてきたチェコスロバキア時代のシャルロットビーズ(15,16号)やアンティークシードビーズを使い、昔ながらの手法を大切に制作しています。


テーマ:

今日は2015年の最後の日。

皆様いかがお過ごしでしょうか?


今年も多くの方に大変お世話になりまして、

誠にありがとうございました。


本来であれば、おひとりづつに御礼のメールを送るべきですが、お世話になりました皆様、そしてブログをご覧頂いている皆様にお礼をさせていただきたく、ブログ内で恐縮ですが、感謝の気持ちを述べたいと思います。


本当にありがとうございました。


今年を振り返りますと、色々な出来事があった1年だったと感じています。


長く暮らすシンガポールでは、リー・クワンユー氏が死去され、シンガポールが建国50周年を迎えるなど国として大きな出来事がありました。


個人的にはプラナカンビーズ刺繍に特化した会社[PBS ATELIER]を立ち上げ、日本とシンガポールで教室を開催させていただき、本当に多くの方にお目にかかることができました。


そして、素晴らしいディレクターさん、クリエーターさんたちのおかげで素敵なサイトを立ち上げることができました。


PBS ATELIERを運営する前は、

一人でプラナカンビーズ刺繍をしていることが好きでした。


プラナカンビーズ刺繍をすることで

シンガポールの深くニッチな歴史を垣間見れたり

刺繍時間は自分自身と向き合えることができました。


多くの皆様とお会いしてからは、プラナカンビーズ刺繍の楽しさや美しさをお互い話す事で

共感いただけたり、皆様のご意見を聞かせていただくことで、プラナカンビーズ刺繍の広い世界観を感じることができました。


プラナカンビーズ刺繍がさらに楽しく感じることができたのも、皆様とお会いできたからの一言につきます。


来年も皆様に楽しいプラナカンビーズ刺繍をお届けできるよう、少しづつ、邁進してまいりたいと思います。


それでは、皆様、どうぞ良いお年を。


{C9A89AC6-61A7-45AD-AADD-D3B0C5F08D2E:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
おはようございます。

PBS ATELIERのWEBサイトにブログを更新いたしました。
どうぞご覧くださいませ。

{B82863E6-2A1E-42CE-98B8-0FFCD5A22396:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、こんばんは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新しいWebサイトの【Topics】に
『1/16(土) The Intan(プラナカン邸宅型博物館)見学会』を更新いたしました。

www.pbsatelier.com

見学会の内容、お申し込みは上記サイト、または下記メールまでお願いいたします。

admin@pbsatelier.com
①代表者氏名
②人数
③連絡先


みなさまからのご参加をお待ちしております。

{EACBADED-A23F-4E05-AB35-3EF533FEC963:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

プラナカンビーズ刺繍の素晴らしさをお伝えしたくて始めたブログ。

本当にたくさんの方々との出会いや交流をさせていただくきっかけとなりました。

この度、プラナカンビーズ刺繍に特化したWebサイトを立ち上げる運びとなりました。

ブログや教室案内は今後新しいWebサイト内で更新してまいります。(このアメブロは当面残ります)

www.pbsatelier.com

プラナカンビーズ刺繍を見て心休まるようなサイト作りをしてまいりたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。


PBS ATELIER

{C624BBA6-CDD5-4B53-A550-75BFCED8FAB3:01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プラナカンビーズ刺繍に使われるワンカットビーズのきらめきから、吸い込まれるような力を感じます。

冷たいガラス素材、
ギリギリまで切られた
深いワンカット面、
調合された奥深い色彩。

何世紀も続く伝統技術の証、ヨーロッパの歴史と人たちから生み出された伝統技。

形にして、または形にしてもらって、息を吹き込ませたい、と思います。

{17321A00-D4D4-41EF-A191-0E16D874D7D3:01}

先日、ヨーロッパから一足早い
クリスマスプレゼントが。

{CBB088E2-A7D1-45DA-BD3C-CF1248E45F92:01}

ヨーロッパで開催される、昔から気になっていた美術品コレクターの特別展示展の招待状でした。

クリスマスツリーの飾りには、小さなグラスが。

この特別展にはパリのコレクターさんらが参加するので、先日のニュースを聞いて気が気じゃなくなりました。

行きたいな…。
行けるかなぁ。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は週末の教室でした。

ご参加いただきました皆様、楽しいプラナカンビーズ刺繍のひと時を誠にありがとうございました。

今日は少し特別な日でもありました。

それは…

シンガポールのプラナカンビーズ刺繍教室としてお借りしているTian Fu Tea Roomの教室会場が2ヶ月間の改装を経て、2倍の広さになり、とても明るくなりました。

{E0FC6561-CCC9-4AB3-B024-AE881419D934:01}

以前は茶色を基調とした個室でしたが、今回は白とクリーム基調。しかもビームのある照明と大きなLED照明で、細かい作業にはこの明るさ、本当に助かります。イスとテーブルの高さもバッチリで、テーブルはプラナカン・ダイニング=トッパンジャンスタイルというのも本当に嬉しいです。

そして、今回ご参加頂いたご経験者様たちはいつもお見かけするお顔の方々。

多くの作品を手がけられ、完成された額装やシューズを持ってきて下さいました。
とっても美しい仕上がり…ホレボレしてしまいました。

毎回お会いさせて頂いてるような気すらするのですが、久しぶりのプラナカンビーズ刺繍のお話や、幅広いシンガポールのお話など話はつきませんでした。(もちろん刺繍の手もサクサク動いていらっしゃいます)

{084A120E-21F1-4040-A40E-73FF4517EC07:01}

新しくご参加された方も、とても丁寧で、初心者様とは思えない綺麗な刺繍を作られていました。シンガポールプラナカン博物館のビーズ刺繍細工をご覧になって、ぜひ始めたいという事でのお申し込みで、とても嬉しく思いました。
博物館のビーズ刺繍細工と同じヨーロッパ産のビーズを使い、きっと美しいプラナカンビーズ刺繍を作ってくださる事と思います。

皆様の刺繍経過を拝見させていただきますのをとても楽しみにしています。

教室会場の話に戻りますが、改装後の会場には中国本土の若手アーティストたちの絵画がたくさん展示されていました。こちらは販売用で気に入っていただければその場で買い求めいただけるものです。
(画家経歴やお値段も記載されています。)

数年前から投資目的で購入する方が増えたからか、シンガポールのレストランではこのような展示が増えたように思います。

{1A4A3325-C885-4D79-8F2D-C2E062AD0218:01}

もともとティーサロンですので、茶器やディスプレー用品もこだわりの物が多かったのですが、昨年くらいからシンガポールでブームになっているボヘミアングラスもセンス良く飾られています。

こういうスペースを芸術品のショールームとして兼ねてしまうところが、何ともシンガポールらしいなぁとつくづく思いました。

{829B3F27-A04E-4BD5-8A03-90A1067AAAD8:01}







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週末はシンガポール教室です。

ご参加される皆様にお会いするのを楽しみにしながら、最終準備をしています。

11月の教室は皆様が大きな刺繍に取り組まれますので、私自身もワクワクしています。

不在中に経過のお写真や完成写真を送ってくださった皆様も、ありがとうございました。

これからお一人づつ、ご連絡をさせて頂きます。


{31DBBCA3-D8B7-4B3E-A38B-365CCED1101B:01}

{30D1526A-0E14-4895-8925-B5896BE79110:01}

{3D94E0EF-C821-4FF1-8679-50908B216AE1:01}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11/8(日)に東京・お台場のホテルグランパシフィックLE DAIBAで開催させて頂いたプラナカンビーズ刺繍教室が無事に終了しました。

午前の部、午後の部、そして丸一日とご参加いただきました皆様、楽しい時間をありがとうございました。

新しく習われる方、シンガポール教室にも参加頂いた方、いつもお見かけするお顔の皆様方も。

プラナカン文化やプラナカンビーズ刺繍に関すること、皆様のご質問やプラナカンビーズ刺繍へ想いなど…お話はつきませんでした。

午前・午後とも時間オーバーになってしまいましたが、時間が短すぎると感じるほど、この1日は早く過ぎ去って行きました。

ご参加いただきました皆様には、プラナカンビーズ刺繍の技法やプラナカン文化に関して充実した日を過ごせたとご実感いただけたら、私もとても嬉しく思います。

次回の教室までの5ヶ月間、刺繍課題を楽しく進めていただき、来年の春に経過を拝見させて頂きますのを楽しみにしています。

今回の日本滞在は、プラナカンビーズ刺繍教室とプラナカンビーズ刺繍に関するものでしたが、たくさんの方とお目にかかる事ができ、想像以上に充実した滞在となりました。

プラナカン文化、プラナカンビーズ刺繍、プラナカンビーズシューズを初めて聞く・見るという方々にお伝えする事や、様々な分野の皆様からのご意見はとても刺激となり、いつも見ているものの見方が変わるような思いすらありました。

次年度からは新しい世界観を出した遊びココロのあるプラナカンビーズ刺繍のこと、プラナカンビーズ刺繍の幅の広さをもっと実感いただけるようご提供できたらと思います。

それでは、日本の皆様、来年の春にお目にかかれる事を楽しみにしております。

{A9B499A3-F9CD-4892-B038-2D9AB7D0A7A7:01}

*今回もバタバタで教室のお写真が一枚も撮れておりませんでした。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。