2007-09-05 00:05:51

社会保障選択制度の提案

テーマ:生活の中

またもや発覚、年金着服・不正受給。しかも金額が3億を超えております。3億超え…

漢字表記をやめて数字で表記すると…300,000,000円オーバーです。ワケも解らず

ゼロを書き加えていった子供銀行小切手状態の金額です。もう!以下一部抜粋。


*************************************************************************

社会保険庁は3日、社保庁職員と市町村職員による年金保険料の着服や不正受給が

計99件あり、総額3億4274万円に上ると発表した。また、公的記録が一切ないのに、

加入者保管の領収書などで年金記録が新たに180件訂正されたことも公表。こうした

「消えた年金記録」の背景に、保険料の着服などがあると指摘されているが、同庁は

「関連性は分からない」と述べるにとどまった。
*************************************************************************


「関連性は分からない」と言い張る社会保険庁のほうが解りません。奇奇怪怪です。


そもそも社会保障のうち医療保険・年金保険・労災保険・雇用保険・介護保険、この5つ

は社会保険とよばれ強制加入させられるものでございます。強制ということは基本的に

ノー!とはいえないということ。それならばせめて選択の自由を与えてはもらえまいか?

払わないとは言いません。払うから、払う側に選ばせろ、といっているのでございます。

全部が全部グレーゾーン満載のこの保険制度。どう考えても納得がいかないのです。


年金に関しては残念ながら給付されるとは思っておりません。恐らく給付の歳が近づけば

「延期」を一方的に言い渡され、その延期期間が明けたところで「減額」されるのは火を見る

よりも明らか。掛け金全てを回収する前に死んじゃいます。ここはギャンブルに出て障害

保障だけを残し掛け金を下げたいところでございます。


さらに医療保険。健康保険はいってますけど、志無巻幸いなことに体が丈夫。滅多に病院

のお世話になることはございません。久しぶり発熱し罹りつけの病院に行ったとろ「2年前に

きたいらいですね」と言われる始末。一定金額以下は自腹きりますから、掛け金を下げては

もらえまいか?


逆に雇用保険はもうちょっと払ってもいいのでもしもの時の保障をUP!労災は…現状維持。

介護保険料は今のところ支払っておりませんが、それも時間の問題。そろそろ加入年齢の

引き下げにかかってくることでしょう。というか加入年齢が見えてまいりました。介護…現状

老後がとてもシンパイですので胡散臭くない範囲で加入しましょうか。


自分で選べるとはいえそこは公的制度。基本の掛け金は一律ではなく年収ベースで算出し

あとをオプションでつけていけるようにすれば良いのではないかと思うのです。一律ならば

民間の保険会社のほうが親切ですし、横領など金銭がらみの不祥事が起こった場合には

ある程度の責任はとることでしょう。国だからできること、国がやらねばならないこと。現在

の各システムでは「貧乏人は死ね」といわれているような気がしてならないのでございます。


思いのほか長くなったので来週につづく→



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

simumakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■社保庁の肩を持つわけではないですが…

健康保険未加入の人は、たいてい何かの怪我か病気をしたら、心を入れ替えて健康保険に入るそうです(苦笑)。
体が丈夫なのはいいことですが、うっかり交通事故に遭ったりとかもありますので、やはり不慮の事態に備えることは必要でしょう。
ちなみに雇用保険ですが、いつの間にか給付条件が厳しくなっています。前の会社に「1年以上」勤めてないと失業給付は降りなくなりました。いつそやのホワイトカラーエグゼンプション(法案提出は見送られたが)といい、ここのところ労働者を取り巻く環境に不穏なものを感じるのは私だけでしょうか。

2 ■> きりっと。 さま

一部地域だとか特定の部署だとかではなく日本中に蔓延している年金横領。ほじくればいくらでも出てきそうな勢いです。この状態を見る限り年金を取り扱う=現金を取り扱う部門おいて「年金関係はチェックしないor甘い」という暗黙のルールが全国的にあったのでございましょう。ナメとんか!コラ!でございます。

これでは日本は「かつて美しかった国」でございます。恥の文化はどこへ行った???国会議員の皆様で探しにいってもらいたいものでございます。もちろん自腹で!

1 ■残念な世の中でございます・・。

ひゅ~~。。
さて、と。この世の中、いい加減、何をしてももみ消し勝ちと言う事が残念ながら読めてきた今日この頃。それを、正直に、一円也とも日の元に曝してすみませんと言った者が首はね対象でございます・・。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。