1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-03-28 00:56:32

人妻の正体

テーマ:生活の中

迷惑メールのチェックをしていた時のこと。明らかにエロ・マルチと思われるメールに

混ざり「カナさんからメッセージが届いています。」というタイトルが踊っておりました。

差出人アドレスもさして怪しくはなかったので開いてみたところ…

**************************************************
前はOLやってました。現在は人妻って奴です。
35歳になりまちた。☆
OLの時は、よく男性に声をかけられ食事や気が合った人なんかは
SEXとかしてたんだけど、人の妻になっちゃうと・・・
すご~い退屈!!
こんな刺激のない生活がホントやだぁ~!!
誰か~こんな私にホットな刺激をちょうだいぃ~!!!
http://ataone.sakura.ne.jp/ninfo/
*****************************************************


よくあるエロメールなのですが、よーくみてみるとこの短い文面にツッコミどころ
満載でございます。


●人妻って奴です●
   秋葉原の香りを感じたのは志無巻だけでございましょうか。


●35歳になりまちた●
   35歳で「なりまちた」はありえません。文面を統一する気が
   あるのなら前文は「人妻ってヤチュでしゅ」でございます。


●人の妻●
   人妻ですから「人の妻」ですが、発想が男。嫁ならしっくりきましたのに。


●ホットな刺激●
   ことここに至っては昭和の香りがいたします。


●刺激のない生活がホントやだぁ~!!●
   35歳でこの口調だとコレまでの人生、これからの人生どちらも思いやられます。


人妻=退屈という図式、急に語尾を伸ばす、すぐヤレそう、など男の妄想完全満開。

40代アキバ系、小太りの男がセコセコとメールを打っている姿が眼に浮かび物悲しい

気分になったのでありました。春なのに。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007-03-26 00:15:30

ランチ・チーム編成

テーマ:仕事探し

正午のオフィス。ほとんどの人が昼食を求めオフィス周辺を徘徊するゾンビタイム。
急がなければランチ難民になることもあるだけに皆様必死でございます。持参の
お弁当で独りランチの志無巻は外の喧騒などどこ吹く風、余裕綽々でございます。


あまりに余裕でランチに行く人々を観察しておりますと、どうもいつも同じような面子
でグループをつくり出かけているということが解ってまいりました。同じ年代でチーム
が組まれていることが多いのですが、どうやらチーム編成のルールはそれだけでは
なさそうです。同じ年代でも数チームある…一定年齢を超えると年齢という要素は
さほど重要視されていない…ん?これは?


どうやらチーム編成のルールは出世の速度のようなのです。出世街道まっしぐら
チームは主任も課長もありません。新進気鋭チームとして部署をまたいでも一緒に
ランチに出かけております。出世などどこ吹く風俺たち趣味のフットサルの方が大事
だもーんチームも部署をまたぎ共に外出。当然、部長クラスになりますと年齢もまち
まち。チョイワル部長チーム、温厚部長チーム、ゴマすり部長チームとそれぞれ
同じような特性の人たちで一緒に出かけてゆくではありませんか。他にもナンパ系
自称イケメン・チームや、丼ドンと来い!女どすこいチームなど。類は友を呼ぶとは
申しますが、そうまで同じ種類で固まらなくてもよかろうに。


気が合うのだといってしまえばそれまでですが、逆を返せばどのチームに編入される
かで向こう何年間かの会社員人生がきまるということ。出世したいなら出世チームに
入るというのは有効だということか。


当時の志無巻、稀に外食をする際には必ず「デキる部長チーム」に紛れ込み
高級ランチをいただいておりました。同じ種類と一緒にいても新しい発見など
ございません。そもそも同じ種類の独りベンチャーがオフィスにいないという
ハナシもありますが…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-19 00:21:25

正社員に必要なもの

テーマ:仕事探し

正社員、契約社員、アルバイト、パート、派遣など様々な雇用形態がある中で本日

とりあげるのは「正社員」という働き方でございます。ホワイトカラーエグゼンプション
で残業代が無くなる危機に瀕してはいるものの、期間も限られてはおらず、昇給・賞与
退職金などの賃金面だけでなく、有給休暇以外の休暇が認められるなど、優遇要素
満載の正社員。魅惑的ではあるのですが、その分リスキーな側面もはらんでおります。


期間が決まっていないということは向こう何十年もそこの会社で働くということを暗に
意味します。そうなると言いたいことも言えないこともありましょう。理不尽だと思っても
イエスというしか無い時もございましょう。悪くなくても謝らなくてはならない時もござい
ます。また上司や部下・同僚がどうしてもイヤだということも。こういったことが重なり心を
蝕まれ出社できなくなってしまうケースもあるでしょう。


実際小麦粉嬢が現役バリバリで働いていたときに、上司は尻尾を巻いて退社、部下
は部屋から出られなくなるまで精神的に追い詰められ退社。オリコの働くオタクの園の
背後の席の正社員男子は心療内科に通っており、志無巻の左隣デスクの主は精神を
病み月に一度、会社の近所にくるものの中には入れないそうでございます。もうヒトゴト
だとは思えない距離感でございます。


元・上司と酒を酌み交わしながら、つらつらとそんなことを思い「正社員もリスキーだわ」
とアンニュイにつぶやいた志無巻。ちなみにこの元・上司、社労士でファイナンシャル
プランナーで中小企業診断士の資格をもち非常に優秀なのですが、少々ヘンクツで
あったためか降格人事の波に翻弄され毎年役職が変化してていた貴重人材。


同調してくれるのかと思いきや「何でだ?正社員は法律でバッチリ守られているんだから
会社からムシれるだけムシってやればいいじゃないか。イヤなヤツへの意趣返しは辞め
ずに居残ることだ!」と。確かに。しかし、それが出来ないから心を病むのでは?どうやら
正社員に求められるのは、協調性でも仕事が出来ることでも無く「強靭な精神力」のよう。
志無巻にはムリかもしれませぬ…

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-03-12 00:26:49

迷子の迷子の…

テーマ:仕事探し

派遣で働いておりますと、派遣会社の担当営業という立場の人と接触いたします。

志無巻は多いときで月一度、少ないときですと3ヶ月に一度ぐらいしか顔をみない

のでございますが、会社によっては2週間に1度ぐらいスタッフの様子を見にきて

いるところもあるようです。


さてそんな派遣会社の担当営業。派遣会社の都合でチェンジになることがござい

ます。普通は前任者と新担当者が揃って挨拶回りをし、そのついでにスタッフにも

一声かけてゆくというのがセオリーなのですが…オタクの園で働く友人オリコの

ところは一味違ったのでございます。


オリコの元に新担当営業から「担当替わりました」と一本の電話。あぁそうですかと

放っておいたところ、1週間経っても二週間経過しても、通告の電話から1ヶ月を
超えても一向に現れない新・担当営業。別にやってきたからといって時給が上がる
わけでもなし、しかしクライアントに挨拶しなくて大丈夫なのか?と思っていたところ
一本の電話が…


「すいませーん。そちらに行こうと思うんですが、中で迷子になってしまって…
 何階のどこに行けばいいんですかね?」


ま、まいご?まいごというと舞妓や魔異語や、間囲碁ではなく「迷子」ですよね?
大の大人がクライアント先で迷子になるとは!そもそも引き継ぎはどうした?!
もしや前任者が逃亡でも?それにしてもフロアがわからないとは…この派遣会社
いったいどんな顧客情報管理をしていることやら。


他社にスタッフを派遣するより先に、自社内に顧客管理のスペシャリストを派遣
すべきではないのか?と余計な心配をしてしまったのでありました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-09 00:37:51

ドライカレーの概念

テーマ:恋愛に於ける

志無巻家におきまして「ドライカレー」といいますと、ひき肉とみじんぎりの玉ねぎ
を具材とした非液状のルーを平盛のご飯の上にのせ、トッピングにレーズンという
上乗せスタイルのカレーでございます。トッピングには他にアーモンドスライスだの
ゆで卵だの。ルーがドライだからドライカレー、トッピングもドライなのは母かじめ
の戦略か。志無巻は幼少の頃よりドライカレーと言えば、このカレーそぼろのような
ものだと思っていたのです。


キラキラゴリラ君との同棲生活も半年を迎えた頃、カレーの残りをドライカレーに
しようというハナシが持ち上がりました。微妙に残ったカレーの活用方法としては
かなりの妙案。カレーうどんよりオシャレだし。よし!ひき肉買いにいこう!

「え?ひき肉?僕ソーセージがええなぁ」


はい?ソーセージ?変わったトッピングですこと…それぞれ好みのあることですし
好きにすればいいわ、と気にも留めていなかったのですがこのヒトコトに色々なヒント
が隠されていたのでございます。


香味野菜・ひき肉・タマねぎを炒め、具材をつぶした残りカレーを投入、水分を
飛ばし、粉系スパイスで味を調整、卵をゆでているスキにサラダも用意。御所望
であったソーセージをトッピングして…はい!できあがり!同棲カップルのオシャレ
ブランチでございます。お水とスプーンを手に食卓についた志無巻を不思議なもの
をみるような目で見つめるキラキラゴリラ君。あまりの手早さに驚いたのかしら?


「これ…なに?」

え?ドライカレーでしょう?


「ちゃう!こんなんドライカレーちゃう!」

どこからどう見てもドライカレーですが…一体何を???


「ドライカレーいうんは、パラパラのカレーご飯やろ?」

それはカレーピラフとかカレー炒飯では?……そういうことか。どうやらキラキラ家に
おいてドライカレーというのはカレー味炒飯をさす言葉だったようなのでございます。

だからソーセージか!時に言葉には意外な真実が含まれているもの。思い込みや

決め付けを取り払い相手の真意を汲み取る努力が必要なのでございましょう。


とはいえドライカレーは上乗せスタイル。これは譲れません。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。